在職中に効率よく転職活動する方法!徹底的に無駄な時間を省こう

こちらでは在職中に効率よく転職する方法を解説します。

一言で転職活動と言っても、求人情報のチェック、求人企業の研究、履歴書や職務経歴書の作成や面接など、様々な段階があります。

これらの作業は結構な負担となりますので、無計画に漫然と活動をしていては、思い通りの結果に繋がりません。

ここでは無駄な時間を省き効率的に転職活動を行って、転職を成功させるための方法についてお話します。

在職中に効率よく転職活動するための4つの方法

こちらでは効率よく転職するための4つの方法について、述べていこうと思います。参考にしてみてください。

1.自己分析を行って自分の強みを明確化

効率の良い転職活動という意味でも、自己分析は最初に行いましょう。

大切なことは、しっかりと行った自己分析を前提に、その分析内容にそった自分に合った企業を探して応募することです。

そうすれば応募後に自分の方からミスマッチに気づいて、取りやめてしまうなどの無駄がなくなり、自分の希望に合った企業にだけ応募出来ます。

そのためには自分のキャリアの棚卸しを行い、どのような仕事にどのようなこだわりを持って取り組んできたのか、どんな苦労や成長があったのかを確認します。

その上で、ここは他人にはない自分の強みだ、と言える部分を明確化するのです。

これらの自己分析の中で、自分の今後の展望をはっきりさせていけば、どのような企業に応募をすれば良いのかが見えてくるはずです。

2.企業分析をして自分にあった会社を見極める

そして企業分析をして自分に合った企業を見つけることが大事です。

企業研究を行う一般的な方法としては、求企業ホームページや新聞・業界紙のチェック、会社四季報などの企業情報誌のチェックなどがあります。

その企業の事業内容や業界内でのシェア、将来性や社風等を把握して、自分の自己分析内容とマッチしているかを確認していきます。

自己分析で自分に最適な求人を選択した上で、企業研究を通して実際に応募すべき企業であるかどうか、ふるいにかけていくわけです。

3.転職エージェントに登録してサポートしてもらう

そして効率的な転職をするという意味では、転職エージェントの活用は有効です。

転職エージェントには以下のようなメリットがあり、効率的な転職をするという意味では非常に効果的です。

  1. 面接日時交渉・年収交渉・入社日交渉を代行してくれる
  2. 質の高い非公開求人に応募できる
  3. 志望会社の裏事情などのシークレット情報が聞ける
  4. 転職や退職に関する相談が出来る
  5. 自分に合った仕事を見つけてくれる
  6. 面接で不採用になった理由を確認できる
  7. 履歴書や職務経歴書の添削をしてくれる
  8. 無料で利用することが出来る
  9. 退職トラブル時に相談に乗ってくれる
  10. 貴方の強みを整理してくれる

在職中の転職中はとにかく忙しいです。こういったサポートを代行してくれる転職エージェントは非常に有効です。

4.複数の転職エージェントに登録して優秀なキャリアアドバイザーを見極める

ただし1社だけの転職エージェントに最初から絞ることはおススメできません。

なぜなら、各社の転職エージェントによって得意・不得意分野があり、また1人のキャリアコンサルタントが抱える求職者数にばらつきがあります。

そのため自分の満足できる転職エージェント、キャリアコンサルタントに出会えるとは限らないからです。

そして何よりも大事なのは、自分を担当してくれるキャリアコンサルタントとの相性です。

結局のところ、人間同士がコミュニケーションを取りながら、転職というひとつの目標に向かっていくのですから、相性が悪ければそれだけ効果が出る可能性は低くなります。

ですから最初は複数の転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタントとの相性を見極めながら、1,2社に絞っていくという使い方がおススメです。

効率的な転職を実現するスケジュールについて

効率的な転職を実現するためには、スケジュール管理も必要です。

こちらでは実際のタイミング別の効率的な転職方法について解説していきます。一度参考になさってください。

1.転職前に事前に準備をしっかりと行う

転職前のタイミングで準備をしっかりと行うことが大事です。

まず最初に考えなければいけないのが、なぜ転職を決意したかということです。現状に満足していれば転職という判断に至らなかったはずです。

となれば、転職後は現状よりも良い環境で働けていなくてはなりません。転職理由は人によって様々です。

現職に将来性を感じることができなかったから、上司の仕事のやり方や会社の方針がどうしても我慢できなかったから。

さらにキャリアアップ・スキルアップをしたいから、など。もっと単純に、給料が安すぎる、休みが少なすぎる、というような理由もあるでしょう。

そしてもう一つ重要なのが、自己分析をすることです。企業に採用してもらうために客観的に自分自身を見て整理することが大事です。

2.企業の選定・情報収集をする

そしてしっかりと企業の情報収集と選定を行いましょう。

企業の選定や情報収集を行うのに最も効率的なのは、転職を希望する企業で実際に働いている人に直接話を聞くことです。

誰でも可能な方法というわけではありませんが、知り合いがいる場合は積極的に話を聞きに行きましょう。

さらに、転職エージェントの活用や転職サイトへの登録も有効的です。

様々な角度から情報を収集することで、求人情報を見る目も肥えてきます。情報量が多ければ多いほど、自分の希望条件に近い企業と出会える可能性が高くなります。

3.応募書類作成・面接対策

気になる企業が決まったら、履歴書や職務履歴書などの応募書類を作成して提出していきます。

応募書類を提出してから選考結果まで時間がかかるので、転職活動期間を短縮するためにも複数の企業にまとめて応募するようにしましょう。

複数の企業に応募をして順に面接してもらうことで、面接での疑問点から企業の比較検討を行うことができます。

面接で浮かび上がった疑問点を明確にすることで、次の面接の対策にもなります。

4.引継ぎ・退職手続き

無事に企業から内定をもらうことができたら、いよいよ退職交渉です。

予想以上に退職交渉が長びいてしまったというケースもあるので、退職の意志をしっかりと伝えておきましょう。

後任への仕事の引継ぎは、引き継ぎ書類などにまとめておくとスムーズでしょう。

引継ぎ書類の作成は転職活動中でもできますので、退職の意志を伝えるのと同時に後任に渡せるようにしておきましょう。

効率の良い転職のために転職エージェントの力を借りよう

そして効率的な転職の鍵を握るのは、転職エージェントを活用することです

転職エージェントは自己分析や企業研究のサポート以外にも、履歴書や職務経歴書の作成や書き直しの相談にも乗ってくれます。

一人で転職活動を行うよりもずっと効率的であると言えるでしょう。

さらに面接の日程調整や、転職が決定した後の条件交渉等まで関わってくれる転職エージェントの存在は、転職の効率化を実現させる非常にありがたいものです。

是非とも転職エージェントを活用していきましょう。

編集部厳選!転職カテゴリーピックアップ記事

【2018年版】転職エージェントおすすめ人気ランキング!評判を比較

20代におすすめの転職エージェント比較ランキング

目指せ正社員!フリーター・既卒向け転職エージェントおすすめランキング

転職エージェントの特徴と利用するメリット・デメリット

ハローワークの求人で転職がダメなのはなぜ?

2018年版!転職エージェント総合おすすめランキング

当サイトの転職エージェントの総合ランキングです。参考までにどうぞ。

1位:DODA(デューダ)

DODA(デューダ)は転職者の満足度No.1の転職エージェントです。

最大の特徴はキャリアコンサルタントが親身になって対応してくれるところでしょう。実際の利用者の口コミはかなり好評です。

  • 転職者満足度No.1の転職エージェント!
  • 8万件以上の非公開求人とDODA限定求人も豊富
  • キャリアコンサルタント評判は業界でもピカイチ
  • 迷ったらまずは真っ先に登録しておくべきエージェント

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェントは非公開求人数No.1の転職エージェントです。

最大の魅力は非公開求人数が10万件以上と非常に多いこと。大手ならではサポート力でしょう。選択肢を広げるという観点からおすすめです。

  • 転職成功実績No.1の転職エージェント!
  • 年収、条件、入社日程をコンサルタントが交渉代行
  • 土日祝日・平日20時以降も無料で相談可能
  • リクナビNEXTの情報で簡単登録可能

3位:マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職に強い転職エージェントです。

第二新卒向けの大手企業や専門業界への求人が豊富であり、20代でのキャリアップ・キャリアチェンジをしたい貴方は登録すべきサービスです。

  • 20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント!
  • 全国の大手企業や優良企業とのパイプも豊富
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍
  • 特に関東圏の求人が豊富なのが魅力!