30代男性のはげの原因とは?ハゲを確実に治す方法とは

15

当ページでは30代のはげの治し方について解説しています。

30代のはげを治すためには、まずは原因を知らなくてはなりません。30代のはげの原因としては様々な要因が考えられますが、やはり一番はAGA(男性型脱毛症)です。

他にも睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどの様々な要因が考えられますが、その要因を一つづつで良いので取り除くことが重要です。

30代男性のはげの原因は高確率でAGA

一般的な30代薄毛の原因としては、具体的には以下のようなものが存在します。

  • 不規則な生活
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 過度な飲酒
  • タバコ(喫煙習慣)
  • 間違った頭皮ケア
  • AGA(男性型脱毛症)

これらの要因の中で、30代のはげに一番強い影響力を持つのがAGAです。

「AGA(男性型脱毛症)」とは、体内で生成された強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンにより発生する脱毛症です。

このAGAは髪の毛を成長を強制的にストップさせてしまう脱毛症です。

他の薄毛の原因は、髪の毛の発育を悪くする程度で収まっているのですが、このAGAだけは薄毛の原因としては別格です。そのため早急な対処が必要です。

自分がAGAであるか調べる方法

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-PAK85_sumahoman20141123104549-thumb-1000xauto-14703

このAGAの特徴としては、頭頂部が薄毛になったり、生え際が徐々に頭頂部へ向って薄毛になっていきます。

今現在の貴方の薄毛の進行が、生え際と頭頂部から始まっているのであれば、貴方がAGAである可能性は比較的高いと言えます。

ちなみに貴方が本当にAGAかどうかは参考記事をご覧ください。

参考記事:AGAセルフチェック!貴方は本当にAGA?

そしてこのAGAの厄介な点は、進行性だということです。つまりどういう事かというと、放置しておくと抜け毛が加速するということです。

そのため自分がAGAだとわかった場合は、早急にAGA治療を行う必要性があります。放置しておくと症状がドンドン悪化していきます。

AGA治療に効果的な方法について

017740_propecia_au

30代のはげの原因であるAGAは、フィナステリドとミノキシジルという医薬品を服用すれば治療できます。

フィナステリドはAGAによる抜け毛を防止して、ミノキシジルは血管拡張による血流改善と成長因子の増加によって発毛を促進するお薬です。

これらの2つの医薬品をAGA治療に使用する理由については、これらがAGAに有効であると医学的な根拠があるからです。

1.フィナステリドについて

AGAに効果がある医薬品がフィナステリドです。このフィナステリドで販売元により商品名が異なります。一番有名なのはMSD社から販売されているプロペシア錠です。

プロペシア錠を服用する事で、強力な男性ホルモンDHTの生成を抑制して、ヘアサイクルを正常にする効果があります。

AGAの抑制できる非常に画期的な医薬品であり、世界各地のAGA治療で用いられています。AGA治療を行う上では必須とも言える医薬品です。

ただしこのプロペシア錠のデメリットとして、医薬品に分類される為、副作用が少なからず存在する点があります。プロペシア錠の副作用として、勃起不全や精力減退などが報告されています。

またプロペシア錠は保険が適用されませんので、薬代として一か月約7000円程度かかります。そこにも注意が必要です。

また抜け毛が減って発毛効果が出始めても、薬の服用をやめてしまうとAGAは再び進行してしまいます。効果を持続させるには一定期間は継続してプロペシア錠を服用する必要があります。

2.ミノキシジルについて

AGAに効果がある医薬品として、発毛促進剤ミノキシジルがあります。

ミノキシジルは血流を改善することで、頭皮に育毛に必要な栄養を届けやすくするお薬です。また最近の研究では、髪の毛の発育を促す成長因子を増やす作用があることもわかってきて来ました。

つまり血流改善と成長因子増加による発毛促進がミノキシジルの持つ作用となります。

ミノキシジルには頭皮に直接塗る外用薬(リキッドタイプ)と、飲む内服薬(タブレッドタイプ)があります。効果として内服薬であるタブレッドタイプの方が高いのですが、AGA治療の現場ではこの2つを併用するケースが多いです。

またミノキシジルにも副作用があり、主な副作用としては動悸、あせも、多毛症などが挙げられます。ちなみにこれらの医薬品は、医療機関で処方して貰えます。

30代のはげを治すには合わせて生活習慣の改善を

bsOZP73_u-nkonoteidoiryou20140321

AGAを改善するには、プロペシアやミノキシジルなどの服用も必要ですが、生活習慣を改善することで発毛効果はさらに期待することが出来ます。

不規則な生活や、睡眠不足、偏った食事、ストレスなどは髪の毛の成長には大きな悪影響を与えます。

それ以外には喫煙をすることで、血行が悪くなり頭皮に十分な栄養が届かなくなりますし、過度な飲酒はアルコールの分解時に、髪の毛の発育に必要な栄養素(タンパク質等)を消費してしまうため、発毛にはかなり影響を与えます。

生活習慣を見直すことは、AGAを改善する為に必要になってきますので、是非出来ることから始めてみてください。

30代のはげを治すならAGA病院がおすすめ

image06

30代のはげの根本原因AGAを治すなら、AGA病院がおすすめです。

AGA治療に効果的なフィナステリドとミノキシジルですが、この薬は副作用があるため、服用時には正しい知識が必要となります。

AGA病院であれば、専門医の診断の元で安全にAGA治療薬を服用することが出来ます。他にも貴方の頭皮の状態に合わせた最適な治療プランを提案してくれます。効果と安全性重視であれば、AGA病院は最善の一手だと言えます。

ちなみにおすすめのAGA病院に関しては以下の記事をご覧ください。

参考記事:【2018年】AGA治療の病院&薄毛クリニックおすすめ比較ランキング

編集部厳選!AGAピックアップ記事

【2018年】AGA治療の病院&薄毛クリニックおすすめ比較ランキング

AGAセルフチェック!貴方は本当にAGA?

AGA治療に手遅れは存在するのか?真相を徹底解説

【後悔】失敗しない若はげ治療におすすめの病院・クリニックランキング

AGAの記事まとめ

AGAの基礎知識 AGAとは? - AGAセルフチェック - AGAには手遅れはあるの?
AGA治療の知識 AGA治療の効果 - AGA治療の副作用 - AGA治療の期間と流れ - AGA治療の費用 - AGA治療でEDになる? - 育毛メソセラピーの効果 - 自毛植毛のメリット・デメリット
AGA治療薬の知識 プロペシアの効果 - ミノキシジルタブレットの効果 - リアップX5の効果 - フィンペシアの効果
AGAクリニックの選び方 AGAクリニックランキング - 若ハゲクリニック - 名古屋のAGAクリニック
AGAクリニックの口コミ ヘアメディカル - AGAスキンクリニック - 銀座総合美容クリニック
コラム 毛生え薬ランキング - 発毛薬完全ガイド - 育毛サロンの実情 - リーブ21の効果 - AGAに効く育毛剤 - AGAに効くシャンプー