ハローワークの求人で転職がダメなのはなぜ?

転職する方法として、有名なのはやはりハローワークです。しかしハローワークはあくまで無職者向けの求人がメインであることはご存知でしょうか?

本気で良い会社に就職したい人は、転職エージェントを利用するのが得策です。今回はハローワークを利用しない方が良い理由を分かりやすく紹介します。

編集部厳選!2018年転職エージェント総合ランキング
1位:DODA 親身なサポートが魅力!満足度No.1
2位:リクルートエージェント 転職実績No.1の転職エージェント
3位:マイナビエージェント 20代・第二新卒の転職にかなり強い

ハローワークはあくまで無職者向けの求人を紹介する場所

そもそもハローワークとは、「公共職業安定所」という正式名称があります。無職者向けに求人紹介や就職支援を行っている機関です。

国が管理しているため転職を望む人であれば、誰でも利用できます。

意外と知られていませんが求人紹介だけではなく、職業訓練の斡旋や助成金の支給を行っています。公共機関なので、利用料金は無料です。

余分な費用をかけずに利用できることがメリットとなります。転職サイトには掲載されていない地元企業の求人広告も多く、自宅から通える企業を見つけやすいです。

このようにハローワークはいくつかのメリットはありますが、あくまでも「無職者向けの求人紹介所」であることを忘れないでください。

一般的にハローワークに掲載されている求人広告は、「質が低い」と言われている点に注意が必要です。

ハローワークの求人の質が低い4つの理由

ハローワークの求人の質が低い、またはブラック企業が多い理由は主に4つあります。

事前に4つのポイントを確認してからハローワークを利用すれば、トラブルに巻き込まれる危険性が低いです。

転職に失敗しないためには正しい知識を理解してから、ハローワークを利用する必要があります。「自分の身は自分で守る」、これがハローワークを利用する時に重要なテクニックです。

1.求人の掲載料がかからない

1つ目の理由として求人の掲載料がかからないことが挙げられます。公共機関なので企業側は広告費を支払う必要がありません。

そのため雇う気はないが一応求人広告を出しておく、費用をかけずに採用したいからハローワークで求人を出すといった企業が非常に多いです。

本当に良い人材を確保したい企業は費用をかけてでも転職サイトに求人広告を掲載して、スキルのある人を探そうとします。

これは企業だけではなく、ハローワークの利用者も同様です。

良い企業に就職したい人は転職サイトや転職エージェントを利用しますが、転職サイトで上手くいかない人は採用率の高いハローワークを利用します。

つまり、質よりも転職できることを重視している企業と人が利用するのがハローワークです。そのため質が低いのは当然と言えるかもしれません。

2.求人に年齢制限がない

2つ目の理由は求人に年齢制限がないからです。

例えば体力を必要とする職種で企業側は20~30代を求めているものの、応募者を増やすために応募資格を20~50代に設定していたとしましょう。

この求人を見て50代の人が応募した場合、実際の仕事は20~30代向けなので適性不一致が起こるかもしれません。

年齢制限を設けている方がデメリットに感じるかもしれませんが、実は非常に大切なことです。

企業側の求めている人材が明確なので、応募するか検討する判断材料になります。年齢制限が設けられていないと、どのような仕事か分かりにくいために質の低い理由として挙げられます。

3.誰でも出来るような仕事が多い

3つ目の理由は誰でもできるような仕事が多いことです。先程述べたように年齢制限を設けていないと適性不一致が起きやすいため、未経験でもできるような職種が多く見られます。

考え方を変えれば無職者でも働きやすい仕事が多いので、メリットにも成り得ます。

しかし、一般的にスキルを必要としない職種は賃金が低い傾向にあります。つまり、誰でも出来る仕事は高額な賃金を期待しにくいということです。実際にどのような仕事か確認してから応募する必要があります。

4.求人票の内容と実情の差が激しい

4つ目の理由は求人票の内容と現場の仕事内容が全く違うケースが多いことです。ハローワークは職業を紹介する機関なので、求人広告の真偽を厳密に確かめているわけではありません。

あくまでも求人広告の内容を確認するのは、利用者に委ねられています。そのため実際は、求人広告よりも賃金が安い、残業が多いといった現状があります。

転職後に問題が発生してもハローワークは対処してくれないことが多いので、転職前にブラック企業へ注意を払うことが重要です。

ハローワークにもごく少数だがホワイト企業も存在する

しかし、ハローワークには少数ですが、真剣に良い人材を探しているホワイト企業も存在するのは事実です。

ブラック企業とホワイト企業を見極めることができれば、非常に良い職場を見つけることができるかもしれません。

単純に人材は足りていないが中小企業であるために資金がなく、ハローワークに求人広告を出している企業も多いです。

そういう企業は頻繁にハローワークを利用しているため、無職者に対しての理解度が高い可能性があります。小規模の企業はアットホームな一面もあるので、決して諦めないでください。

ハローワークでブラック企業を避けてホワイト企業を探すコツ

ホワイト企業を見つけるコツは新規事業を展開しているか確認することです。新規事業を展開している企業は資金が増え、成功していることを意味します。

事業の規模が大きくなったことで人材が不足しているために、ハローワークを利用しているのです。転職が成功すればキャリアアップできる可能性もあるので、積極的に応募してください。

もう1つのポイントは審査基準が厳しい企業を探すことです。

優秀な人材を求めている企業は、それだけ書類審査や面接に時間をかけます。逆にブラック企業は採用する人に対してこだわりがないため、書類だけで採用することもあります。

「書類で落ちた」と落ち込むのではなく、その企業が再び求人広告が掲載された時は挑戦するのが得策です。あなたの熱意が伝われば、審査に通る可能性は十分にあります。

落ちたという結果だけを受け止めず、今後の転職活動に生かすことが大切です。

ハローワークインターネットサービスも活用しよう!

就職や転職で仕事を探したいと思う人がアクションを起こすとき、まず最初に足を運ぶのはハローワークではないでしょうか。

ハローワークに行けば専用端末で求人票を閲覧できたり、分からないことがあればその場で職員に質問や相談をすることもできます。でも、ハローワークに出向いたからといって必ず希望の求人が見つかるとは限りません。

何回も通うのであれば、時間と交通費もかかってしまいます。とりあえず、今の自分が希望する分野の求人事情が知りたいのであれば、ハローワークインターネットサービスを活用しましょう。

こちらの求人情報検索では、ハローワークに求人情報を出している企業の情報を閲覧することができます。全国から何千何万の数の求人情報が集まっているので、自宅に居ながらにして希望の条件をピンポイントに絞り込むことが可能です。

早く仕事を見つけたくても、頻繁にハローワークに行くには交通費の負担が大きいという方には、とても利用価値の高いサービスと言えます。

また、ハローワークインターネットサービス内には、求人情報だけではなく、雇用保険や求職申請、就職に関する幅広い情報が掲載されていますので、困ったときには「よくあるご質問」をチェックしてみると良いでしょう。

ハローワークと転職サイト・転職エージェントの違いを比較

転職活動をするときに多くの方が気になっている疑問の一つが、ハローワークと転職サイト・転職エージェントの違いではないでしょうか。

どちらも希望する仕事を探すために必要な情報を提供してくれることに変わりはありませんが、その違いについてはっきり区別できていない方もいると思います。

  ハローワーク 転職サイト 転職エージェント
求人数 かなり多い かなり多い 多い
地方求人 一番充実している それなりに充実している 地方だと少し求人が少なめ
求人の質 当たり外れが激しい 当たり外れが激しい 優良な求人が多め
転職の自由度 自分で自由に選べるが応募に制限がある 自分で自由にいつでもどこでも何社でも応募できる 転職エージェントからの紹介制なので選ぶという制限はある
サポート サポートはあまりない サポートはあまりない 応募書類、面接サポートなど充実
おすすめ度 ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★★

ちなみに簡単にハローワークと転職サイト、転職エージェント比較するとこんな感じになります。

イチオシなのは、求人の質とサポート力が魅力の転職エージェントです。

ちなみにもっと詳しい比較を知りたい方は、以下の詳細解説をご覧ください。

ハローワークのメリットとデメリットについて

 

ハローワークのメリット

  • この中ではもっとも地方求人が多い
  • 中小企業の求人も多い
  • 高年齢でも働ける仕事が多い

ハローワークの一番のメリットは、地方の求人数が多いことにあります。全国規模でサービスを提供している転職サイト・転職エージェントでも、ハローワークに比べるとその差は歴然です。

地方の中小企業には、民間の転職サービスを利用して人材を募るという習慣が薄いこともあり、ハローワークには地域に密着した求人が多く集まっています。

例えば、子どもの保育園の送り迎えがあるので自宅から近いエリアで働きたいといった場合でも、ハローワークなら職員に相談しながらエリアを限定した仕事探しができます。

また、都市部の大企業で働いていた経験のある方なら、そのキャリアを活かせる中小企業の転職先が見つけやすくなっています。

警備員や清掃員、コンビニ店員などの年齢を問わず働きやすい求人が多いのも、地方の求人に強いハローワークならではのメリットです。

ハローワークのデメリット

  • 求人の質がバラつきがありブラック企業が多い
  • 求人票の内容との落差が激しい
  • ハローワークにいかないと求人に応募できない

ハローワークの求人は、求人数は多いですが、その質に関しては低いものも多く含まれているというデメリットがあります。

事業主は無料で求人を出せるので、採用の予定がないにも関わらず求人を出していたり、実際に働き始めてから求人票に書かれていた条件を大きく変更したりと、いわゆるブラック企業からの求人に応募してしまうケースが後を絶ちません。

真剣に良い人材を募集している企業もありますが、求人情報だけでブラック企業かどうかを見極めるには限界があるのが現状です。

また、ハローワークの求人に応募するためには、求職申込みと紹介状が必要になります。紹介状はハローワークの窓口でなければ、発行してもらえないため、遠方の方にとっては大きなデメリットとなる場合もあります。

転職サイトのメリットとデメリットについて

 

転職サイトのメリット

  • 求人数という観点では一番多い
  • 自分の好きな求人を選ぶことが出来る
  • 自分主体で転職活動が出来る

転職サイトは求人の数がとにかく多いというメリットがあります。求人が多いと希望の条件をピンポイントで絞り込んでもヒットする求人が増えるので、譲れない条件がある場合には効率の良い仕事探しが可能です。

また、転職サイトは、今すぐに転職したい訳ではないけれど、希望する業界に今どんな求人があるのか、どんなスキルがあれば転職に有利なのかなど、情報集めにも活用することもできます。

仕事をしながらの転職活動には時間的に大きな制約がありますが、自分の好きなときに閲覧し、自分のタイミングで行動を起こせるのは、転職サイトならではの魅力と言えるでしょう。

会員登録の際に希望する条件を登録しておけば、メールで求人情報を受け取れる便利なサイトもあります。

転職サイトのデメリット

  • 地方求人はやや少なめ
  • 自分で応募しなくてはいけないため管理が大変

転職サイトは求人の数がとにかく多いというメリットがあります。求人が多いと希望の条件をピンポイントで絞り込んでもヒットする求人が増えるので、譲れない条件がある場合には効率の良い仕事探しが可能です。

また、転職サイトは、今すぐに転職したい訳ではないけれど、希望する業界に今どんな求人があるのか、どんなスキルがあれば転職に有利なのかなど、情報集めにも活用することもできます。

仕事をしながらの転職活動には時間的に大きな制約がありますが、自分の好きなときに閲覧し、自分のタイミングで行動を起こせるのは、転職サイトならではの魅力と言えるでしょう。会員登録の際に希望する条件を登録しておけば、メールで求人情報を受け取れる便利なサイトもあります。

転職エージェントのメリットとデメリットについて

 

転職エージェントのメリット

  • 求人の質は圧倒的に高い
  • 転職エージェントからサポートが受けられる
  • 非公開求人に応募できる
  • 年収アップやキャリアアップの実現できる

何よりも求人の質を優先して効率良く転職先を探したい、そんな方が大きなメリットを得られるのが転職エージェントです。

いくら求人数が多くても、希望する条件に合致する求人が見つからなければ意味がありません。その点、転職エージェントは圧倒的な質の高さを誇ります。

手厚いサポートが受けられるのも、嬉しいポイントです。一人ひとりにコンサルタントが付いて、これまでの経歴や活かしたいスキル、これからのキャリア形成までを細かくヒアリングした上で、マッチする求人を紹介してもらえます。

そのため、年収アップやキャリアアップといった希望も伝えやすく、実現しやすいと言えるでしょう。また、登録すると一般には公開されていない転職エージェントならではの質の高い非公開求人への応募も可能となります。

転職エージェントのデメリット

  • 無職者や高年齢の人の求人が少ない
  • 転職エージェントのとの相性がある
  • サポート期間に限りがある

転職エージェントのデメリットは、無職や年齢が高めの方に向けた求人が少ない点にあります。

転職エージェントでは、クライアントである企業で必要とする能力のある人材を求めているため、キャリアや能力が不足していると登録すらできないことも少なくありません。

また、企業側としては長く働いてくれる人材を優遇する傾向にあるので、年齢制限がかかる場合もあります。他にも、転職エージェントは得意分野には非常に強いという長所がありますが、それ以外の情報には乏しいことも多いです。

相性が良くないと感じたときには、早めに見切りをつけましょう。時には、別の転職エージェントに乗り換えるという思い切った判断をすることも大事です。

加えて、大手の転職エージェントでは、サポート期限が3か月間と設けられているケースが多いです。積極的に転職活動を行っていれば、サポートが自動で更新もしくは希望して延長される場合がほとんどなので心配はいりません。

ただし、期限がある以上、求職者はエージェント側のスケジュールに沿った形での転職活動となることは、覚えておきたいところです。

年収アップやキャリアアップを成功させるなら転職エージェント

年収アップやキャリアアップを本気で目指す人は、転職エージェントを利用した方が良いです。

ハローワークでブラック企業に引っ掛かるリスクを回避する、非常に簡単な方法と言えるでしょう。

転職エージェントは転職活動から入社後の待遇を相談するまで、トータルサポートしてくれるサービスです。自分の力だけで求人広告を探して応募する転職サイトと違う点は、転職活動の進め方や面接対策をスタッフが教えてくれる所にあります。

スタッフと一緒に転職活動を行うので、「なかなか転職できない」という人に最適です。

まずは自分のキャリアやスキルをスタッフに伝えて、あなたに合った求人を紹介して貰います。掲載するために費用がかかるため、ブラック企業が少ないです。

さらに、就職した後の待遇や年収はスタッフが企業と相談してくれます。自分で行うよりもスムーズに話し合いが進むケースが多いため、メリットが豊富です。

ホワイト企業が多いので転職が成功すれば、年収アップ・キャリアアップも十分期待できます。

つまり、本気で転職したい人が利用する転職エージェントには、良い人材を確保したい良質な企業が求人を掲載しているということです。

このコンテンツのまとめ

ハローワークと転職サイト、転職エージェントは求人を紹介するという点は同じですが、その他のサービスで大きな違いがあります。

転職エージェントなら就職後までトータルサポートして貰えるので、転職できる可能性が高いです。

年収アップやキャリアアップできる確率も高いため、利用するメリットが豊富に存在します。一方のハローワークは掲載料が無料で、実際の現場と違う情報を記載しているケースも少なくありません。

良い企業へ本気で転職したい人は是非、転職エージェントを利用してください。

編集部厳選!転職カテゴリーピックアップ記事

【2018年版】転職エージェントおすすめ人気ランキング!評判を比較

20代におすすめの転職エージェント比較ランキング

目指せ正社員!フリーター・既卒向け転職エージェントおすすめランキング

転職エージェントの特徴と利用するメリット・デメリット

ハローワークの求人で転職がダメなのはなぜ?

2018年版!転職エージェント総合おすすめランキング

当サイトの転職エージェントの総合ランキングです。参考までにどうぞ。

1位:DODA(デューダ)

DODA(デューダ)は転職者の満足度No.1の転職エージェントです。

最大の特徴はキャリアコンサルタントが親身になって対応してくれるところでしょう。実際の利用者の口コミはかなり好評です。

  • 転職者満足度No.1の転職エージェント!
  • 8万件以上の非公開求人とDODA限定求人も豊富
  • キャリアコンサルタント評判は業界でもピカイチ
  • 迷ったらまずは真っ先に登録しておくべきエージェント

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェントは非公開求人数No.1の転職エージェントです。

最大の魅力は非公開求人数が10万件以上と非常に多いこと。大手ならではサポート力でしょう。選択肢を広げるという観点からおすすめです。

  • 転職成功実績No.1の転職エージェント!
  • 年収、条件、入社日程をコンサルタントが交渉代行
  • 土日祝日・平日20時以降も無料で相談可能
  • リクナビNEXTの情報で簡単登録可能

3位:マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職に強い転職エージェントです。

第二新卒向けの大手企業や専門業界への求人が豊富であり、20代でのキャリアップ・キャリアチェンジをしたい貴方は登録すべきサービスです。

  • 20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント!
  • 全国の大手企業や優良企業とのパイプも豊富
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍
  • 特に関東圏の求人が豊富なのが魅力!