若はげの原因と対策まとめ【食べ物・サプリ・シャンプー・育毛剤】

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-pak752_akunokyouten15205657-400x267

こちらでは若はげの原因と対策についてまとめています。

若はげを対策するには、まず原因を知ることが大事です。そしてその若はげの原因を潰し込むことがまず重要です。

そのうえで食べ物、サプリメント、シャンプー、育毛剤、病院などを駆使しながら、若はげ対策をしていきましょう。

当ページでは10代、20代の悩める若はげ男子に、役立つ情報を配信しています。

貴方が若はげになってしまった4つの原因とは

「周りのみんなは全然ハゲてないのに何で自分だけ薄くなってしまうのか・・悔しい!」こんな思いを抱えている若ハゲ諸氏は結構いるはずです。

物事には全て原因があります。若ハゲにも当然原因があるわけですが、厄介なことにそれは一つではないのです。

複数の要因が絡み合うため原因の特定が難しいことも多く、これがため改善がなかなか難しいとされています。

しかしこのサイトではその原因を全て明らかにして、これを総合的に潰しこんでいくことであなたのハゲ改善を目指します。

まずはあなたが若ハゲになってしまった4つの原因を見ていきましょう。

1.生活習慣の乱れ

人の体は正直ですから日々の生活習慣はあなたの体に現れます。若いうちはヘタに体力があるので多少の無理は無理と感じませんね。

意識的に体をいたわり健康的な生活を心がけるようになる30代、40代以降と比べるとどうしても生活習慣は乱れがちになってしまいます。

後述する他の要因で元々ハゲやすい体質の方は、生活習慣が乱れることハゲの魔の手が容赦なく襲いかかってきます。

どんな生活習慣が若ハゲの原因になるのか見てみましょう。

1-1.睡眠不足

睡眠不足は体全体の活力を奪うことで発毛力・育毛力を奪ってしまいます。

また夜10時~夜中2時までの成長ホルモン分泌が盛んなゴールデンタイムの時間帯に質の良い睡眠を取れていない場合はこれも髪の毛の育成を弱めてしまいます。

1-2.食生活の乱れ

若い人はジャンクフードやスナック菓子が大好きという方が多いですね。

全く食べてはいけないということではありませんが、その為にバランスの良い食事がおろそかになってしまうと良くありません。

新社会人や大学生など一人暮らしで料理があまり得意でない方は食事を外食やファストフードで済ませていませんか?

コンビニ弁当などのいわゆる「中食」も栄養バランスは実はよくありません。

高校生の方なども親御さんが仕事で忙しい家庭は朝昼晩と三食ともバランスのとれた食事が取れない家庭が増えているようです。

こうした若年層からの食習慣がきっちりと髪の状態に反映されてきます。

1-3.運動不足

運動不足は健康にもよくありませんが育毛的にもよくありません。体を動かさない生活が続くと慢性的な血行不良状態を招いてしまいます。

特に頭皮の毛細血管は細いので血行不良の悪影響が出やすい部位です。毛根への血流が滞ると栄養不足のための抜け毛が加速しハゲにつながります。

また運動不足はストレス抵抗値も下げてしまうのでストレス性のハゲも誘発します。

1-4.喫煙習慣(タバコ)

喫煙はタバコの成分が全身の血管を収縮させるので血の巡りを極端に悪くします。

頭皮の細い毛細血管はその影響をもろに受けるので血流不足による抜け毛・薄毛の大きな原因になります。

1-5.過度の飲酒

適度のお酒は体にプラスになると言われていますが、過度の飲酒は髪の毛にもよくありません。

体の中ではアルコールを分解するためにシステインやメチオニンといったアミノ酸を消費してしまいますが、これらは髪の毛の構成成分でもあるので、発毛に必要な原料が浪費されてしまいます。

またアルコールの量が多く分解が間に合わない場合は体内でアセトアルデヒドという毒性のある物質が血中にあふれてしまいます。

アセトアルデヒドはジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンを増産する働きがあります。

DHTはまさに若ハゲの原因を作り出す物質ですからもろにハゲを促進します。

2.精神的なストレス

若い人には若い人特有の悩みもあるものです。友人関係や恋愛、会社内での序列など解決が難しい問題を皆さんも抱えていることでしょう。

継続した精神的ストレスは過緊張状態が続くために血管を収縮させてしまいます。この影響を受けやすい頭皮の毛細血管は血行不良を起こし抜け毛につながります。

3.間違った頭皮ケア

簡単に手に入る安いシャンプー剤には「〇〇硫酸」の名称が付く硫酸系成分が入っていることが多いですが、これが頭皮にかなり刺激与え、負担をかけてしまうのでよくありません。

硫酸系の成分は皮脂を取りすぎてしまうため、かえって頭皮環境を悪くしてしまうのです。

また髪の毛に良いからとリンスやトリートメントなどを使用した際に十分にすすがないと毛穴詰まりを起こしたり、皮膚障害のトラブルを誘発します。

就寝前に洗髪せず朝シャンをしている方も要注意です。夜間の髪の毛の成長を阻害し、日中の外的刺激や汚れを吸着しやすくするというダブルパンチの影響を受けます。

4.AGA(男性型脱毛症)

若ハゲの最大の原因が男性型脱毛症AGAです。

原因のうち最も高い割合を占め、しかも対処が難しいので腰を据えて対策を考える必要があります。

AGAは体内で薄毛の原因を作るジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉の男性ホルモンが作られることで起きます。

元々体内には無害なテストステロンというホルモンが存在していますが、思春期以降これが酵素の一種である5αリダクターゼと結びつくことでDHTに変換されてしまうようになります。

DHTは毛根のヘアサイクルを邪魔して、本来あるべき成長期の期間を短くしてしまいます。

十分に育てないまま脱毛してしまう軟毛化現象が徐々に進み、やがて毛根が死んでしまいハゲを拡張していきます。

ホルモン系への対処は非常に難しいため、他の原因への対処と合わせてじっくりと腰を据えての対応が必要です。

貴方が選択すべき7つの若はげ対策とは?

では若ハゲに悩むあなたがするべき7つの対策をお教えしましょう。

1.生活習慣の改善を行う

基本となる生活習慣の改善は特に費用負担もないのでぜひ実践しましょう。

夜遊びは控えて10時には睡眠に入れるようにリズムを整える、食事面が心配であればマルチビタミンなどのサプリメントの力を借りるなどです。

特に喫煙習慣と過度の飲酒習慣とはおさらばして、タバコ代を育毛剤などの攻めの軍資金に回しましょう。

まとめると、

  • 毎日睡眠を十分に取る
  • 適度に運動する
  • 食生活を改善する
  • 規則正しい生活を送る
  • 禁煙をする
  • 飲酒を控える

以上を実践して死角のない生活習慣を目指しましょう。

2.精神的なストレスのセルフケアを行う

対ストレスでは各自に合ったセルフケアを考える必要があります。

自分に合わない方法では逆にストレスになってしまうので、他人に合う方法が自分にも合うとは限らないことに留意しましょう。

半身浴やアロマテラピーでリラックスできる人もいれば、逆に香りが苦手で苦痛になる人もいます。

自分が心地よいのはどんなことが考えてみましょう。基本的にはスポーツや友人との旅行など心が外に向かう行動が合う人、反対にアロマテラピーや読書、DVD鑑賞など心が内に向かう行動が合う人に分かれます。

人に惑わされず自分に合った対処法を考えてみましょう。

3.若はげに効果的な食べ物を摂取する

食事面で一歩進んで攻めの食事をすることも有効です。

体全体の健康を保つバランスの良い食事とすることはもちろん、不足しがちな栄養を特に意識して補ったり、育毛活動を支援する作用あるものを積極的にとりたいものです。

たとえば亜鉛は毛髪の発生には不可欠ですが、食品からは取りづらいのでサプリメントを活用しても良いでしょう。

また髪の毛はタンパク質でできていますから、合成の為にもやはりタンパク源が必要です。

ダイエットでお肉を取らない方もいるかも知れませんが、大豆食品を用いるなどして工夫しましょう。

大豆はイソフラボンの効果で体内のDHTを抑制してくれる効果も期待できます。

4.若はげ対策に育毛シャンプーを使用する

若ハゲには下で述べる育毛剤の使用が不可欠ですが、その効果を最大限発揮するためには育毛シャンプーの使用が効果的です。

これ自体は直接ハゲに効くわけではありませんが、安いシャンプーとは異なり低刺激でありながらも頭皮をクリーンに保ち、育毛剤の浸透を助けてくれます。

また保湿効果なども手伝って最適な育毛環境を整えてくれます。

5.若はげ対策に育毛サプリメントを服用する

若ハゲはできるだけ早く、強力な手段で対抗する必要があります。育毛剤の他に育毛サプリメントもぜひ利用したいところです。

特に育毛的に有効なのがノコギリヤシです。

効果はマイルドながら医療用治療薬のフィナステリドと同じように体内でDHTが生成されるのを抑制してくれます。

できればビタミンやミネラル、アミノ酸など他の栄養成分と同時に配合されたものであればより有効に若ハゲに作用させることができます。

6.若はげ対策に育毛剤を使用する

攻めのハゲ対策では育毛剤の使用は必須です。

安い商品では血行促進作用程度しか期待できないものが多いですが、一歩進んでAGAの原因となるDHTの生成を抑制する効能のある成分を配合した商品もあります。

ヒオウギエキスやビワ葉エキス、オウゴンエキス、チョウジエキスなどです。

育毛剤は値段もピンキリですので費用対効果とお財布事情を照らして納得できる製品を選びましょう。

7.若はげ治療のために病院へ通う

若はげへの対処が遅れて症状がかなり進行してしまった場合は自己手当では十分な回復が難しくなります。

その場合は素直に薄毛専門のクリニックで医師の治療を受ける方が望ましいです。医療機関では専用の薬剤を使って効果的に若ハゲを改善してくれます。

基本となるフィナステリド製剤によってDHTの影響を排し、毛根を正常なヘアサイクルへ戻します。

加えてミノキシジル製剤によって血流を増進し、毛根を目覚めさせて強い発毛効果を得ることができます。

若はげの原因と対策のまとめ

以上、若ハゲの原因と対策を見てきましたが、主原因であるAGAと、それを強く助長する生活習慣の乱れなどが複合的に関与してハゲは進行していきます。

従ってその対処もAGAに対する対抗策を主軸に、その他の原因への対策も実行する必要があります。

どれか一つの対策だけではなく、可能な限り組み合わせて総合的な対策をとることが望まれます。

基本的な生活習慣の改善は金銭的な負担は生じませんのでぜひ今日から実践しましょう!

ちなみにおすすめの対策は生活習慣の改善と育毛剤です。育毛剤に関しては、以下の参考記事をご覧ください。

参考記事:【2018年】最強育毛剤+発毛剤おすすめ人気ランキング!効果を比較

編集部厳選!育毛剤ピックアップ記事

【2018年】最強育毛剤+発毛剤おすすめ人気ランキング!効果を比較

男性の薄毛に一番よく効く育毛剤おすすめ比較ランキング【2018年11月版】

女性用育毛剤おすすめ人気ランキング!効果を比較【2018年11月版】

AGAに効く育毛剤効果ランキング!自宅での対策・AGA治療におすすめ

天然無添加育毛剤イクオス(IQOS)の育毛効果と口コミを徹底解析

【最強】生え際に効く育毛剤+発毛剤ランキング!M字ハゲ対策におすすめ

【決定版】若はげに効く育毛剤+発毛剤おすすめランキング!効果を比較