AGA治療薬プロペシアの効果と副作用を徹底解説

AGAの治療薬として最もポピュラーであり、AGAの専門の病院でも処方される医療品。それが医薬品プロペシアです。

プロペシアが何故AGAの専門病院でも処方されるほどの医薬品なのか、本当にこの薬を利用したら薄毛は回復するのかなどを踏まえて、その効果解説していきます。

また、医薬品の使用で一番気になる副作用についてもご説明します。

プロペシアの効果について

プロペシアはAGAの治療薬として一番認知度がある医薬品です。AGA治療を専門にしている病院のほとんどで処方されているほどにその効果が認められています。

実際にプロペシアには育毛・発毛に関してどのような効果があるのかを詳しく説明していきます。

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)を抑制する

AGA専門病院で処方されていることからわかるように、プロペシアにはAGAを抑制する効果があります。

そもそも、AGAはDHT(ジヒドロテストテロン)と呼ばれる男性ホルモンの影響により薄毛をひきおこします。

DHTは還元酵素5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンと結び付き変換すし薄毛をひきおこす強力な男性ホルモンになります。

5α-リダクターゼはⅠ型とⅡ型が存在します。両方を抑制する必要がありますが、近年は特にⅡ型が薄毛に影響を与えているといわれています。

プロペシアはその主成分の働きによってテストステロンと5αリダクターゼの結合を防止することができます。その為に、薄毛の抑制に繋がるのです。

プロペシアの主成分はフィナステリド

プロペシアの主成分はフィナステリドです。このフィナステリドこそがAGAを抑制する効果がある成分になります。

先ほどもお話しましたが、フィナステリドはこのテストステロンと5αリダクターゼの結合を防止することができる為、AGAの抑制に効果があるといわれています。

また、プロペシアと同じ効果を持つ医薬品はフィンペシアやファイザーなど多く存在しています。フィンペシアに関してはプロペシアのジェネリック医薬品になりますので、効果はほとんど同じになります。

プロペシアに発毛効果は無いので注意

今までのお話で気付かれたかも知れませんが、プロペシアの主な効果としてはAGAの抑制にあります。つまりは薄毛になることを抑えることです。これは発毛とイコールにはなりません。

勘違いされている方が多いかもしれませんが、プロペシア自体には発毛効果はありません。進行を抑えつつ、抑えている間に髪の毛が生えやすい環境を整えることがプロペシアを使う真の理由です。

プロペシアの効き目と有効期間

プロペシアの効き目は使用し続けた人が3年間の内に98%もの人がAGAの抑制に関して効果を実感できたとされています。また、国内の臨床試験の成果では、半年で48%、1年で58%、2年では68%、3年で78%が髪の毛が増えたと実感できるまでになったそうです。

ただし、先ほども言ったようにプロペシア自体には発毛効果はありませんので、髪の毛が増えたと実感できたという方々はプロペシアだけに頼らず、服用期間でしっかり髪が生えやすい環境も整えたのではないでしょうか。

プロペシアの副作用について

薄毛の方々には魔法のような医薬品ですが、決して万能というわけではありません。

プロペシアにはいくつかの副作用があります。必ず副作用が起こるわけではありませんが、使用にあったてはどの様な副作用があるのかを知っておいて損はありません。

プロペシアの副作用で多いのが性欲減退と胃の不快感

プロペシア利用者の中で多く見られる副作用は性欲減退と胃の不快感の2つです。

性欲減退は特に報告が多い事例です。早い話が男性機能の低下です。もっと言ってしまえばEDになってしまいます。髪の毛がふさふさに戻ってもいざという時に男性として一番何もできないのはツライですよね。

また、胃の不快感に関しても副作用として言われていますが、薬自体が少し強いために起こる症状です。プロペシアに関わらず薬には胃に不快感にさせる成分が少なからず入っています。

2つともあまり深刻な事態になることはあまりありませんが、副作用の心配が出た場合は、使用を止めて最寄りの病院に行くことをお奨めします。

その他の副作用について

1%以上5%未満に性欲減退の副作用が発現する他、1%未満に勃起機能不全、射精障害、精液量減少が発現する。その他、発現率不明の副作用として、睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)、乳房圧痛、乳房肥大、抑鬱症状、眩暈、そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇が添付文書に記載されている。

本文引用:フィナステリド – Wikipedia

見た限りでは多くの副作用を抱えた危険な薬なのでは?と思いますが、どれもあまり重篤になることは稀です。ただし、楽観視せずに自覚症状が少しでも出た場合は服用を控えましょう。

副作用ではないが初期脱毛の報告も有り

プロペシアを服用すると初期脱毛の症状も見受けられます。ただし、これは副作用ではなく逆にプロペシアが効いてきた証でもあります。初期脱毛は新しく強い髪が生える為に、現在生えている弱弱しい髪と変わるために起こります。

なので、最初は髪の毛が抜けて不安になるかもしれませんが、前向きに捕らえてみてください。

プロペシアは女性の使用は厳禁

プロペシアの使用に際して一番危険なのが女性の服用です。特に危険なのが妊婦さんになります。お腹の子が男の子の場合は、その男の子の生殖器に対して異常を引き起こしてしまう可能性があります。

その為、どの病院でも女性にはプロペシアが処方されることがありません。また、皮膚からも有効成分が入ってしまう可能性がある為に女性は触ることでさえ禁止にされています。

プロペシアはミノキシジルと併用が効果的

プロペシアは先ほどから何度もお伝えしているように、プロペシアには発毛効果はありません。その為、発毛効果のあるミノキシジルが含まれている発毛剤と併用することをお奨めします。

併用することで、AGAの抑制を行いながらも発毛も行うことができると言う夢のような組み合わせです。

ミノキシジルは服用するタイプと頭皮に塗布するタイプがあります。

塗布するタイプではリアップが有名です。TVCMでやっているのでよく知っていると思いますが、リアップは国内で唯一発毛効果が認めらている外用医薬品です。他にも色々とミノキシジル系の医薬品がありますが、国が認めている発毛剤はリアップだけになります。

服用するタイプではミノキシジルタブレットが有名です。体内から血液による体内循環で発毛効果を実現します。頭皮環境から直に塗るものと違い高い効果が期待できますが、その分副作用も出てくるものになります。

ミノキシジルタブレットはプロペシア以上に副作用が強いものになります。その為、副作用に対する知識を持って使用することをおすすめします。

プロぺシアを通販で入手する方法

プロペシアは一般的にはAGAの専門病院で処方してくれますが、実は通販でも購入することが出来ます。

但し、基本的には個人輸入という形式になりますので、購入に関してはあなたが知っている有名な通販サイトではなく輸入代行の通販サイトになります。

薬の輸入代行サイトはいくつかありますが、その中でも有名且つ安心して行えるのはオオサカ堂での購入になります。

私自身もよくお世話になっています。

但し、通販で入手する方法は自己責任の部分が多くなります。その中でも副作用も自己責任になりますので、利用するかはよく考えてからにしましょう。

もっと言えば、副作用への知識を十分に身につけてからのほうがいいです。

AGA治療薬プロペシアのまとめ

プロペシアはAGAに関しての抑制力は専門病院でも使われるほどの折り紙つきです。

寧ろ、抑制だけであればベストな選択です。また、ミノキシジルとの併用によって抑制だけではなく発毛にまで至ることが期待できます。

但し、効果に関しては使えばすぐに効果が時間できるものではありません。実感できるまではある程度の時間を要します。また、プロペシアには副作用もいくつかありますので注意しましょう。

入手方法に関しては通販という選択肢もありますが、何よりも怖い副作用に関して自己責任になってしまいますので。

そのためAGAの治療専門病院で処方して使うのが安全且つ確実です。

副作用に関しても十分な知識と対策もありますので、出来る限りは治療専門病院を利用しましょう。しっかりと安全に使えば十分にAGAに効果はあります。

ちなみにおすすめのAGA治療専門病院は参考記事をご覧ください。

参考記事:【2018年】AGA治療の病院&薄毛クリニックおすすめ比較ランキング

編集部厳選!AGAピックアップ記事

【2018年】AGA治療の病院&薄毛クリニックおすすめ比較ランキング

AGAセルフチェック!貴方は本当にAGA?

AGA治療に手遅れは存在するのか?真相を徹底解説

【後悔】失敗しない若はげ治療におすすめの病院・クリニックランキング

【真実】リーブ21は効果なし!究極の代替え案はこれだ!

AGAに効く育毛剤効果ランキング!自宅での対策・AGA治療におすすめ