23歳の未経験転職を成功させるには?第二新卒であることが強みに

23歳で未経験の分野に転職したいと思った時、社会人経験が少ないため不安になりますよね。

23歳の若さで転職するには、どのようなことを意識した方がいいのでしょうか。

23歳は第二新卒として扱われ、ビジネスマナーを身に付けているだけでなく、バイタリティや将来性があると判断されやすいです。

専門的なスキルよりもやる気や将来性を重視されるため、転職にはいいタイミングとも言えるでしょう。

そこで、23歳で未経験分野へ転職するためのポイントをご紹介します。

23歳で未経験の転職はできる?

23歳で未経験分野へ転職することは可能です。

23歳は第二新卒という扱いになります。転職回数が多いと難易度は高くなりますが、やる気や将来性が認められたら採用されやすく、いいタイミングになるでしょう。

1-1.23歳の転職は「第二新卒」として扱われる

23歳で転職する時は「第二新卒」として扱われます。第二新卒の採用では、経験を重視する企業は少なめです。

企業にとって、第二新卒は社会人経験は少なくても、ある程度のビジネスマナーが身に付いているため、新卒よりも即戦力になる存在としています。

また、年齢が若いので、伸びしろなども期待されているのです。他企業の社風に染まっていないのも、企業にとってはメリットとなります。

1-2.転職回数が多いと難易度が上がる

23歳で複数回の転職経験があると、企業側は採用を消極的にする傾向があります。

何故なら、応募者は何か問題があるのかと不安になるからです。また、入社しても、会社に定着しない人と判断されるかもしれません。

よって、複数回の転職経験がある場合は、面接などで今までの転職経験について説明することになり、難易度も上がるのです。

1-3.企業からはやる気や将来性を求められる

企業が第二新卒採用で重視する項目の1位はやる気です。年齢的にも経験が浅い分、専門的な経験やスキルよりも応募者のやる気で判断しています。

2位は将来性やポテンシャル、3位がバイタリティ、4位が社会人のスキル、5位が考え方は柔軟であるかです。

第二新卒には、新卒と同じようなことを求める傾向にあります。そこで、社会人経験がある第二新卒は有利になるのです。

23歳で考えるべきキャリアプランとは?

23歳と若い年齢でも、キャリアプランを考えることは転職をするうえで大切でしょう。

未経験の仕事は、年齢が上になるほど難しくなります。よって、長期的な視点でキャリアを考えてみるといいのです。

2-1.未経験の転職は年齢が上がるほど難しくなる

未経験で転職する場合、年齢が高いと難しくなり、転職回数が増えると不利になってしまいます。

未経験の仕事は、若いうちに転職をしておくと、採用されやすくなるのです。そのため、23歳の若いうちにキャリアプランを考えることが今後のためにも大切になります。

2-2.長期的な視点でキャリアを考える

未経験の分野へ転職するには、将来のキャリアをイメージすることが大切です。

求める条件をはっきりさせ、5年後や10年後・20年後のイメージを考えてみましょう。そして、転職で実現できるのかを見極めてみるのです

23歳の未経験転職でも積極的に採用してくれる職種は?

どの業界や職種であっても、23歳ぐらいの若さであれば、未経験でも応募できます。

23歳未経験など第二新卒の採用では、新卒の不足分を補うことや、事業拡大の補填を目的にしていることがあります。

つまり、第二新卒の多くは経験を求められないのです。ビジネスマナーなどで即戦力になれればいいでしょう。

よって、どの業界や職種であっても、23歳ぐらいの若さであれば、未経験でも応募ができるのです。

23歳で未経験の転職を成功させるために大切なこと

23歳で未経験の仕事に転職するためには、自分の求める条件を明確にするといいでしょう。面接の際には志望動機をわかりやすくします。

複数の企業への同時応募や転職エージェントの利用も、成功させるための手段です。

4-1.自分が求める条件をはっきりさせる

23歳の転職は、応募できる企業の数が多い方です。そのため、自分の求める条件を明確にする必要があります。

職務内容や職場の環境、福利厚生などで希望があれば、それらを優先してみましょう。

条件が明確になることで、求人の選択をする際にも精度が高まります。そして、自分の希望する条件の企業に就職できる可能性も高くなるのです。

4-2.志望動機を明確にする

志望動機を明確にすることで、分かりやすいアピールができます。

応募した理由やきっかけ、企業理念で共感できる部分などを分かりやすく伝えるといいでしょう。

また、やってみたい仕事内容や自分の強みを明確にすると、自分をアピールできます。

23歳の転職では、やる気や将来性を認めてもらえると採用の可能性が高まるため、企業側に熱意を伝えるといいのです。

4-3.複数の企業へ同時に応募する

複数の企業に同時応募することも大切です。同時応募することで、採用の可能性が高まります。

しかし、企業によって選考スピードは異なってしまうでしょう。内定が出ても、第一志望の結果が出ないと承諾もできません。

よって、書類や面接を提出する時は、希望順位の高い企業や気になっているところから進めていくといいのです。

4-4.転職エージェントの力を借りる

23歳の転職では、分からないこともあるでしょう。そこで、転職エージェントのサポートを受けるのも手段です。

転職エージェントは無料登録ができ、転職活動の様々なアドバイスが聞けます。

特に転職が初めての場合は、転職活動の進め方などを教えてもらうといいのです。自分に合う企業の紹介や企業の選択方法をアドバイスしてもらえます。

23歳未経験転職でエージェントを利用すべき理由は?

23歳が未経験分野へ転職する時には、プロによるアドバイスや面接対策などのサポートがあり、マッチする求人の紹介もある転職エージェントに登録するといいでしょう。

登録することで、スムーズに転職活動が行えます。

5-1.プロのアドバイスが受けられる

転職エージェントは、転職に関するプロです。転職活動の進め方について、アドバイスをしてくれるでしょう。

キャリアカウンセリングを受ければ、応募者の適正や志向などを見極めてくれるのです。

また、未経験の仕事だと、その業界や職種について知識が少ないこともあります。

業界の特性や情報なども教えてもらえるのです。転職エージェントにサポートしてもらい転職活動をすれば、自分の条件に合った企業へ就職できる可能性が高くなるでしょう。

5-2.応募書類の作成や面接対策などのサポートがある

転職活動では履歴書・職務経歴書などの書類作成が必要になります。転職エージェントを利用すると、それらの書類を添削してくれることがメリットです。

履歴書には学歴や就業期間、転職回数や希望給与などを記載することになるでしょう。添削をしてもらうことで、企業にアピールできる内容に近づけるのです。

職務経歴書でも、実務能力や強みなどを記載しておくといいでしょう。

企業はそれらの資料を参考にして、実績だけでなく書類作成能力やプレゼン能力もみています。また、面接対策のサポートも受けることができるのです。

5-3.マッチする求人を紹介してくれる

応募できる求人が多い場合、自分で絞るのは大変です。そこで、転職エージェントに登録すれば、自分の希望や適性にマッチした求人を紹介してもらえます。

未経験の仕事だからこそ、転職活動では情報集めが重要になるでしょう。

転職エージェントから合う求人の紹介をしてもらえれば、ミスマッチな転職活動を減らすことができるのです。

23歳・未経験がまず登録すべき転職エージェント

23歳で未経験の仕事へ転職する場合には、転職エージェントに登録してみましょう。

そこで、登録すべき転職エージェントとして「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」「DODA」のご紹介をします。

6-1.リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手で求人数が多いです。

求人を見ているだけでも、自分の求めるキャリアを見つけることができるでしょう。また、全業界への求人を扱っています。

よって、一つの業種に絞れず幅広い転職活動をする人は、多くの情報を入手できるのです。書類添削や面接指導などのサポートも充実しています。

6-2.マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代~30代など若手の求人数が多いことを特徴にしています。

転職エージェントのスタッフも若い人が多く、相談しやすい環境です。マイナビも業界トップクラスの求人数なので、登録しておくといいでしょう。

年代ごとの転職マニュアルを紹介しているので、自分の年代に合った転職活動ができるのです。

非公開求人も多いので、自力では見つけられない求人も紹介してもらえるでしょう。

6-3.DODA

DODAのエージェントによるカウンセリングは、親身なことが特徴です。

転職希望者の思いを明確にするサポートをし、転職先の業界についての情報収集もしてくれます。

もし、転職活動へ迷いがある場合や転職先に悩んでいる時は、DODAに登録しておくといいでしょう。

キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2人でサポートし、様々な面から転職活動を支えてくれます。

エージェントのサポートで23歳の未経験転職を成功させる

未経験の仕事に転職する場合、23歳は十分に可能性があるでしょう。

その年齢は第二新卒としての強みがあり、多くの企業が求めているのです。その際に、転職エージェントの活用をすれば、さらに成功しやすくなります。

自分の力では見つけられない求人を紹介してもらうこともでき、希望の条件に合った企業への就職が期待できるのです。

また、書類添削や面接指導などのサポートが受けられ、転職活動への自信にも繋がります。

転職活動をスムーズに行い成功させるためには、転職エージェントに登録するといいでしょう。

編集部厳選!転職カテゴリーピックアップ記事

【2018年版】転職エージェントおすすめ人気ランキング!評判を比較

20代におすすめの転職エージェント比較ランキング

目指せ正社員!フリーター・既卒向け転職エージェントおすすめランキング

転職エージェントの特徴と利用するメリット・デメリット

ハローワークの求人で転職がダメなのはなぜ?

2018年版!転職エージェント総合おすすめランキング

当サイトの転職エージェントの総合ランキングです。参考までにどうぞ。

1位:DODA(デューダ)

DODA(デューダ)は転職者の満足度No.1の転職エージェントです。

最大の特徴はキャリアコンサルタントが親身になって対応してくれるところでしょう。実際の利用者の口コミはかなり好評です。

  • 転職者満足度No.1の転職エージェント!
  • 8万件以上の非公開求人とDODA限定求人も豊富
  • キャリアコンサルタント評判は業界でもピカイチ
  • 迷ったらまずは真っ先に登録しておくべきエージェント

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェントは非公開求人数No.1の転職エージェントです。

最大の魅力は非公開求人数が10万件以上と非常に多いこと。大手ならではサポート力でしょう。選択肢を広げるという観点からおすすめです。

  • 転職成功実績No.1の転職エージェント!
  • 年収、条件、入社日程をコンサルタントが交渉代行
  • 土日祝日・平日20時以降も無料で相談可能
  • リクナビNEXTの情報で簡単登録可能

3位:マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職に強い転職エージェントです。

第二新卒向けの大手企業や専門業界への求人が豊富であり、20代でのキャリアップ・キャリアチェンジをしたい貴方は登録すべきサービスです。

  • 20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント!
  • 全国の大手企業や優良企業とのパイプも豊富
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍
  • 特に関東圏の求人が豊富なのが魅力!