ホンダモンキー125CCのスペックは?発売日や予約状況が気になる!


画像出典:http://www.honda.co.jp/

ホンダの人気バイク・モンキーが、125CCになって復活することが発表されました!

2017年8月に惜しまれつつも生産終了となったホンダの50CCバイク・モンキー。

コンパクトで愛らしいフォルムで人気のモンキーでしたが、125CCのモンキーはどのようなスペックとなって復活を遂げるのでしょうか?

私はモンキーの特徴「折り畳みハンドル」がどうなっているのか、非常に気になります・・・(笑)

販売日や予約状況、価格なども合わせて紹介しますね。

ホンダ・モンキー125CCのスペックを大調査!

ホンダ・モンキー125CCのスペックやデザインを調べてみました!

シルエットは台形を採用


画像出典:http://www.honda.co.jp/

気になるシルエットは従来の50CC・モンキーさながら「台形シルエット」を採用。

125CCということもあり少し大きめになることは否めませんが、コンパクトで愛らしいフォルムは健在です。

気になるカラーは「パールネビュラレッド」と「バナナイエロー」の二色を展開。


画像出典:http://www.honda.co.jp/

タンクはホワイトと主体色のツートンですよ。

前後が短く上下にボリュームのある形は、モンキー好きにはたまらないデザインではないでしょうか。

グロム125がベースとなっているような感じを彷彿させます。

フェンダーやマフラーカバーはクロム仕上げ


画像出典:http://www.honda.co.jp/

前後のフェンダーやマフラーカバーはスチール製。

光沢のあるクロム仕上げとなっていますよ。

この輝きが良いんですよね、磨けば磨くほど愛着が湧くという・・・。

鏡面度高く磨き上げられたバイクを街中で見かけると「愛されてるんだな、あいつは・・・」と勝手に思ってしまいます(笑)

エンジンは空冷・4ストローク、4速マニュアルミッション


画像出典:http://www.honda.co.jp/

気になるエンジンは空冷・4ストローク・OHC単気筒に4速マニュアルトランスミッションという組み合わせ。

単気筒ならではの出力特性に期待ですね!

街乗りで活躍する回転域には強く、ストレスフリーな加速を体感することができそうです。

電子制御による燃料噴射装置が装備されていて、大気の状態やエンジンの回転数などから理想的な燃料の使い方をコントロールしてくれるそうですよ。

モンキーらしい12インチの足回りがgood!


画像出典:http://www.honda.co.jp/

モンキーの愛らしさの特徴「極太タイヤ」は健在!

12インチの極太タイヤで、ブロックパターンタイプが装着されています。

小さいのにグイグイ走りそうな感じは、125CCになっても変わりません。

ツインリアショックで街乗りもツーリングもOK


画像出典:http://www.honda.co.jp/

スチール製のモノバックフレームをベースに、倒立式のフロントフォークと安定した走行を確保してくれるツインリアショックを採用。

街乗りはもちろんのこと、ちょっとしたツーリングも難なくこなせそうな仕上がりです。

バランスのいい走りが楽しめそうですね!

フロントのみ作動するABSを装備


画像出典:http://www.honda.co.jp/

ブレーキはフロントには2ポッドキャリアパー、リアにはシングルポッドキャリアパーを組み合わせたディスクブレーキが採用されています。

フロントのみABS(アンチロックブレーキシステム)装備で、安心のブレーキシステムですよ。

ブレーキの話をしていたら、若いころに子供が飛び出してきて急ブレーキを踏み、ロックがかかってバイクごと回転しながら派手にこけた経験を思い出しました(笑)

あまりスピードは出さずに、安全運転を心掛けなければいけませんね(笑)

折り畳みハンドルは・・・×

やっぱね、そりゃそうですよね。

私の気になっていた「折り畳みハンドル」はございませんでした(笑)

レジャーバイク・モンキーとしては、車載出来るように折り畳みができるとなお嬉しかったのですが、さすがに125CCで車に積む人は居ないですよね。

折り畳みハンドルがいい方は、従来の50CCを手に入れましょう(笑)

ホンダ・モンキー125CCの発売日は7月12日・先行注文は開始!


画像出典:http://www.honda.co.jp/

ホンダ・モンキー125CCの発売日は、2018年7月12日(木)

発表されている販売計画台数は「国内・年間3200台」で、価格は39万9600円から43万2000円となっています。

ABS標準装備のありなしで価格が変わっていますよ。

「少し高いかなぁ~」という気もするのですが、グロム125の価格が35万ちょい。

グロムをベースとするなら妥当な価格と言えますね。

そして気になる予約状況なのですが、販売店によりまちまちで明確な日時は分かりません。

しかし、先行注文として2018年1月から「パールネビュラレッド」と「バナナイエロー」は予約可能!

近くのレッドバロンに直接聞いたのですが、予約は続出しているそうです。

絶対に手に入れたい方は、早めの予約が必須ですね!

モンキー125CC~まとめ~

モンキー愛好家を泣かせたモンキー50CC生産終了の知らせからはや八ヶ月・・・。

モンキーが125CCで復活のニュースは、かなり嬉しい情報ですね。

私はスズキのバンバンが初めて購入したバイクなのですが、やはりモンキー同様もっこりとしたシートは魅力的ですよね。

芋虫のようなモコモコした感じが、何とも愛らしくて大好きです。

気になっていた折り畳みハンドルは採用されていませんでしたが、125CCならちょっとした遠出も問題なくできるでしょう。

街中でモンキーの走る姿を見かける日が、待ち遠しいです。