転職期間は平均はどのくらいかかるの?最短は何日?

こちらでは、平均的な転職にかかる期間や転職までの期間を左右する要因についてご紹介していきます。

転職を意識するようになっても、次の職場が決まらないうちにすぐ退職するのは危険です。

転職にはある程度期間が必要になりますので、まずはどれくらいの日数がかかるのかを把握してから退職までのスケジュールを組みましょう。

転職期間の平均は3か月から半年くらいが多い

転職を思い立ってから仕事を替わるまで平均的な期間は、大体3か月から半年くらいといわれています。

一般的には、転職を開始するとしても、まず自分がどのような仕事に向いているのか、どこで働きたいのかなどの自己分析から始めなければなりません。

そして、求人誌やハローワークなどの仕事をあっせんしているところに行き、やってみたいと思えるような職場を探していきます。

候補が見つかれば、その企業の情報を集めて応募用の履歴書や職務経歴書などの書類を作成します。ここまでで大体、2週間程度です。

応募してから面接までは、募集している規模や会社によってずいぶん異なります。

まとまった人数の面接を行う場合には、日程を複数に分けて面接を行った後、面接官や役員などが話し合って誰を採用するか審査します。

募集をかけてから締め切りまでにまだ時間がある場合、大規模な応募を行っている場合は、応募してから面接までの期間が2か月近くかかることも珍しくありません。

内定が出た場合には、すぐに現在の職場に退職の意図を伝えます。

引継ぎや挨拶、新しい職場への準備などが必要ですし、多くの職場では退職する1か月以上前に意思表示しなければならないため、ここで1カ月近く日数が必要になります。

これらを合計すると、3か月程度はかかるという平均値は妥当といえるでしょう。

転職期間は最短では2週間から1か月で可能

転職期間は数か月単位かかることがほとんどですが、中には最短で2週間~1か月程度の人もいます。

例えば、具体的な転職活動をする前から、自分に合った職場をこまめにチェックしていたり、退職までのスケジュールを組んだりしていると、タイムロスを極力抑えることができるため、企業の面接スケジュールによっては短時間で転職できます。

また、転職エージェントを活用すれば、書類審査や面接のスケジュールを優先的に進めてもらえるため、さらにスピーディーな転職が可能です。

転職エージェントの中には、現在の職場に対するサポートを行ってくれるところもあり、退職に向けての準備を計画的に進めていれば、上記のような最短での転職もできます。複数の企業に対して同時進行で応募すれば、希望に近い職場を見つけやすくなるでしょう。

ただし転職活動前に現職の退職前告知期間は必ず確認

ただし転職活動前に現職の退職前告知期間は必ず確認しておきましょう。

一般的な企業の場合は1~2か月前に退職の意向を伝えてくれと、就業規則に記載されています。これは企業によりマチマチです。

「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し出をすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。」

本文引用:民法627条第1項

しかし法的には2週間前告知すれば退職をすることが可能です。ですからこれの確認は円満退職をするために必要だと言えます。

転職期間の長さを決定する4つの要因

転職期間の長さは、企業側の事情で変化することもあれば、自分自身の準備や手続きの進め方によって左右されることがあります。

転職期間の長さを決定する要因は4つあり、自分でできることはうまくコントロールすれば、当初の予定よりも短期間で転職が完了するでしょう。

もちろん、複数の要因について短縮化を図れば、さらに手続き完了までの期間が短くできます。具体的には以下の4つです。

  • 今の仕事の状況(引継ぎ・繁忙期)
  • 転職希望先の採用状況
  • 在職中か退職後に転職をするか
  • 必要な資格取得や勉強期間

早速ですが、以上の4つについて詳しくみていきます。

1.今の仕事の状況(引継ぎ・繁忙期)

転職するからには、今の職場の仕事をきちんとしておかなければなりません。

また、退職の意思を伝えるのは大体退職日から1か月以上前でなければならないといわれていますので、ぎりぎりまで働く予定ならば次の職場が決まってからすぐに辞表を出す必要があります。

退職するまでに現在の仕事の引継ぎをしなければなりませんが、繁忙期には目の前の仕事を片付けながらの作業になるため、思い通りにいかないこともあります。

転職を意識しだしたら、手を付けている仕事をデータや書類でまとめておき、引継ぎにかかる時間を短縮しましょう。

いい加減な引継ぎで退職すると、転職後も連絡が頻繁にきたり、不誠実な退職をしたといううわさが広がったりする恐れもあります。

2.転職希望先の採用状況

転職希望先の企業が、面接をしてから早めに内定を出すところであれば、転職にかかる時間はかなり短くなります。

こればかりは募集人数や会社の規模、採用時期などによって異なってきますし、自分の意思で変更できるものではありませんので、面接のときにこの時期までは引継ぎで残りたい、あるいは逆に早めに転職したいなどの希望を伝えるくらいしかできません。

採用のタイミングが重要な場合には、転職エージェントにその旨を伝えて条件に見合った企業を探してもらうのも一つの方法です。

3.必要な資格取得や勉強期間

職場によっては、資格を取得していなければ採用されない業務もあります。

この場合、応募する前にその資格の試験を受けておかなければなりませんので、通常よりもかなり時間がかかってしまうでしょう。

特に、年に一度しか試験を行っていないような資格の場合には、転職を成功させるまでに数年かかることもあります。難易度の高い試験の場合には一度で合格できるとも限りませんし、畑違いの分野ならば勉強だけでもかなりの日数が必要です。

どうしてもやりたい仕事があるときは、早めに勉強を始めておくことをおすすめします。

また、中には採用後に会社のサポートで試験勉強をさせてもらえるところもあるため、募集内容を見てから無資格で募集しているところに応募するのも一つの方法です。

4.在職中か退職後に転職をするか

在職中に転職をするときは、内定をもらってから退職までに1カ月近くかかるため、どうしても転職期間が長くなります。

一方、引継ぎや準備を早めに済ませ、退職してから転職する場合には、内定をもらったらすぐに新しい職場に移ることができますが、それまでの収入が絶たれます。

これは、本人が収入と転職時期のどちらを優先させるかでベストな方法が変わってくるため一概には言えません。

ただ、転職エージェントなどを介してほぼ内定が確実な転職を進めている場合には、ある程度転職の話が進んだ時点で退職し、内定のタイミングですぐ転職できる状況にするという方法もあります。

在職中に転職活動をする場合は転職エージェントを活用しよう!

これまで説明した方法とは違って、在職中に転職活動を行う場合は企業の労働時間に合わせてスケジュールを組む必要があります。

そんな時に転職エージェントを活用すると非常に便利です。転職エージェントは転職活動を全面的にサポートしてくれるので、スケジュールの余裕を作ることができます。

先程早い人は2週間~1ヶ月で転職できると述べましたが、それは基本的に転職エージェントを活用したケースです。

自分の力だけで転職活動を行う場合は3ヶ月~半年程度かかります。ちなみに、応募から面接までの時間によって転職するまでの期間が変動するので、あくまでも目安として考えてください。

在職中に転職エージェントを活用して採用試験に臨む場合、主に4つのメリットがあります。

1.面接日や入社日の調整をしてくれる

スケジュールの余裕を作りやすい理由は、転職エージェントのキャリアアドバイザーが面接日や入社日を調整してくれるからです。

キャリアアドバイザーは現在の職場や転職先のことを考慮してスケジュールを組んでくれるので、自分で予定を考える手間が省けます。

勿論、プライベートの予定がある場合は事前に伝えておけば、それを踏まえてスケジュールを考えてくれます。

また、いつまでに履歴書を提出すれば良いかなど、締切日に関してもキャリアアドバイザーが管理するケースが多いです。締め切り日を忘れてチャンスを逃す心配がなく、現在の仕事と転職活動に集中できます。

2.退職時のトラブルの相談に乗ってくれる

在職中に転職活動する場合、引き継ぎ・挨拶・転職準備で約1ヶ月かかります。しかし、退職時にトラブルが発生すると、さらに期間が延びる点に注意してください。

代表的な例として仕事が忙しい時期で退職できない、引き継ぎが上手くいかず辞められないといったケースが挙げられます。退職できないと転職するまでの期間が延びていくので、困った時はキャリアアドバイザーに相談しましょう。

キャリアアドバイザーは退職時のトラブルの相談にのり、企業との話し合いを円滑に進めてくれます。残業代が支払われていないといったトラブルにも対応可能です。

トラブルが早く終息すれば次の職場へ移れるため、転職期間が短くなります。転職期間は国民健康保険にも深く関わって来るので、トラブルが起きそうな時は事前にキャリアアドバイザーに相談しておくと良いかもしれません。

3.応募書類の添削や面接対策もしてくれる

そして、転職期間が短く済む最大の理由は転職エージェントの力を借りれば、採用されやすいからです。

キャリアアドバイザーはプロの目線から履歴書や職務経歴書といった応募書類の添削を行ってくれます。業界に合わせたテクニックを教えてくれるので、高く評価される書類と成り得ます。

現在の企業の仕事内容を示す作品やレポートの提出が求められる場合は、それらの添削も行ってくれるでしょう。添削だけではなく、履歴書や職務経歴書の基本的な書き方も丁寧に教えてくれます。

転職エージェントは企業に関する詳細情報を把握しているので、その企業で実施された過去の採用試験を参考にしながら問答集を作ってくれるケースが多いです。

面接前に問答集をチェックすると、どのようなことが聞かれるか把握できます。さらに、あらかじめ質問に対する答えを用意しておけば、本番でスムーズに応答できる可能性が高いです。

実際にキャリアアドバイザーが面接官になって模擬面接を行うサービスもあるため、緊張しそうな人は利用してみてください。このようにプロのアドバイスを受けながら転職活動できるので次の職場が早く決まり、転職期間が短くなるという仕組みです。

4.入社時の年収などの条件交渉もしてくれる

転職活動が上手くいって内定を貰ったら、企業と個人の間に立って入社時の年収やポジションの交渉を行ってくれます。

自分で交渉するより要望を伝えやすいので、理想のポジションで勤務できる可能性が高いです。現在の職場がなかなかやめられない場合は、この時に入社日の調整を行ってくれます。

以上の4つが転職エージェントを利用するメリットです。しかしこの4つ以外にも転職エージェントには多くのメリットが存在します。詳細はこちら。

退職後に転職活動をする場合は空白期間・ブランクに注意!

転職活動を行う場合、主に2つのパターンがあります。

1つ目は退職してから転職活動を始める方法で、2つ目は現在の職場で働きながら採用試験を受ける方法です。

前者は企業の労働時間に制約されず、自分のペースで転職活動できるメリットがあります。特に仕事が忙しい時期は通常業務・引き継ぎ・転職活動を同時並行しなければならず、退職後の方が楽かもしれません。

しかし、これから述べる4つの注意点があるので、事前に確認しておきましょう。

1.金銭面や無職期間の焦りから妥協してしまう可能性もあり

退職後に転職活動する場合、当然ですが転職先が決まるまで収入がありません。

無職期間の焦りによって妥協してしまうケースもあるので、慎重に転職先を選ぶことが大切です。

転職を決意した段階でスケジュールを組み、どれくらい無職期間があるか考えておくと良いでしょう。例えば退職後1~3ヶ月の短期決戦を考えている場合は、在職中に3ヶ月分の生活費を貯金しておけば問題は解決します。

資格取得などの準備に時間をかけたいなら、多めに貯金しておくと焦らずに転職活動に臨めます。

2.厚生年金や国民健康保険の加入が必要になる

現在の企業に勤務している間は、その企業で加入する健康保険が適用されますが、退職した翌日からは未加入となります。

半年~1年などある程度ブランクがある場合は親や配偶者の扶養に入れば、未加入を逃れられます。慎重に考えなければならないのは1~2週間程度のブランクがある時です。

実は早い人で2週間~1ヶ月で転職先が決まるので、退職から転職までそれほど日が空いていないケースも少なくありません。

多少のブランクがある時の選択肢として、新たに加入する・任意継続被保険者になる・手続きをしないという方法が挙げられます。

退職後に自分で国民健康保険に加入すると転職先でも保険料を支払うので、二重払いの危険性が出て来る点に気を付けてください。

現在の企業に2ヶ月以上勤務している場合は、任意継続被保険者になることが可能です。これは退職後も最大2年間、前職の国民健康保険に加入できる制度となります。

しかし、全額自己負担となるため、勤務していた時より保険料が高くなる注意点があります。ブランクが14日以内の場合は新たに加入した方が保険料が安い傾向にあり、ブランクが長い場合は任意継続被保険者になるのが得策です。

ちなみに、国民健康保険は未加入になってから14日以内に手続きすれば問題ありません。退職後14日以内に怪我や病気を患った場合は1度自分で全額を支払い、必要な手続きを済ませれば治療費の約7割が返って来ます。

3.空白期間が空くほど不利になるのは否めない

一般的に空白期間が短いほど、転職活動で高く評価されます。

なぜなら生活のサイクルがそれほど変わらないまま転職先に移れるので、会社に馴染みやすいからです。逆に空白期間が空くと採用試験で不利になるケースがあるため、注意しながら転職活動を行ってください。

4.ブランク期間に何をしていたか理由を明確化

ブランク期間があると、面接で「この期間は何をしていましたか?」と聞かれることが多いです。

資格取得や留学など、転職先で生かすスキルを磨いていた場合は正直に伝えればマイナス評価されることはありません。むしろ意欲がある人と判断されて、プラス評価される可能性があります。

転職活動が上手くいかなかったなど、特別な理由がない場合は「アルバイトをしながら業界分析をしていた」というように悪いイメージを与えない言い方で伝えることが大切です。

アルバイトやパートでも無職より評価されやすいので、ブランク期間中に働いていたなら必ず伝えておきましょう。

退職は慎重に!スピード重視ながら転職エージェントを利用

転職活動にかかる期間は応募する企業によってさまざまです。

スピーディーに転職先を決めたい場合は転職エージェントを利用して、スケジュール調整や面接対策のサポートを受けるのが得策です。

実際に転職エージェントを活用するならキャリアアドバイザーの質・求人の数・通いやすさなど、さまざまな部分を比較して利用しやすい所を選びましょう。

このコンテンツのまとめ

このように、転職活動は平均すると数か月の期間が必要になるため、安易に退職してから仕事探しに集中するというのはお勧めできません。

もちろん、勝算があって情報収集や面接などに時間を使うという方法もありますが、そうなると退職準備と転職活動の順が逆になり、転職活動を始める時間が遅くなってしまいます。

条件の良い職場との出会いは時間がかかることもありますし、希望の職場が見つかっても、必ず内定がもらえるとは限りません。

自分に合った転職スケジュールを組んで、利用できる転職エージェントなどのサービスも活用し、より良い条件で働けるように努力しましょう。

編集部厳選!転職カテゴリーピックアップ記事

【2018年版】転職エージェントおすすめ人気ランキング!評判を比較

20代におすすめの転職エージェント比較ランキング

目指せ正社員!フリーター・既卒向け転職エージェントおすすめランキング

転職エージェントの特徴と利用するメリット・デメリット

ハローワークの求人で転職がダメなのはなぜ?

2018年版!転職エージェント総合おすすめランキング

当サイトの転職エージェントの総合ランキングです。参考までにどうぞ。

1位:DODA(デューダ)

DODA(デューダ)は転職者の満足度No.1の転職エージェントです。

最大の特徴はキャリアコンサルタントが親身になって対応してくれるところでしょう。実際の利用者の口コミはかなり好評です。

  • 転職者満足度No.1の転職エージェント!
  • 8万件以上の非公開求人とDODA限定求人も豊富
  • キャリアコンサルタント評判は業界でもピカイチ
  • 迷ったらまずは真っ先に登録しておくべきエージェント

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェントは非公開求人数No.1の転職エージェントです。

最大の魅力は非公開求人数が10万件以上と非常に多いこと。大手ならではサポート力でしょう。選択肢を広げるという観点からおすすめです。

  • 転職成功実績No.1の転職エージェント!
  • 年収、条件、入社日程をコンサルタントが交渉代行
  • 土日祝日・平日20時以降も無料で相談可能
  • リクナビNEXTの情報で簡単登録可能

3位:マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職に強い転職エージェントです。

第二新卒向けの大手企業や専門業界への求人が豊富であり、20代でのキャリアップ・キャリアチェンジをしたい貴方は登録すべきサービスです。

  • 20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント!
  • 全国の大手企業や優良企業とのパイプも豊富
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍
  • 特に関東圏の求人が豊富なのが魅力!