天職はどこにある?転職時の自分に合う仕事の見つけ方

こちらでは自分に合った仕事の見つけ方についてご紹介します。

転職を決意した際に、今と同じ仕事を続けて良いのかと思う方は人は多いと思います。転職する前にその疑問をしっかりと解消していきましょう。

こちらでは自分に合った仕事を探す際のポイントを解説します。

自分に合う仕事にこだわり過ぎるのはNG

まず最初にですが、自分に合う仕事に拘り過ぎるのはNGです。

そこに拘り過ぎると視野が狭くなり、キャリアアップの機会を損失するからです。

実際に転職ができるなら、自分がやってみたかった憧れの仕事をしてみたい。誰もがそう考えるものですが、そこからもう一歩、踏み込んでみると良いでしょう。

なぜかといえば、自分がやってみたい仕事として想像しているものは得てして、今現在の自己の能力内で完結できる仕事であることが多いからです。

転職においては、キャリアアップを目的とした方や、やりがいを求めて次の仕事を探す方々が多くいます。もちろん、現在の待遇があまり芳しくないために、逃避的理由で転職を考えている方もいるでしょう。

しかし、理由はどうあれみなさんに共通していることは、現状を打破したいという強い気持ちがある、ということです。

転職において重要なことの一つに、モチベーションを高い水準で維持し続けることができるか、ということがあります。

まずは、自分が今やってみたいと考えている仕事に、長い期間情熱を向けられるかどうかをよく考えましょう。

その上で、自分に合う仕事であるかということと、ステップアップしていける仕事かどうかということ。こうしたプラスアルファができるかを基準に、お仕事を探してみることをお勧めします。

本当に大事なのはやりがいを感じられるか?

高いモチベーションを保って仕事を続けるには何が必要でしょうか。

高い報酬、ほのぼのとした労働環境、ノルマ・抑圧のない仕事など、色々と思いつくところはあることでしょう。現在の環境に不満がある方は、その状況よりも緩慢な場を求めてしまうものです。

しかし、全ての仕事に共通して言える最も重要なことは、やりがいを感じられるかどうかという点です。

どんなに楽な仕事で、どんなに高額な報酬を得ても、やりがいがなければ人は喜びを感じなくなってしまいます。

社会性を築き文明を発展させてきた人間は、人に頼られたり、自分が必要とされたり、困難なタスクを達成できた時に喜びを感じるようになりました。

あなたの能力によって重要な案件を達成に導くことができたら、グループメンバーはあなたがいてくれたことに感謝することでしょう。そしてあなたもまた、周りから頼られていることを実感することとなります。

やりがいという言葉に具体性はなく、非常に抽象的なものですが、仕事に喜びを見出せるかどうか、と言い換えればわかりやすいかもしれません。

自分が合う仕事を追求することも大切ですが、その仕事にやりがいはあるか。その仕事に自分が必要とされているのかを考えてみて判断することも、転職する仕事を探す上でとても良い方法です。

自分に合う仕事は実際に働かない限りは分からない

今現在、この記事を読んでいる方は大変悩んでいることと思います。

いくつか気になる仕事が見つかったものの、果たしてそれが本当に自分に合っているのかどうかわからないから、ではないでしょうか。

これを言っては元も子もないですが、その仕事が自分に合うのかどうかは、実際に働いてみいないことにはわかりません。

なぜなら、業種が一緒だとしても、会社が違えば業務内容は全く変わってくるからです。
あなたという人間を簡単なテストでは全て理解できないように、一枚の求人票では、そこで行われている仕事を明確に知る術はありません。

実際に働いている方とお会いする機会があれば、もっと現実味を帯びた仕事像が見えてくるでしょうが、それもなかなかできることではありません。

ですから、ご自分が興味があってやってみたいと思える仕事に出会えた時は、自分の能力を発揮することができるかどうかを考え、答えを出すことが必要です。

もちろん、先立つ不安を拭い去ることはとても困難なことです。そんな時は、転職エージェントの存在が、あなたの選択の助けとなることでしょう。

また天職と適職は違うということ認識しておくこと

適職と同じような意味の言葉に天職があります。

厳密に言えば天職と適職の意味が違うので、自分がどちらの仕事を探しているか確認してみてください。「言葉の意味が違うだけ」と思うかもしれませんが、実はどちらを目指すかによって転職活動の方法が違ってきます。

自分が何を重視して転職したいか知ることができるため、改めて考えてみましょう。

天職は仕事に楽しみや生きがいを見出せる仕事

「天職」は仕事をしていて楽しい、またはやりがいを感じられる自分の能力に見合った職種のことです。

自分の能力に見合っている点は適職と同じですが、仕事に対する考え方に違いがあります。適職は生きていく・お金を稼ぐなどの目的を持って、就いている仕事です。

天職は素質とやりがいの両方が揃っているので、人生を豊かにすることができます。

また、最初は苦手と感じていることでも、天職になる可能性があります。天職は能力が合っている部分より、楽しいと感じられる精神面の方が重要なポイントです。

仕事を続ければ能力が磨かれるので、自分の能力に見合う仕事となるかもしれません。さらに、仕事を楽しいと感じることができれば、それがあなたの天職となります。お金を稼げなくても、やりがいを重視するなら天職を探すと良いでしょう。

適職は自分の才能を生かして稼ぐことに適している仕事

一方の「適職」は自分の能力に見合った仕事のことです。好き嫌いを問わず、人には必ず得意なことがあります。極端に言えば計算が得意なら経理、パソコンスキルを持っている場合はIT業界が向いているということです。

適職は自分の才能を最大限に生かせるので、キャリアアップできる可能性が高くなっています。キャリアアップすれば給料が高くなり、お金を稼げるメリットがあります。やりがいより評価されることや給料を重視する場合は、適職を探すのが得策です。

適職を取るか天職を取るかはあなたの決断次第

それぞれの意味を説明しましたが最終的に天職と適職、どちらを取るかはあなた次第です。天職は精神的な充実感を得られるので、仕事の満足度が高いことが特徴となります。

一方の適職は効率良く稼げるため、自由にお金を使うことができます。お金の使い方を工夫すれば、人生を豊かにすることは十分可能です。

天職を探す場合、まずは自己分析をすると良いかもしれません。自分が何をしたいのか、将来的にどんな人になりたいのか考えると天職の傾向が見えてきます。

適職なら、自分の得意分野で求人を探すのが得策です。給料などの待遇をしっかりチェックして求人を選べば、適職を見つけることができます。

自己分析をして自分の強みや喜びを確認しよう!

あなたは今現在の自分の能力を正確に判断できますか。また、自己PRを求められたとして、3分間話し続けることはできるでしょうか。

長く仕事をすればするほど、自分が自分自身の評価をする機会は減り、自分の強みが何だったのかを忘れてしまうようになります。

学生の時は言えたはずの長所が、わからなくなってしまうのです。

しかし、短所しかないという人間はいませんから、自分にしかない強みが必ずあるはずです。転職やキャリアアップをお考えになったこの機会に、自らがもっている強みを思いつく限り書き出して、把握してみましょう。

そして自分の強みがわかれば、どんな仕事に向いている能力かが絞られ、自分の能力が発揮できるフィールドの具体的イメージがつかめます。

さらに、自分の強みを知ることに加えて、自分がどんなことで喜ぶ人間なのかを理解することができれば、どういったことにやりがいを求めているかという部分も見えてきます。

自分がわからないことを人に教えることができないように、自分のことを知らなければ自分が何をしたいのかもぼやけてしまいます。

まずは初心に返って自己分析を実践し、自らの強みを整理してみましょう。やりたいことは、そこから見えてくるのではないでしょうか。

このコンテンツのまとめ

この仕事が自分に一番合っていると胸を張って言える人は、世の中に一体どのくらい存在しているのでしょうか。

正確な数はわかりませんが、決して多くはないだろうということは想像ができます。しかし、この仕事は楽しい。この仕事は面白い。と思って仕事ができている人の数は、先ほどの問いと比較すればずいぶん多くなりそうですね。

自分に合った仕事を、やりがいのある仕事を、と考えて次の仕事を探してしまいがちですが、その選択がどうなるかは実際に働いてみないことにはわかりません。

しかし、向上心を持って仕事をすることで、あなた自身の能力は成長させることができます。そして自分の能力が向上すれば、人から頼られる存在となり、やりがいも感じることができるでしょう。

あなたにとって天職となる仕事は何もひとつだけではなく、全ての仕事がそうなる可能性を秘めています。逆に、自分に合っていそうな仕事が、必ずしも天職となるとも限りません。

考えれば考えるほど不安も募るものですが、まずはできるところから。自分の持つ能力を把握するところから始めてみてはいかがでしょうか。

編集部厳選!転職カテゴリーピックアップ記事

【2018年版】転職エージェントおすすめ人気ランキング!評判を比較

20代におすすめの転職エージェント比較ランキング

目指せ正社員!フリーター・既卒向け転職エージェントおすすめランキング

転職エージェントの特徴と利用するメリット・デメリット

ハローワークの求人で転職がダメなのはなぜ?

2018年版!転職エージェント総合おすすめランキング

当サイトの転職エージェントの総合ランキングです。参考までにどうぞ。

1位:DODA(デューダ)

DODA(デューダ)は転職者の満足度No.1の転職エージェントです。

最大の特徴はキャリアコンサルタントが親身になって対応してくれるところでしょう。実際の利用者の口コミはかなり好評です。

  • 転職者満足度No.1の転職エージェント!
  • 8万件以上の非公開求人とDODA限定求人も豊富
  • キャリアコンサルタント評判は業界でもピカイチ
  • 迷ったらまずは真っ先に登録しておくべきエージェント

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェントは非公開求人数No.1の転職エージェントです。

最大の魅力は非公開求人数が10万件以上と非常に多いこと。大手ならではサポート力でしょう。選択肢を広げるという観点からおすすめです。

  • 転職成功実績No.1の転職エージェント!
  • 年収、条件、入社日程をコンサルタントが交渉代行
  • 土日祝日・平日20時以降も無料で相談可能
  • リクナビNEXTの情報で簡単登録可能

3位:マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職に強い転職エージェントです。

第二新卒向けの大手企業や専門業界への求人が豊富であり、20代でのキャリアップ・キャリアチェンジをしたい貴方は登録すべきサービスです。

  • 20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント!
  • 全国の大手企業や優良企業とのパイプも豊富
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍
  • 特に関東圏の求人が豊富なのが魅力!