新ハゲ予防?毛包に合成ビャクダンを嗅がせると髪の成長を刺激という研究結果

禿げている男性
マンチェスター大学の皮膚科学者・Ralf Paus氏らの研究チームが「毛包に合成ビャクダンの香りを嗅がせると髪の成長を刺激する」という研究結果を発表しました。

匂いを嗅ぐだけでハゲ予防なんて・・・!これは薄毛が気になる人への朗報ですよ(笑)

しかし、鼻で匂いを嗅ぐのではなく「毛包に匂いを嗅がせる」とはどういうことでしょうか?

どうして匂いがハゲ予防になるのか、気になる研究結果を調べてみました。

実は毛包には匂い分子をとらえる嗅覚受容体があった!

果実を口に含む男性

匂いを嗅ぐという行為」は通常、鼻で匂いを嗅ぐことを想像しますが、実は私たちの身体に何万とある毛包には「匂い分子を捉える嗅覚受容体」があるそうなんです。

そこで、マンチェスター大学の皮膚科学者・Ralf Paus氏らの研究チームらは、その嗅覚受容体に着目。

特定の匂いを毛包に嗅がせることによる髪の成長への変化」を研究しました。

人間が様々な匂いを「いい香り、臭い香り」と感じて判断するのは、空気中に含まれる「臭気物質」を捉えた嗅覚受容体が、信号を送って脳を活性化させるから。

つまり、匂いを捉えることが出来る「嗅覚受容体を露出させた毛包」に、様々な匂いを嗅がせ「髪の成長を刺激する匂い」を発見すれば、ハゲ予防になるという訳です。

鼻以外でも人間は臭いを嗅ぐなんて不思議ですね、匂いを嗅ぐというより「匂いに反応する」が正しい感じでしょうか。

毛包にある「OR2AT4」嗅覚受容体が合成ビャクダンの香りに反応

ビャクダン科の木

人間の毛包は「OR2AT4」という嗅覚受容体を露出させているそう。

この「OR2AT4」は今までの研究で、ケラチンの生成を促進・キズの治療に役立つことが知られていました。

しかし、フェイスリフトの手術で寄付された人の頭皮をサンプルに「毛包にニオイを嗅がせる=匂い分子を捉えさせる」研究をした結果、合成ビャクダンの匂い分子を捉えることで、「OR2AT4」が髪の成長を刺激するという研究結果が得られたのです。

この研究では本物のビャクダンの匂いも嗅がせたのですが、本物のビャクダンの匂いを嗅がせた場合は、同様の結果は得られなかったそう。

また、別の化学物質を混ぜて嗅がせたところ、OR2AT4が髪の成長を妨害することが確認。

合成ビャクダンの臭気物質がOR2AT4と結び付くことで髪の成長期が延長、髪の成長のキーポイント「IGF-1」という物質の発現や分泌を制御することが判明したそうですよ。

昔からある「匂い」というシンプルな美容法がハゲ予防になるなんて、何だか不思議ですよね。

合成ビャクダンの匂い=サンダロア

沢山の香水

ハゲ予防になるなら毎日嗅ぎたい!」そう思ったのは一人だけではないでしょう(笑)

ビャクダンとは、日本では白檀(ビャクダン)として有名ですが、サンダルウッドと呼ばれています。

天然のサンダルウッドの主成分「サンタロール」は合成がとっても難しいので、市販品には匂いがとても似ている合成香料が使用されています。

その合成香料の名前が「サンダロイア

合成ビャクダンの匂い=サンダロアの匂い」という訳で、サンダロイアの匂いを嗅げば嗅ぐほど、研究結果によれば髪の成長を刺激することが出来るってわけです。

薬や病院通いをしなくてもいいとなれば、一縷の望みをかけても良さそう(笑)

「ビャクダンの香り」と書かれた香水や柔軟剤・アロマを使って、髪の成長を促してみてもいいかも知れませんね。

ハゲ予防に合成ビャクダンの匂い~まとめ~

世の中には様々なハゲ予防がありますが、まさか匂いがハゲ予防になるなんてビックリですよね。

ビャクダンの香り(合成ビャクダンの香り)って意外とよく嗅いでる匂いだと思うんですよ。

ほら、お線香とか香水・アロマにも多いですし、だから違和感なく試せそう!

精神と魂に働きかけると言われているビャクダンの香りは、精神を鎮静・調和させたり、不安や羞恥心を落ち着かせる効能があると聞きます。

異性を惹きつける香りとしても有名ですし、本来の目的は「ハゲ予防」ですが「最近アロマに興味があってさぁ~」なんてごまかせそう(笑)

この研究論文は「Nature Communications」に掲載されているそうですよ。

でもお線香の香りを毎日嗅いでいるお坊さんが「毎日モリモリ毛が生えて坊主維持が大変だよ」なんて話聞いたことないですし、信じるか信じないかはあなた次第です(笑)