把握しておきたいAGA治療の副作用について

13

当ページではAGA治療の副作用について解説しています。最後までご覧になっていただけると幸いです。

AGA治療ではフィナステリドやミノキシジルなどの有効成分が使われることが多いですが、この2つにはAGAに有効である代わりに、それ相応の副作用を持っています。

当ページではそんなAGA治療の副作用について解説したいと思います。

AGA治療で用いられるフィナステリドとミノキシジルとは?

AGA治療には、フィナステリドとミノキシジルという2種類の医薬品が用いられます。まずはその医薬品について解説していきましょう。

フィナステリドについて

フィナステリドとはAGA進行遅延効果のある医薬品です。

フィナステリドは販売元により名称が異なっており、万有製薬(MSD)から販売されているプロペシアが有名です。他にもフィンペシアやファイザーなども同じ効果を持つ医薬品となります。

体内に存在する5αリダクターゼⅡ型を抑制することで、AGAを引き起こす原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制します。

補足:デュタステリドについて

フィナステリド系統の医薬品にデュタステリドが存在します。国内で認可されている薬としてはザガーロなどが有名です。

フィナステリドが5αリダクターゼⅡ型のみを抑制するのに対し、このデュタステリドは5αリダクターゼⅠ型も抑制します。

一般的にはデュタステリドの方が効果が高いのですが、どちらが有効か調べるにはAGAリスク遺伝子検査を行うしかありません。

この検査が出来るのは、現状では「ヘアメディカルグループ」のみです。

ちなみにデュタステリドは強力であるため、副作用もフィナステリドよりも重度の場合が多いです。そのため服用には細心の注意を払う必要性があります。

ミノキシジルについて

ミノキシジルは発毛促進効果を持つ医薬品です。

ミノキシジルは内服薬であるミノキシジルタブレッドと、外用薬であるリキッドタイプが存在します。

内服薬としては、ロニテン、ノキシジルなどが有名です。外用薬としては大正製薬から販売されているリアップシリーズやカークランド、ロゲインなどが知られています。

ミノキシジルは、血管拡張と成長因子(グロースファクター)に働きかける2つの効果により、強い発毛促進作用を発揮をします。臨床実験の結果、高い発毛力が認められ医薬品認可されています。

これらがフィナステリドとミノキシジルの主な特徴です。続けてこれらの薬の副作用への解説に移ります。

フィナステリドとミノキシジルの副作用について

AGA治療によく用いられるフィナステリドとミノキシジルには、それぞれ以下のような副作用が存在します。

フィナステリドの副作用-性欲減退・勃起障害・肝機能障害・うつ病-

フィナステリドの副作用には性欲の減退や勃起機能の低下、精子減少などが存在します。男性としては少し嫌な副作用ですね。

しかしこれらの副作用は3~5%の発症率で、軽微な自覚症状がある程度なのでそれ程心配はないです。うつ病や倦怠感、不眠、ニキビ、肌荒れ、吐き気、初期脱毛などその他にも様々な副作用が見られます。

重度の物では女性化や肝機能障害、ペイロニー病などがあります。

またフィナステリドは男性専用の医薬品です。妊娠中の女性はお腹の中の男性胎児の生殖器に副作用が起こる可能性があり服用は出来ないです。

皮膚から成分が吸収されることがあるので、妊娠中の女性は割れたフィナステリド錠を触るのも危険です。

ミノキシジルの副作用-動悸・多毛症・低血圧-

ミノキシジルには低血圧や動悸、不整脈など血圧に関連する副作用以外にも、頭皮の痒みや炎症、頭痛、多毛症などの副作用が見られます。

このうち特に多く見られるのが頭皮の痒みです。軽度な痒みなら問題ないですが、中には重度な痒みが生じる人も中には見られます。

その場合は専門医の指示を仰ぐようにしましょう。ミノキシジル以外にも育毛成分は豊富に存在するので、それで補うことも十分に可能だからです。

副作用が発生してしまう根本原因

これらフィナステリドやミノキシジル両方に共通している点は、最初からAGA治療のために開発された成分ではないという点です。

そのため開発時に想定していた効果が、副作用として発生するケースが存在します。

安心に使用を続けるためにも、専門医の指示の元での服用が最重要となります。

AGAクリニックなら副作用のリスクを最小限に

基本的にAGAクリニックに通っているのであれば、副作用のリスクを最小限にすることが可能です。

理由は多く分けて3つ存在します。

  • 事前の検査で処方できるかがわかる
  • 軽微な副作用が出ても処方を変えて対処できる
  • 副作用が原因で治療を中断する率は1%以下

これらが主な理由です。ではこれらの理由について掘り下げて解説していきます。

1.事前の検査で処方できるか判断できる

AGA治療を行う前に血液検査と血圧検査を行いますが、これで薬の処方が安全かどうかは判断できます。

例えばミノキシジルで言えば、元々は降圧剤として開発されたので、極度の低血圧の人が服用するとリスクが伴います。それを血圧検査で調べることが出来ます。

また健康面を調べるという意味でも、血液検査は重要です。重大な疾患を抱えている状態での医薬品の服用はリスクを伴うため、事前の検査を行うことは重要だからです。

AGAクリニックではこの検査を徹底しているため安心です。

2.軽微な副作用が出ても処方を変えて対処できる

AGAクリニックの専門医であれば、軽微な副作用が出ても処方を変えて対処できます。

例えば「ヘアメディカル」を例として挙げるならば、600種類の処方パターンが存在するため、その人の体質や副作用に応じた対応を行うことが可能です。

副作用が出るようであれば、処方量を調整する、別の成分に変えるなどの対処方法がいくらでも存在するからです。これにより副作用のリスクはかなり低減できます。

3.副作用が原因で治療を中断する率は1%以下

AGA治療の副作用が原因で治療を中断する率は1%以下

これは「AGAスキンクリニック」のデータなので、全てのAGAクリニックでこうだとは断言はできないのですが、AGAの副作用が原因で治療を中断した人は全体の0.41%です。

これはAGAスキンクリニックの統括診療部長 麻生秦氏の著書「間違いだらけの薄毛対策」という著書に明記されています。長期的に見ると副作用が発生するリスクは極めて少ないと言えます。

大事なのはAGA治療には服用があることを知っておくこと

bsOZP73_kensakekkawosetumeisuru20140321

そして一番大事なのは、AGA治療には副作用があることを知っておくことです。

一番多いのが精力減退、勃起障害、動悸、多毛症などです。これらの副作用と自分の髪の毛を天秤にかける必要性があります。

そしてそれらの副作用が出たら、専門医に相談することが重要です。

薄毛治療はフィナステリドとミノキシジルだけではありません。サプリメントや育毛剤、HARG療法、低出力レーザ―、自毛植毛といった方法もあるからです。

AGA治療による副作用まとめ

  • AGA治療薬には副作用がある
  • 専門医の処方により副作用のリスクは低減できる
  • 副作用が原因で治療を中断した人は全体の1%以下
  • 大事なのは副作用を認知しておくこと

AGA治療の副作用に関してまとめると以上のようになります。基本的には副作用に関しては知っておくべきですが、過度に恐れすぎてしまうのも問題です。

どんな薬でも副作用がありますし、副作用を恐れていてはフィナステリドはおろか、風邪薬や頭痛薬ですら怖くて飲むことが出来ません。

本当に重要なのは、信頼できる専門医の指導の元で服用することなのです。

ちなみにAGA治療に最適な病院に関しては、以下の記事をご覧ください。

参考記事:【2018年】AGA治療の病院&薄毛クリニックおすすめ比較ランキング

編集部厳選!AGAピックアップ記事

【2018年】AGA治療の病院&薄毛クリニックおすすめ比較ランキング

AGAセルフチェック!貴方は本当にAGA?

AGA治療に手遅れは存在するのか?真相を徹底解説

【後悔】失敗しない若はげ治療におすすめの病院・クリニックランキング

AGAの記事まとめ

AGAの基礎知識 AGAとは? - AGAセルフチェック - AGAには手遅れはあるの?
AGA治療の知識 AGA治療の効果 - AGA治療の副作用 - AGA治療の期間と流れ - AGA治療の費用 - AGA治療でEDになる? - 育毛メソセラピーの効果 - 自毛植毛のメリット・デメリット
AGA治療薬の知識 プロペシアの効果 - ミノキシジルタブレットの効果 - リアップX5の効果 - フィンペシアの効果
AGAクリニックの選び方 AGAクリニックランキング - 若ハゲクリニック - 名古屋のAGAクリニック
AGAクリニックの口コミ ヘアメディカル - AGAスキンクリニック - 銀座総合美容クリニック
コラム 毛生え薬ランキング - 発毛薬完全ガイド - 育毛サロンの実情 - リーブ21の効果 - AGAに効く育毛剤 - AGAに効くシャンプー