ウルトラマラソンにオススメのシューズ特集|完走の秘訣はシューズ選び

ウルトラマラソンシューズ

100kmなどのウルトラマラソン完走の為に、大事になってくるのがシューズです。

特に初挑戦の方は、シューズのクッション性の高さが完走を左右すると言っても過言ではありません。

こちらのページではウルトラマラソン完走を目指すランナーの為のオススメシューズを紹介していきます。

ウルトラマラソン完走達成の為のシューズ選びのコツ

実はウルトラマラソン専用のシューズというのは、ほぼ無いです。

個人の走力や目的のペースによって適切なシューズが変わってくるからです。

ここでは、

  • クッション性と重さについて
  • サイズについて

この2つの視点から適切なシューズ選びのコツを案内していきます。

クッション性と重さについて

ウルトラマラソンのシューズ選びのコツはクッション性がある物を選んでいく事です。

ウルトラマラソンの代表的な距離の100kmレースでは着地のダメージが後半ジリジリと効いてきます。

特に初挑戦の方は、そのダメージにより歩くのが精一杯になってしまう事も多々あります。

着地によるダメージを防ぐという意味で、ある程度のクッション性は大事なのです。

ただし、これもやはり走力によります。クッション性の高い靴は基本的に重さもそれなりにあるというのが普通です。

しっかりとした着地に耐えられる筋力と走力がある方は、クッション性の強過ぎて重い靴は着地の際に沈み込んでしまい起き上がるのに余計に筋力を使うのと、重さに疲れてしまう事からオススメできません。

要は個人の走力にあったシューズが大事というわけですね。

サイズはやや大きめがオススメ

ウルトラマラソンに限らず、フルマラソン用でも普段のジョギング用でも、タウンで履くスニーカーよりも1センチ程大きいサイズを履くのがランニングシューズ選びのコツです。

その中でもウルトラマラソンは、更に指先に余裕がある物の方がオススメです。

50kmを過ぎてくると、脚の指が浮腫んできたり、シューズと指や爪部分が当たって内出血や肉刺ができてしまう事が多々あります。

そうした事を避ける為にも、フルマラソンよりもやや大きめ、ゆとりのあるシューズを選んでいくと指先のトラブルになりづらいです。

特に普段、レーシング向けの先が細いタイプのランニングシューズを履いている方は、ウルトラマラソンを走る際のシューズ選びにはサイズに加え、ウィズ(足囲)に注意しましょう。

やや横にゆとりがあるものを購入し、前半はシューレースをキツめに縛り後半緩める等の対策をするのがオススメです。

ウルトラマラソンにオススメのシューズ9選、メーカー毎に紹介

ここでは主に、初の100kmウルトラマラソンで制限時間内にゴールする事を目的としたオススメシューズをメーカー毎に紹介していきます。

Asics

アシックスは日本人の足の形に合うシューズメーカーと言われています。そんなアシックスからは、ウルトラマラソンでオススメのシューズを2つピックアップ。

GT2000ニューヨーク

gt2000newyork

<出典:asics

アシックスのランニングシューズの中でも最も人気なのがGT2000ニューヨークシリーズです。走り始めたランナーがフルマラソンの初完走を目指す!5時間切りを目指すシューズ!として選ばれていますが、ウルトラマラソン完走目的にもオススメです。

足をしっかりとホールドしてくれ、安定性もあり、着地のショック吸収力も充分です。

更に初心者向けのゲルカヤノに比べると軽量なので、上級者の普段のjogにも使われているくらい万能的なシューズです。

男女用にそれぞれモデルがあるのと、ウィズもスリム、レギュラーからスーパーワイドと用意しています。(女性用はスリム、レギューラー、ワイド)

DSトレーナー

DSトレーナー

<出典:amazon

GT2000ニューヨークよりもレーシング向けのシューズです。

GT2000ニューヨークを履いていたランナーが1ランクレベルアップしたい!と履いているシューズです。

フルマラソンではサブ4を目指す為のシューズとして認知されています。

ニューヨークに比べ軽くてスピードも出ます。その分ショック吸収力は少なくなっていますが、脚力が付いたランナーであれば充分とも言えます。

ウルトラマラソンでは、完走を経験したランナーや自己記録を狙う中級者向けのシューズと言えます。

以前にasicsから販売していたウルトラマラソン用のシューズで『サロマレーサー』という中級者向けのシューズがありましたが、こちらのDSトレーナーと構造はかなり似た作りになっているので、サロマーレーサーファンの方にもオススメできます。

ミズノ

こちらも日本のメーカーで日本人の足にあったシューズとして人気。

ウェーブライダー

ウェーブライダー

<出典:mizuno

フルマラソンではサブ5向けのシューズではありますが、そのカテゴリーとしては軽くサブ4.5もサブ4も狙えるシューズです。

耐久性もあるので、サブ4ランナーの普段のジョギングでも使用されています。

ウルトラマラソンにも重さとショック吸収力のバランスが高くオススメのシューズです。

ウィズもレギューラーからスリム、スーパーワイド、(レディースはワイド)と揃っています。

また、ゴアテックス素材(防水素材)を使用したモデルもあるのが特徴です。

Adidas

ウルトラブースト

ウルトラブースト

<出典:adidas

アディダスのジャパンブーストの発売以来、注目を受けていた『ブースト素材

クッション性と反発力という相反する能力を共存させています。そんなブースト素材をフルに使用したのがウルトラブーストです。

ジャパンブーストに比べ踵もしっかりとホールドし、靴底全面に厚くブースト素材を使用しているので、より衝撃を吸収してくれる能力が高いです。

この特性はウルトラマラソンにも生きてきます。

ナイキ

ズームフライ

ズームフライ

<出典:Nike

世界記録が続出している話題の厚底シューズ『ヴェイパーフライ 4%』の廉価版とも言える立ち位置のシューズです。

従来の常識を覆す厚底でありながらスピードも出るシューズとして人気急上昇。

市民ランナーでも自己記録更新の声が多数です。

フルマラソンではサブ4~サブ3を目指すランナーに愛用されています。

ウルトラマラソンでも、厚底で衝撃吸収力も高く反発もあるので、長い距離を走っても足のダメージが少ないのでオススメできるシューズです。

特にヒールストライクよりもミッドフット、フォアフットで走るランナーに向いています。

また、ヴェイパーフライ 4%に比べ耐久性もあるので普段の練習でも履く事ができます。

ニューバランス

M1040シリーズ

M1040

<出典:New Balance

ニューバランスが特に日本人向けにこだわったシューズとして作られています。

クッション性、安定性、フィット性に優れており、ゆっくり長く走る長距離マラソンにオススメのシューズになっています。

公式にウルトラマラソン対応モデルと記載されている珍しいモデルになります。

プーマ

スピード500 イグナイトシリーズ

スピード500

<出典:Amazon

プーマのイグナイトシリーズはスピード100、300、500、600とそれぞれシーンやランナーの走力によってカテゴリ分けされています。

数字が小さいほど、速くレースタイプで600になるとトレーニングタイプのクッション性が高いシューズになります。

このスピード500イグナイトは、ライトトレーニングと位置付けられフルマラソンレースではサブ4を狙うシューズです。

ウルトラマラソンにもクッション性と反発性のバランスが良いシューズと言えるでしょう。

On(オン)

元トライアスロンの選手が立ち上げたスイスのブランドです。選手自身が現役時代にケガに悩まされた経験から開発されたのがOnのランニングシューズの始まりです。

クラウドフライヤー

クラウドフライヤー

<出典:On

 

Onの他のモデルと比べるとソールの底が横に広くなっている形状です。

これにより抜群の安定感があるのが特徴です。

また、軽量化もおこなっているので超長距離のランナーに最適なモデルとなっています。

Onのシューズ全般に言える事ですが、形は奇を狙っているように見えますが実際に履いてみるとその安定感や軽さ、走りやすさに驚くでしょう。

HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)

海外のトライアスロンやトレイルランではよく知られたブランドのシューズです。

高いクッション性から履き心地が『マシュマロ』のようと表現されています。

CLIFTON(クリフトン)シリーズ

クリフトン

<出典:HOKA ONE ONE

厚底のランニングシューズとして有名なHOKA ONE ONE

高いクッション性を持っているのが特徴です。

その中でもCLIFTON(クリフトン)シリーズはロード用のシューズとして人気のモデル。

100kmを超える長距離のウルトラマラソンで使用している方が増えています。

ウルトラマラソンにオススメのシューズまとめ

ウルトラマラソン完走にオススメのシューズについて紹介していきました。

日本のメーカーの物や大手メーカーの物にはウルトラマラソン専用!というシューズは少ないですが、今後増えるかもしれません。

ただし、100kmくらいであれば特に完全にウルトラマラソン用!とこだわらなくても良いです。

大事なのは自分の足に合うこと。自分の筋力や走力に合う事です。

元々お気に入りメーカーがある場合には、ウルトラマラソンに向いているモデルをチョイスしてみるのが簡単な選び方と言えるでしょう。

新しいシューズを試したい方は、実際に専門スポーツ店で試着してみるか、返品対応を奨励している通販サイトで注文してみるのが良いでしょう。

ナイキのオンラインショップ等は30日間、使用しても返品が可能なシステムになっています。

店先で試着だけだと良さがわからない事もあるので、こういうサービスを積極的に使ってみるのも良いですね。

あなたに合ったシューズが見つかると幸いです。

編集部厳選!ランニングピックアップ記事

マラソン大会にアミノ酸サプリマラソンにおすすめのアミノ酸サプリ比較ランキング|効果と選び方

ランニングシューズ初心者のランニングシューズの選び方とオススメシューズ5選

ウルトラマラソンウルトラマラソンの魅力と完走できる走力目安|大会選びのコツも紹介

フルマラソン完走練習フルマラソンを完走する為の3ヶ月練習トレーニング|ケガなく快走!