てっぺんハゲ(つむじの薄毛)の原因と対策・改善方法とは

こちらではてっぺんハゲの原因と、正しい改善方法について解説しています。

日本人に非常に頭頂部の薄毛ですが、その原因がAGA(男性型脱毛症)であることはあまり知られてはいません。

当ページではそんなAGAの治し方についても解説しています。当ページをご覧になって、てっぺんハゲを対策していきましょう。

放置したらザビエルに!?てっぺんハゲを引き起こす5つの原因とは

別名ザビエルハゲとも呼ばれるてっぺんハゲは症状が進行すると見た目にとても残念感が出るので早期に手当をする必要があります。

てっぺんハゲを引き起こす原因は5つありますのでそれぞれ確認しましょう。

  1. AGA(男性型脱毛症)
  2. 生活習慣の乱れ
  3. 精神的なストレス
  4. 血行不良
  5. 頭頂部への外的な刺激

これらについて詳しく解説していきます。

1.AGA(男性型脱毛症)

てっぺんハゲを引き起こす最も大きな原因は男性型脱毛症AGAです。

AGAは体内で発生する男性ホルモンが悪さをしてハゲ薄毛症状を引き起こすものです。

ヒトの体内には元々テストステロンという男性ホルモンが存在していますが、これは別に薄毛を引き起こすことはしません。

しかし思春期以降では5αリダクターゼという酵素の一種と結びつくことにより、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変化してしまいます。

DHTは毛根のヘアサイクルを乱す指令を発し、髪の毛の成長期間を縮めてしまいます。

正常に育てなくなった毛髪は成長しきる前に抜け落ち、DHTの影響下にある毛根は徐々に生命力を失いやがて消失してしまいます。

AGAのハゲ症状にはいくつかの特徴がありますが、てっぺんハゲもAGAの代表的なタイプです。

2.生活習慣の乱れ

てっぺんハゲは生活習慣の乱れによっても発現することがあります。その中でも食事と睡眠については質と量を確保しなければなりません。

すなわち、正しい栄養補給と休息です。

髪の毛も食事で取られる栄養を元にして作られるので、偏った食事では十分な栄養が補給できず健康な毛髪が作られません。外食やコンビニ弁当が中心の場合は要注意です。

そして睡眠については単に睡眠時間を確保するだけでなく、その時間帯も重要です。

夜10時から夜中2時ころまではヒトの体内で成長ホルモンの分泌が盛んになる時間帯で、怪我からの回復や体が成長する力が最も強くなる時間です。

髪の毛の成長もこの時間が最も盛んになるので育毛ゴールデンタイムと呼ばれます。この時間帯に質の良い睡眠が取れていない場合ハゲの原因になります。

3.精神的なストレス

適度なストレスは必要ですが、現代社会では過度なストレスにさらされることが多いですね。しかも解決が難しい問題が多いため、継続したストレスを受け続けることになりがちです。

過度なストレスは人の生命力や活力を奪ってしまいますから全身的に負の作用を受け、髪の毛の健康も損なってしまいます。

ストレスは過緊張による頭皮の血行不良を招きてっぺんハゲを誘発します。

4.血行不良

ストレス由来の血行不良もありますが、その他の要因でも血行不良を招くことがあります。運動不足や頭皮のマッサージ不足などです。

髪の毛は毛根が血管を通して受け取る栄養で作られますから、血行不良は栄養不足を招いて毛根の活性力を落とします。

ヘアサイクルの成長期においても栄養がなければ健康な毛髪は作られませんから血流の確保は重要です。

頭皮はただでさえ毛細血管が収縮しやすい箇所ですが、その中でも頭頂部は心臓から最も遠い部位のため血の流れが滞りやすいので、てっぺんハゲが起きやすくなります。

5.頭頂部への外的な刺激

頭頂部は直射日光による紫外線の影響を受けやすい部位ですから、その悪影響も出やすくなります。

日焼けが健康の象徴だった時代は過ぎ、今では紫外線の悪影響が知られるようになってきましたが当然頭皮にもダメージを与えます。

こういった外的な刺激によって土台となる頭皮がダメージを受ければ当然ハゲが助長されてしまいます。

てっぺんハゲの改善方法・治し方について

では具体的にどのようにてっぺんハゲに対処していけば良いのか見ていきましょう。

1.生活習慣の改善

生活習慣の改善はてっぺんハゲを含む全てのハゲ対策の基本です。

健康な毛髪は健康な体から生み出されますから、体全体の生命力を維持するためにも食事や睡眠の確保には気を配りましょう。

一人暮らしや料理下手などで栄養バランスのとれた食事が難しい場合には栄養サプリメントの利用が効果的です。

マルチビタミンだけでなくマルチミネラルのサプリメントも活用しましょう。

髪の毛の材料であるタンパク質の摂取も大切です。ダイエットなどで取りずらい場合は大豆や魚などで補いましょう。

そして上記で紹介した育毛ゴールデンタイムの時間帯には睡眠に入っている必要があるので、9時半ころまでには床に就いてリラックスできる体制に持っていきましょう。

2.頭皮マッサージ

頭頂部は頭皮の中でも血行不良が起きやすい部位ですから、意識的にマッサージしてあげることでこれを解消してやる必要があります。

指の腹を使ってマッサージしますが、あまり強い力は不要です。ゆで卵が潰れないくらいのソフトな力で構いませんので、できるだけ高頻度で行うようにします。

マッサージの際には育毛剤を使用することでその効果を高めることができます。

血行促進成分が入った育毛剤とマッサージの併用は強力に血行を回復してくれます。

3.AGAに効く育毛剤の使用

マッサージの際に使用する育毛剤は色々ありますが、血行促進成分は低価格帯の製品にもまず間違いなく全ての製品に含まれています。

できればそれだけでなく、AGAに効く成分が配合された製品を使う方がAGAのてっぺんハゲに有効に作用させることができます。

AGAは体内でDHTという男性ホルモンが生成されることで起きるとお伝えしましたが、一部の有効成分にもマイルドながらDHTの生成を抑制する働きを持つものがあります。

病院で処方されるものよりは効果はマイルドですが、それでも継続して使用することでてっぺんハゲに有効に働いてくれるでしょう。

4.AGA治療専門の病院へ通う

てっぺんハゲの症状が進んでカッパ状態になってしまった場合には自己手当では対処が難しいので素直に薄毛専門クリニックに通った方が賢明です。

専門クリニックでは毛根が完全に死んでいない限り、弱った状態からであっても時間をかけて復活させることが可能です。

AGAの特効薬であるフィナステリド製剤やミノキシジル製剤などを組み合わせた投薬治療を中心にてっぺんハゲを改善してくれます。

クリニックによっては他にも先端治療であるメソセラピーや自毛植毛などの治療手段を用意しています。

てっぺんハゲの対策方法まとめ

てっぺんハゲの対処は初期の段階で如何に行動するかが重要です。

基本となる生活習慣や育毛剤を使った日々の頭皮ケアを敢行することで初期段階のてっぺんハゲには自己対処も可能です。

その場合は改善効果の高い育毛剤の使用が奨められます。

それでも症状の進行が止まらない場合やすでに進行したてっぺんハゲの場合は薄毛専門クリニックに相談する必要があります。

そうならないためにも日々のケアは怠らないようにしましょうね。

編集部厳選!育毛剤ピックアップ記事

【2018年】最強育毛剤+発毛剤おすすめ人気ランキング!効果を比較

男性の薄毛に一番よく効く育毛剤おすすめ比較ランキング【2018年11月版】

女性用育毛剤おすすめ人気ランキング!効果を比較【2018年11月版】

AGAに効く育毛剤効果ランキング!自宅での対策・AGA治療におすすめ

天然無添加育毛剤イクオス(IQOS)の育毛効果と口コミを徹底解析

【最強】生え際に効く育毛剤+発毛剤ランキング!M字ハゲ対策におすすめ

【決定版】若はげに効く育毛剤+発毛剤おすすめランキング!効果を比較