アンパンマンは童話・十二の真珠で小太りおじさんだった!お腹からパン出す姿が衝撃【画像】

5月9日に放送される「1周回って知らない話」でアンパンマンの秘密について取り上げられます。

番組予告では誕生時「アンパンマンは小太りのおじさんだった」という話も。

実は私、おじさん時代のアンパンマンが描かれている短編童話集を持っているんですよ。

その本のタイトルは「十二の真珠」

この作品は1969年にアンパンマンの作者・やなせたかしさんが書かれたものです。

こんな昔にアンパンマンの原型があって、誕生時にはこんな姿だったなんて、この作品に出会った時はビックリしてしまいました(笑)

短編童話集・十二の真珠に出てくる小太りおじさん時代の「アンパンマン」を紹介したいと思います。

十二の真珠はやなせたかし作品の基本型

「十二の真珠」という短編童話集を聞いたことのある人は、正直少ないと思います。

しかし十二の真珠は、やなせさんの今後の作品における「基本型」となった作品ばかりがずらりと並んだ素晴らしい本なんですよ。

やなせたかしさんは代表作「アンパンマン」を始め、数々の作品を世に送り出してきた作家。

そのやなせさん自身が

「ぼくのその後の作品の基本型はすべてこの十二篇の中に含まれている。未熟であってもぼくには大切だ」
~十二の真珠・まえががきより~

このように言われているほど、その後有名になっていく作品の原点となっています。

まだ現在の姿となっていない、おじさん風の「アンパンマン」や、その後有名になっていく「チリンの鈴」も入っていますよ。

十二の真珠に描かれている「チリンの鈴」

(チリンの鈴)
作中に描かれている挿絵には、すでに今のアンパンマンに出ているキャラそっくりなものも!

現在のかばおくんっぽいカバ子さん

(アンナ・カバレリイナのはないき)

なんとなく名犬チーズっぽい雑種の犬・ジョー

(バラの花とジョー)

短編童話集なので、どれもとても読みやすいですよ。

興味のある方はぜひ読んでみてください。

アンパンマンの原型に衝撃!?小太りおじさん時代のアンパンマン

短編童話集・十二の真珠には、現在の「それいけ!アンパンマン」の原型となった「アンパンマン」という短い童話が入っています。

作中の挿絵にはアンパンマンが出てくるのですが、現在の姿とは大違い!

さっそく紹介していきますね。

空を飛んでいるアンパンマン

あれ?
なにか被り物している人が飛んでいる状態です(笑)

よたよた飛んでかっこよくない、だんごばなのアンパンマン

作中では

「全身こげ茶色で、それにひどくふとっていました。顔はまるくて、目はちいさく、はなはだんごばなで、ふくれたほっぺはピカピカ光っていました」

「たしかにマントをひろげて鳥のようにとんではいましたが、なんだかおもそうでヨタヨタしていました」

こんな風に書かれています。

颯爽と空を飛ぶ、現在のアンパンマンとは大違いです(笑)

お腹からアンパンを取り出すが、要らないと言われたアンパンマン

子供に「アンパンを上げようか」と、焼き立てのアンパンをお腹から取り出すシーン。

顔を分けてあげるのではなく、当時はお腹から焼き立てのアンパンを取り出していたなんて衝撃ですよね(笑)

しかし作中では子供に「いらないよ。ソフトクリームかキャンディーはないの?」と言われてしまうんです。

「世界マンガ主人公かいぎ」でバカにされるアンパンマン

アメリカで行われた「世界マンガ主人公かいぎ」で、マンガの品性を高めるために会議を開いていたところ、遠くに飛ぶアンパンマンをバッドマンやスーパーマンがバカにしているシーン。

「うすぎたないヤツのためにわれわれまで悪口をいわれる」なんてひどい言葉をかけられています。

最後には「ニセモノおっこちろ」と言われる始末。

現在とは似ても似つかないですね(笑)

でもやっぱりアンパンマンは子供達のヒーローだった

作中では終始かっこ悪いアンパンマンでしたが、やっぱりアンパンマン!

最後は、食べ物が無くて死にそうな子供たちにアンパンを運んであげます。

正義の味方アンパンマンは今も昔も一緒

現在よりも少し過激な表現をされていますが、やっぱりアンパンマンは正義の味方でした!

この十二の真珠に書かれているアンパンマンは、なんだかどんくさそうで頼りなさそうなんですが、現在のアンパンマンと同じ信念のもと活躍する立派なヒーローです。

おじさんアンパンマン~まとめ~

  • 短編童話集・十二の真珠に誕生当時のアンパンマンが!
  • アンパンマンの原型はかっこ悪い小太りおじさん
  • 当時はお腹から焼き立てアンパンを出していた
  • やっぱりアンパンマンはいつだってヒーロー

アンパンマンは今と昔、姿は変わってもやっぱり素敵なヒーローでした。

ちょっとカッコ悪いのも愛嬌ってやつですね(笑)

「1周回って知らない話」では、アンパンマンがどのように紹介されるのか楽しみです。

短編童話集・十二の真珠は、図書館などでも見かけたことがありますよ。

  • 絵に興味のある人
  • 作品に興味のある人

やなせさんの原点のような作品がたくさん入っているので、見てみたい方はぜひ読んでみてくださいね。