転職先の仕事の探し方!優良求人を探す8つの方法と見つけ方

今の仕事を辞めて新しい仕事を探したい、そんな風に思っている人もいるでしょう。そこでどの方法で新しい仕事を探したらよいか、迷っている人も多いかもしれません。

仕事探しには様々な方法があり、優良求人を探そうと思ったらそれぞれの方法にメリット・デメリットを把握する必要があります。

そこで今回は新しい職探しに有効な8つの方法についてご紹介しましょう。

転職での優良求人の探す4ステップについて

そもそも優良求人とは人によって考え方が異なりますが、倒産しない・社内の雰囲気が良い・給料や残業時間などのルールが決まっているといった要素が挙げられます。

今回はこれらの要素に当てはまる企業を優良求人と表現します。まず、転職活動を行う時は4つのステップに従って、優良求人を探す努力をしてください。

1.自分にとって絶対に妥協できない条件を整理する

先述したように、優良求人の考え方は人それぞれです。自分が重視するポイントを決めれば、あなたが探している優良求人を見つけられる可能性があります。

例えば現在の職場で不満に思っていることを挙げてみましょう。給料が安い・残業時間が長い・人間関係が上手くいかないなど、不満に思っていることを妥協できない条件にする方法があります。

現在の職場とは違った企業へ転職できるため、悩みが解決するかもしれません。年収・残業時間・休日の取りやすさ・自分のやりたいことができる、これらのことを条件に挙げる人が多いです。

妥協できない条件を決めたら、次は優先順位をつけていきます。年収を最も重視する人は求人の給料をチェックすれば、理想の職場が見つかります。

逆に年収にこだわらず、雰囲気や社員の人柄に重点を置くなら社風の部分をチェックすれば良いのです。このように妥協できない条件と優先順位を決めることで、自分に合った企業を探すことができます。

2.転職サイトやエージェントに登録して求人を探す

条件を決めたら、転職サイトや転職エージェントに登録することも忘れないでください。転職サイトは自分の好きなタイミングで転職活動できることが魅力です。

携帯端末があれば、外出先でも活動できます。さらに、求人を探すだけではなく、スカウトを受けられるメリットがあります。

スカウトは企業から直接「応募しませんか?」とオファーされることです。自分が思っていなかったような企業と出会える可能性があるため、転職活動の幅が広がります。

一方の転職エージェントはプロのアドバイザーが所属しています。あなたの転職活動を求人探しから転職後の給料などの交渉まで、全面的にサポートしてくれるサービスです。

転職エージェントは企業から手数料を貰っているので、転職希望者は基本的に無料で利用できます。アドバイザーが会社へ直接訪問して求人情報を集めているため、社員の人柄などのリアルな情報を入手できるかもしれません。

さらに、履歴書や職務経歴書といった書類の添削まで行ってくれます。初めて転職活動する人は利用してみてください。

3.ブラック企業でないことを見極める

転職サイトや転職エージェントで求人を探す際、ブラック企業を見極めることが大切です。ブラック企業の特徴を理解していれば、自然と優良求人を見つけられるかもしれません。

優良求人と同じようにブラック企業も人によって考え方は違いますが、長時間労働・低賃金・社員の態度が悪いといった特徴があります。

ホームページが更新されていない、またはリンクが切れている時は注意が必要です。企業の顔となるホームページの更新をきちんと行っていない所は、優良求人とは言えないでしょう。

代表者の挨拶をチェックして、ありきたりな内容しか書いていない場合は「裏の顔があるかも」と疑ってください。逆に設立したきっかけや嬉しかったことなど、具体的な体験が記載されている場合は信憑性が高いです。

求人に「未経験者歓迎」「学歴不問」などの条件を提示しながらも、年収が明らかに高い所はブラック企業の可能性があります。

なぜなら特別な技術を持っていない人が応募できるにも関わらず、高待遇になっているからです。実際に転職すると年収が低いケースもあるため、高待遇過ぎる求人は慎重に応募しましょう。

4.企業分析を行い志望企業を分析する

ブラック企業でないことが判明すれば、企業分析を行います。細かい部分までチェックすると、優良求人を見つけられる可能性が高まります。

企業分析で非常に役立つのは、社員の口コミです。実際に働いていた社員からの意見は信憑性が高く、企業の本当の顔を知ることができます。

転職エージェントなら社員の口コミまで教えてくれるので、適宜活用してください。最初に決めた条件や優先順位と照らし合わせながら、志望企業を分析することが大切です。

調べた企業は良い部分・欠点・感想を箇条書きでメモしておくと、後で比較しやすいかもしれません。

地方での求人の探し方・求人を見つける際の4つの注意点

都会と地方では、転職活動の方法が若干異なります。東京や大阪などの都会は慢性的な人手不足の企業が多く、企業を比較的自由に選ぶことができます。

一方の地方は企業自体は少ないかもしれませんが、実は優良求人が多いです。これから述べる4つの注意点さえ押さえておけば、意外と楽に素敵な職場と出会えるかもしれません。

1.地方は転職エージェントでは求人が少ない場合あり

転職サイトや転職エージェントは地方でも利用できますが、求人数が少ない傾向にあります。

しかし、地方企業は都会より人口(消費者)が少ないにも関わらず、営業を続けていることがポイントです。個性的な商品を販売している・社員の人柄が良いなど、どこかに地元住民から評価されているポイントがあります。

特に地方の中小企業は1人1人のお客様を大切にしている所が多く、社風が非常に良いです。求人数が少ないからと諦めず、1つずつしっかり分析することが転職活動を成功させる秘訣と言えます。

2.求人数はハローワークが一番だがブラック企業も多い

求人数の多さを重視するなら、ハローワークが最適です。ハローワークは求人の掲載料が無料なので、数多くの企業が求人を出しています。

ちなみに、地方だけではなく、全国の求人をチェックすることが可能です。都会から地方へ行くIターン、または地元へ変えるUターンを考えている人はハローワークが向いています。

求人票はフォーマットが作成されているので、複数の企業を比較しやすいメリットがあります。インターネットがあれば誰でも応募できる転職サイトの求人と違って、ライバルが少ないこともハローワークの魅力です。

転職サイトと同じようにスカウトのサービスを実施しているハローワークもあるので、是非利用してみてください。ただし、掲載料が無料であることから、ブラック企業が多い点に注意しましょう。

3.個人でブラック企業を見極める力が大事

ハローワークにはブラック企業が多いものの、先述したテクニックを駆使すればブラック企業を避けて応募することが可能です。

さらに、新しい支店を出しているか、チェックすると良いでしょう。新しい店舗を展開している企業は、それだけ資金面で余裕があるということです。

今後も事業を拡大する可能性があるため、優良求人かもしれません。また、新店舗がある企業は単純に人手が足りていないので、採用されやすいメリットもあります。

ホワイト企業は離職率が低く、なかなか求人を出さないことが特徴です。つまり、あまり求人を出していない企業を探せば良いことを意味します。

最近は企業のハローワーク利用率を確かめられるサービスがあり、簡単にブラック企業とホワイト企業を見極めることができます。是非個人でブラック企業を見極められる力を身に付けてください。

特徴を徹底解説!仕事を探す8つの方法

より効率的に理想的な仕事を見つけるためには、複数の方法について知り、上手に活用することが大切だと言えます。

職探しの方法には大きく分けて以下の8つが存在します。

  1. ハローワーク
  2. 新聞求人・折込チラシ
  3. フリーペーパー
  4. ヘッドハンティング・スカウト
  5. 人脈・コネ
  6. 紹介予定派遣・正社員登用制度
  7. 転職サイト
  8. 転職エージェント

これらについてこれから解説していきたいと思います。

1.ハローワーク

ハローワークは厚生労働省設置法第23条に基づいて日本全国に設置されている公共職業安定所です。

ここでは多種多様な企業の求人票があって求人情報を検索できるだけでなく、雇用保険関連の手続きなど幅広いサービスを提供してくれるのが大きな特徴です。

その一方、無料で求人情報を掲載できるため、いわゆるブラック企業のような待遇や社内環境において質が良いとは言えない求人情報も多いことが問題点として挙げられます。

2.新聞求人・折込チラシ

新聞や折込チラシの求人広告で仕事を探すのも昔から定番の方法です。

昔ながらのアナログな方法ではあるものの、その注目度の高さから現在でも多くの企業が新聞や折込チラシに求人広告を出しています。

掲載されるには広告費を支払わなければならないため、ハローワークよりはある程度の質の保証はされますが、それでも新聞広告は優良広告という思い込みは禁物です。また古い企業やその地域の中小企業の求人が多く、年齢層も比較的高めなのが特徴です。

3.フリーペーパー

駅などで無料で簡単に入手することができ、新聞を読む世代からあまり読まない世代まで幅広くアプローチしているのがフリーペーパーによる求人広告の大きな特徴と言えます。

特に大手のフリーペーパーは自社が運営しているインターネットの求人情報とリンクしていることが多いので、ネットが苦手な人でも手軽もネットにあがっている求人情報に触れることができます。

4.ヘッドハンティング・スカウト

社内で目覚しい活躍をしている場合には、他社からヘッドハンティングやスカウトの声がかかることもあります。

ヘッドハンティングやスカウトはかつては外資系企業で多く行われていましたが、現在では日本の企業でも多く見られるようになり、人材ビジネスの一角をなしていると言えるでしょう。

とりわけ人材紹介会社によるサービスの一環としてヘッドハンティングが行われていることも多く、そのようなサービスを提供している会社はヘッドハンティング会社と呼ばれています。

ヘッドハンティング会社は求人票を元に、その会社独自のネットワークなどを駆使して人材をスカウトするのが特徴です。ただし気をつけなければならないポイントとして、ヘッドハンティング会社をうたった詐欺が多発していることが挙げられます。

もしヘッドハンティングの声がかかった場合には、今勤めている会社を退職する前に、きちんとその相手の会社を調べることが大切です。

5.人脈・コネ

学生時代の友人のほか、現職や前職の同僚、社会に出てから知り合った友人といった人脈やコネが転職につながるケースもあります。

人脈やコネを利用して転職につなげたい場合には、必ずしもその友人が人事の担当者である必要はありません。なぜならその友人から採用の権限がある人を紹介してもらえばいいからです。

そのためにも普段から人付き合いを良くしておくことは大切だと言えます。また現在勤めている会社の取引先から探すのも一つの手段です。特にコンサルティング業界や人材業界の人は顧客とのつながりから転職するというケースが多く見られます。

6.紹介予定派遣・正社員登用制度

紹介予定派遣とは、派遣期間の終了後に双方の同意の上で正社員として登用される制度です。通常の派遣とは違って、派遣契約で就業する前に書類選考や面接が実施されることが多いという特徴があります。

紹介予定派遣・正社員登用制度は一定期間を派遣社員の契約で働くことにより、実際の仕事内容や職場を見極めることができたり、未経験から希望の仕事に就けるチャンスがあったりするというメリットがあります。

それだけでなく自分の力だけでは探すことのできなかった企業に出会えますし、転職活動のための労力や時間を節約することもできます。

ただし派遣期間後の正社員登用は確約されているものではなく、その見極めは、企業側にも同様にあるということは忘れてはならないポイントです。

7.転職サイト

転職サイトには様々な業界や職種から比較的幅広く求人を掲載している総合型のサイトと、外資系やMBAホルダー向けの求人を中心に扱う「daijob」のようにある程度ジャンルを絞ったサイトがあります。

それぞれのサイトには特色があり、コラムが充実している「リクナビネクスト」やレジュメ添削のような個別フォローサービスのある「マイナビ転職」などが人気です。

またネット上に掲載されているほとんど全ての求人情報を探すことができる求人検索エンジンの「ジョブダイレクト」なども便利です。

8.転職エージェント

転職エージェントとは、登録をすることでエージェントから転職相談に乗ってもらえるサービスです。企業の求人紹介のほかキャリア相談や面接のセッティング、給与相談など、転職に必要な様々なサポートをしてもらうことができます。

転職エージェントには業界を横断して大量の案件を持っている総合型と、業界や職種を絞ることで専門的な案件を得意とする特化型の2種類があります。

特化型の場合、外資系企業とアパレル、エグゼクティブに特化しているところが多くあります。完全無料のところがほとんどなので、まずは気軽に登録してみるとよいでしょう。

この中で一番現実的なのは転職エージェント

もしも転職エージェントに登録してサービスを受けることができるようでしたら、最も転職に有利な方法は転職エージェントです。

その大きな理由としては専任のアドバイザーに付いてもらえることで様々な情報を得られたり、転職の際に有利なアドバイスを受けられることにあります。また面接日程や給与額の交渉、入社時期など企業との調整を行ってもらえるのも嬉しいポイントです。

このことによって転職活動中に自分自身のキャリアを客観的に見つめ直すことができるでしょう。

また転職エージェントではネットや広告には出てこない非公開求人を見つけることができるほか、専任のアドバイザーが面接とは別に人事担当者に強く推薦してくれる場合も多いので転職の成功率が高いのも大きな特徴です。

このコンテンツのまとめ

転職の際の職探しの方法には様々なものがありますが、どれか1つの方法ではなく様々な方法を併用することが理想の仕事へ転職するためにも大切なポイントと言えるでしょう。

また転職エージェントのように情報だけでなく、様々なフォローを受けることができるサービスを活用するのがおすすめです。

気をつけるべきポイントとしては、転職活動を行う場合にはリスクヘッジのためにも現職中に次の職場を見つけることです。

今回ご紹介したサービスを活用して最高の転職先と出会え、新しい一歩を踏み出すことができますよ。

編集部厳選!転職カテゴリーピックアップ記事

【2018年版】転職エージェントおすすめ人気ランキング!評判を比較

20代におすすめの転職エージェント比較ランキング

目指せ正社員!フリーター・既卒向け転職エージェントおすすめランキング

転職エージェントの特徴と利用するメリット・デメリット

ハローワークの求人で転職がダメなのはなぜ?

2018年版!転職エージェント総合おすすめランキング

当サイトの転職エージェントの総合ランキングです。参考までにどうぞ。

1位:DODA(デューダ)

DODA(デューダ)は転職者の満足度No.1の転職エージェントです。

最大の特徴はキャリアコンサルタントが親身になって対応してくれるところでしょう。実際の利用者の口コミはかなり好評です。

  • 転職者満足度No.1の転職エージェント!
  • 8万件以上の非公開求人とDODA限定求人も豊富
  • キャリアコンサルタント評判は業界でもピカイチ
  • 迷ったらまずは真っ先に登録しておくべきエージェント

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェントは非公開求人数No.1の転職エージェントです。

最大の魅力は非公開求人数が10万件以上と非常に多いこと。大手ならではサポート力でしょう。選択肢を広げるという観点からおすすめです。

  • 転職成功実績No.1の転職エージェント!
  • 年収、条件、入社日程をコンサルタントが交渉代行
  • 土日祝日・平日20時以降も無料で相談可能
  • リクナビNEXTの情報で簡単登録可能

3位:マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職に強い転職エージェントです。

第二新卒向けの大手企業や専門業界への求人が豊富であり、20代でのキャリアップ・キャリアチェンジをしたい貴方は登録すべきサービスです。

  • 20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント!
  • 全国の大手企業や優良企業とのパイプも豊富
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍
  • 特に関東圏の求人が豊富なのが魅力!