梅びしおの作り方やレシピを紹介!胃がん抑制に生活習慣病予防・脂肪燃焼効果まで

梅干しと言えばおにぎりやお弁当など、日本人にとってとても身近な食べ物。

梅干しは殺菌効果が高い食品として有名ですが、近年「胃がん抑制」「心筋梗塞・脳梗塞の原因とされる生活習慣病予防」「脂肪燃焼効果」など、様々な嬉しい効果があることが分かってきました。

そんな日本を代表するスーパーフード・梅干しを使った注目の万能調味料、「梅びしお」をご存知ですか?

梅びしおなら色々な料理にアレンジ可能、毎日飽きることなく梅干しを摂取することができるんですよ。

梅干しの意外な効果効能や、飽きずに梅干しを摂取できる話題の万能調味料「梅びしお」の作り方やアレンジレシピを紹介します。

番茶梅干し医者いらずは本当?語り継がれる梅干しの歴史

梅干しは「番茶梅干し医者いらず」「梅はその日の難逃れ」などと昔から言われており、家庭の常備薬として愛されてきた食品。

奈良時代には生菓子として、平安時代には塩漬けにされた梅干しが薬として中国から日本に渡ってきたと、日本最古の医学書「医心方~いしんほう~」に記されています。

戦国時代に入ると、戦へ向かう武士たちの食料袋には「梅干丸~うめぼしがん~」が常に常備。

長い戦での疲労回復や、生水などを飲んだ際の殺菌作用を期待して携帯されていたそうです。

そして江戸時代になると縁起物として一般家庭にも普及、明治時代には梅干しの殺菌効果が認められて、伝染病患者に与えられるほどになったそうですよ。

巷では日々新しい健康法や食材が紹介されていますが、日本を代表する身近な食材「梅干し」にこんな歴史があるなんて驚きですよね。

スーパーフード・梅干しパワー8選!ピロリ菌も敵わぬ殺菌力に驚愕!

日本の食卓に欠かせない食品「梅干し」

様々な健康促進んじ効果的とされていますが、実際にはどんな力があるのでしょうか。

スーパーフード・梅干しの秘めたるパワーを紹介します。

1.胃がんの原因・ピロリ菌を撃退する殺菌力

梅干しの中には、胃がんと密接な関係があるとされている「ピロリ菌」の活性を阻害する物質が含まれていることが分かっています。

胃痛や胃潰瘍・胃がんを起こす原因・ピロリ菌を、梅に含まれる成分「シリンガレシノール」が抑制し、ピロリ菌が動かなくなるという研究データも。

大粒の梅干し一個につき、約10㎍/mlのシリンガレシノールが含まれているそう。

胃がん予防には一日2個ほどを目安に、梅を摂取するとピロリ菌の働きを抑制できますよ。

2.生活習慣病・心筋梗塞・脳梗塞予防に期待

梅干しには生活習慣病や心筋梗塞・脳梗塞などを予防する効果があります。

生活習慣病とは、高血圧や糖尿病・脂質異常などのこと。

小腸で糖質を吸収する酵素・α-グルコシダーゼを梅干しに含まれる成分が抑制し、血糖値の上昇を防いでくれるんです。

血糖値が気になる人は、梅干しが欠かせなくなりますね。

また、梅干しには血圧上昇の作用を持つ物質「アンギオテンシン」を抑制する力も!

梅干しを普段から食べることで血液中のアンギオテンシンの増加を抑制、血液がサラサラになるんです。

授乳中のお母さんが母乳をサラサラにするために、梅干しを食べるとよいとも言いますよね。

動脈硬化の発生を抑え、心筋梗塞や脳梗塞予防にもつながりますよ。

3.脂肪燃焼作用でダイエットにも効果的!

梅干しの中には、脂肪燃焼を期待できる「バニリン」という成分が含まれています。

実はこのバニリン、梅干しの中にしか含まれてないと言われている成分。

とくに紀州産の梅干しには、このバニリンが豊富に含まれているそうです。

和歌山県紀州地域に住む女性を対象に行われた調査では、梅干しを毎日食べている女性は食べていない女性に比べて、BMI値が低いことが分かっています。

このバニリンは、梅干しを温めることで成分量がアップすると判明しているので、煮物に入れたり暖かいお茶にいれるとより効果的ですよ。

4.食中毒予防

梅干しには食中毒の原因である「黄色ブドウ球菌」や「病原性大腸菌(O-157)」を抑制するほどの殺菌作用があります。

梅干しに含まれる「クエン酸」が、食中毒を引き起こす細菌たちに働きかけるんですよ。

お弁当に梅干しを入れておくと傷みにくくなるのは、理にかなっていますね。

梅干しを口に含めば口内の殺菌にも効果的。

口臭予防や虫歯予防にももってこいです。

5.アンチエイジングに梅干し

梅干しに含まれる成分ではないのですが、梅干しを食べて「酸っぱい!」と感じたときに出る唾液には、若返りホルモンと言われている「パロチン」が含まれています。

その若返りホルモン「パロチン」が分泌されることで、老化の原因「活性酸素」の働きを抑制。

また梅干しに含まれるクエン酸には整腸作用があり、便秘解消や腸内の悪玉菌を減らすなどデトックス効果を期待できますよ。

その結果、肌のターンオーバーが正常化されて新陳代謝がスムーズなり、健康なお肌を取り戻すことができるのです。

6.疲労回復効果

梅干しに含まれるクエン酸には、体内に蓄積された疲れの元「乳酸」を燃焼・分解、さらに乳酸そのものをエネルギーのもとになる物質に変えてくれる働きがあります。

疲れの元を抑制してくれるので、体調のすぐれない時や疲れ気味の時には積極的に摂取したいですね。

梅干しなら夏場の塩分補給にも、一役買ってくれますよ。

7.貧血予防や骨粗しょう症予防に

梅干しには多くの鉄分が含まれていて、女性に多い貧血予防に効果的です。

鉄分が多く含まれている食材は他にもたくさんありますが、ご飯のお供として食べやすい梅干しなら、毎日気軽に摂取できますね。

また梅干しに含まれるクエン酸には、吸収率の低いカルシウムを水溶性に変化させて吸収率を上げる効果も!

骨粗しょう症予防にも、梅干しは大活躍してくれますよ。

8.冷え性や二日酔い解消に

梅干しを焼いた「焼き梅」は、血流改善に効果的なムメフラールという成分が出てきます。

血行が良くなることで冷え性改善につながるので、積極的に取り入れたいですね。

また梅干しには、胃腸の粘膜を保護する役割を果たす成分の分泌を促進する効果も!

お酒を飲む前に梅干しを食べると、内臓へのダメージを緩和させ二日酔い予防になります。

【万能調味料】梅びしおの作り方とアレンジレシピ

健康促進に大活躍の梅干し。

体のためにも、積極的に普段の食事に取り入れたいですよね。

でも梅干しの食べ方って、ワンパターンになりがち・・・。

そんな梅干しに少し手間を加えるだけで、簡単に色んな料理に活用できる「梅びしお」という万能調味料があります。

冷ややっこに乗せて、サラダに混ぜて・・・と毎日の食事に大活躍!

色々な料理にアレンジ可能な「梅びしお」の作り方と、梅びしおを使ったレシピを紹介します。

梅びしおの作り方


梅びしおの作り方はいたって簡単!

市販品でよくある「練り梅」の状態に加工しますよ。

冷蔵庫の奥に眠ってしまった梅干しを活用させましょう。

材料

・梅干し20個ほど
・砂糖 大さじ3~4
・みりん 大さじ2

1.梅干しの塩抜きをする

梅干しは塩分の強い食べ物。

まずは水に漬けて塩抜きをしましょう。

水に漬ける時間は4~5時間程度でOK!

お手持ちの梅干しの塩分によって、時間の調節をしてくださいね。

少し塩味が残っている程度が目安です。

2.梅干しの水気をきり、裏ごし

適度に塩抜きした梅干しの水気をよくきり、タネを除きながら裏ごししましょう。

キッチンペーパーで水気を取ったら、目の細かいザルなどに押しつけてペースト状にしますよ。

3.鍋に入れて味付け

ホウロウ鍋やステンレス鍋など、酸に強い小鍋に裏ごしした梅干しを入れ、必要量の砂糖とみりんを加えたら、弱火で焦がさないようにじっくり練りながら火を加えます。

木べらがあると練りやすいですね。

お味噌ぐらいの状態になったら火から下ろしましょう。

4.清潔な密閉瓶で一年ほど保存可能

粗熱が取れたら、清潔な密閉瓶へ移しましょう。

瓶はジャムを作るとき同様、煮沸消毒しておくと衛生的です。

酸で変質しやすい鉄などの保存容器は避けてくださいね。

冷蔵庫で一年ほど保存可能です。

梅びしおのアレンジレシピ


梅干しに少し手間を加えた「梅びしお」は様々な料理に活躍します。

有名料理検索サイト・COOKPADで人気上位の「梅びしおを使ったアレンジレシピ」をいくつか掲載しますね。

1.きゅうりの梅びしお和え

端を切ったキュウリに塩を振り板摺(いたずり)します。

乱切りにしたキュウリをボールなどに入れ、梅びしお・塩・ごま油・醤油・胡麻を入れ混ぜたら完成。

Cpicon 練り梅のさっぱりきゅうり合え【マジ旨】 by 寿司☆板前カズン

2.大葉と梅びしおの豚肉巻き

豚ももスライス片面に梅びしおを塗ります。

梅びしおを塗った面に大葉を乗せ、端から巻いたら片栗粉をまぶして焼いたら完成。

Cpicon 大葉とねり梅の豚肉巻き by akemimime 

3.棒棒鶏を青じそドレッシングと梅びしおで

好みの作り方で棒棒鶏を作る。

青じそドレッシング大さじ2に対して、梅びしお小さじ2の割合でドレッシングに混ぜたら、棒棒鶏にかけて完成。

Cpicon 棒々鶏*青じそドレッシング+練り梅 by ちょこゆーーーこ 

どのレシピも簡単で美味しそうです。

梅干しは殺菌作用もあるので、お弁当のおかずに加えてもいいですね。

ぜひ毎日の食事に梅干しを取り入れてみてください。

梅びしお~まとめ~

  • 梅干しは昔から重宝されている日本のスーパーフード
  • 胃がん抑制、ダイエット効果など梅干しには嬉しい効果効能満載
  • 梅干しを使った万能調味料「梅びしお」で梅干し料理は無限大

日本を代表する食品「梅干し」

梅干しがこんなにたくさんの効果効能がある食べ物だったなんて驚きですよね。

生活習慣病が問題になっている昨今、毎日の食事に梅干しを取り入れて健康的に過ごしたいものです。

アンチエイジングや脂肪燃焼など、美容効果も満載の梅干し。

キレイになりたい女性も、健康を維持したい男性も、日本のスーパーフード「梅干し」を積極的に摂取しましょう。