生活保護より給料が少ない低い場合はどうすべき?嫌なら転職するしかないの?

ぶっちゃけ生活保護よりも給料が低い場合はどうすればいいのでしょうか?

  • 一生懸命働いているのに、働いてない人よりも給料が低いのはおかしい!
  • 生活保護はいくらなんでも貰い過ぎ!もっと節約しろ
  • 不正受給をしている人間は全て滅べばいい
  • まじめにやってる人間が損する世の中は間違っている

このような不満を抱えながら仕事をしている人は多いと思います。確かにその通りです。

確かに明らかに歪んでいることは間違いないのですが、現実的の話をすると我々にどうこうできる問題ではありません。

でも安心してください。生活保護の問題点の改善は無理ですが、貴方の給料を生活保護水準よりも高くすることは可能です。

そのためにはどうすべきなのか?について詳しく解説します。

生活保護は年収400万に相当する!この事実とどう向き合うべきか

ちなみに生活保護に関しては、年収に換算するとMAX400万相当だと言われています。

画像出典:生活保護支給額|生活保護ガイド

支給額は月7~15万程度であることが多いです。調べた範囲では月額27万も支給されている家庭もあるようです。

しかも住民税、自動車税、年金、水道料金、高校の授業料などの公共料金や税金が免除になるのも非常に大きいです。

この免除の金額の多さを考慮すると、生活水準的には年収400万相当になると言われています。

本当に必要な家庭ならまだしも、不正自給の家庭の場合は到底許されるものではありません。

高すぎだとか不正受給とか愚痴ってもしょうがない!なすべきことをしよう!

ただし生活保護制度を愚痴っていて、根本的な解決にはなりません。

他人や社会というのは基本的には変えられないんです。変えるとするならば自分自身を変えるしかない。

その方がよっぽど労力が少ないですしね。

本当に変えたいなら政治関係の仕事に就くしかないです。そこまでする気力は到底無いと思うので、やっぱり自分自身を変えるのが一番です。

生活保護よりも年収が低い場合に選択肢となる4つの対処法

そして生活保護よりも年収が低い場合に取るべき方法は4つ存在します。それぞれについて詳しく解説しています。

1.生活保護の差額を請求する:おすすめ度2

最初の選択肢は生活保護の差額請求するという方法です。

これは現状で働いていたとしても、生活保護の受給条件を満たしていた場合は差額の請求することできるというものです。

ただしこの方法は個人的にはおすすめできません。

この方法を取ってしまうと、資産調査や身辺調査をされるだけでなく、不正受給をしていないか身辺調査されることになります。

差額を請求するだけでここまでの制約を受けるのは嫌ですよね。私は嫌です。

2.昇給できるように努力する:おすすめ度1

二つ目が昇給するために努力するという方法です。

これは正攻法に見えますが、危険な考え方だと感じています。というのも生活保護以下の給与しか出さない企業では昇給が期待できない可能性が高いです。

勿論、例外あるので一概にどうこう言えませんが、月額15万以下の給料の場合は企業がそれ以上の金額を出せない場合があります。

この金額しか出せないけど、それでもいいなら雇うよ!というイメージです。

そういう企業に勤めていた場合は、どんなに頑張っても昇給は無理です。この仕事を安い金額でやってくれる人を求めているからです。

3.副業をして収入を補う:おすすめ度3

続けて副業をして収入を補うという方法です。

これに関しては一長一短といったところでしょうか。副業に関しては軌道に乗れば、本業以上に稼げる可能性は秘めています。

しかし副業禁止の会社の場合は、それ相応のリスクがあります。

厳重注意だったり、解雇されたりといった可能性もあります。これに関してはもう完全に自己責任でやるべきでしょう。

4.転職をして年収アップする:おすすめ度5

最後が転職をして年収アップするという方法です。

現状だとこの方法が一番お勧めです。速効性がありますし、転職エージェントを活用することで、年収アップの可能性も高まるからです。

やっぱり環境を変えてしまうのが一番手っ取り早いです。

ですから基本的にはまずは転職することを強く推奨します。生活保護なんかより高い給料を出してくれる会社なんて沢山ありますよ。

ちなみに転職活動をする際に活用して頂きたいのは、後述する転職エージェントです。

おすすめは転職エージェントを活用した年収アップに有利な転職活動

そしておすすめは転職エージェントを活用した年収アップです。

年収アップを実現する転職という観点では、転職エージェントの活用は必須と言っても過言ではないからです。

  • 転職エージェントは質の高い求人を多数保有しているから
  • 転職エージェントのコンサルタントは年収交渉も代行してくれるから
  • 転職エージェント経由での転職は年収アップ確率も高いから
  • 面接対策や職務経歴書対策も行ってくれるから

これらのメリットがあるため、年収アップをしたい場合は転職エージェントを利用しないのはあまり機会損失が多いのです。

今まで転職エージェントを利用したことが無かった人は、この機会に是非登録をしてみましょう。

社会や相手は変えられない!変えられるのは自分しか存在しない!

結局のところは社会や相手は変えられません。変えるなら自分しかないです。

今から自分自身の行動を変えてみれば、自分を取り巻く環境も変化していくはずです。そのための転職であり、転職エージェントなのです。

今までハローワークや求人チラシでの仕事探しをしてきたのであれば、仕事を探す場所を変えてみてください。

転職エージェントには非公開求人という表には公表されていない、優良求人が数多く眠っています。

この機会に転職エージェントに登録して、行動を起こしてみてください。ちなみに転職エージェントは無料登録できますよ。

編集部厳選!転職カテゴリーピックアップ記事

【2018年版】転職エージェントおすすめ人気ランキング!評判を比較

20代におすすめの転職エージェント比較ランキング

目指せ正社員!フリーター・既卒向け転職エージェントおすすめランキング

転職エージェントの特徴と利用するメリット・デメリット

ハローワークの求人で転職がダメなのはなぜ?

2018年版!転職エージェント総合おすすめランキング

当サイトの転職エージェントの総合ランキングです。参考までにどうぞ。

1位:DODA(デューダ)

DODA(デューダ)は転職者の満足度No.1の転職エージェントです。

最大の特徴はキャリアコンサルタントが親身になって対応してくれるところでしょう。実際の利用者の口コミはかなり好評です。

  • 転職者満足度No.1の転職エージェント!
  • 8万件以上の非公開求人とDODA限定求人も豊富
  • キャリアコンサルタント評判は業界でもピカイチ
  • 迷ったらまずは真っ先に登録しておくべきエージェント

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェントは非公開求人数No.1の転職エージェントです。

最大の魅力は非公開求人数が10万件以上と非常に多いこと。大手ならではサポート力でしょう。選択肢を広げるという観点からおすすめです。

  • 転職成功実績No.1の転職エージェント!
  • 年収、条件、入社日程をコンサルタントが交渉代行
  • 土日祝日・平日20時以降も無料で相談可能
  • リクナビNEXTの情報で簡単登録可能

3位:マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職に強い転職エージェントです。

第二新卒向けの大手企業や専門業界への求人が豊富であり、20代でのキャリアップ・キャリアチェンジをしたい貴方は登録すべきサービスです。

  • 20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント!
  • 全国の大手企業や優良企業とのパイプも豊富
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍
  • 特に関東圏の求人が豊富なのが魅力!