初心者でも安心!職務経歴書の書き方まとめ

就職活動において書類を提出する時、履歴書と職務経歴書を用意する必要があります。

アルバイトの採用面接では職務経歴書まで求める企業が少ないため、就職活動で初めて職務経歴書を書く人もいるでしょう。

職務経歴書は主に3種類のフォーマットがあり、採用されやすい書き方というものがあります。今回は初心者でも職務経歴書を失敗せずに書く方法を紹介します。

編集部厳選!2018年転職エージェント総合ランキング
1位:マイナビエージェント 20代・第二新卒の転職にかなり強い
2位:DODA 親身なサポートが魅力!満足度No.1
3位:リクルートエージェント 転職実績No.1の転職エージェント

職務経歴書を書く前にまずは自己分析をしよう!

職務経歴書は自分の能力や、これまでどのような職場で働いてきたか採用担当者へアピールする書類です。

履歴書は基本情報や志望動機など、就職に関するさまざまな情報を記載します。職務経歴書はその名の通り、職務に特化した書類なので仕事に生かせる能力をより一層アピールすることができます。

まず最初に行うべきことは、自己分析をすることです。これは職務経歴書だけではなく、履歴書でも必要な作業と言えるでしょう。

一般的に職務経歴書は企業に就職した経験を記載しますが、学生であれば少しでもアピールできるようにアルバイトの経歴を書いても構いません。アルバイトを含む職歴、自分の能力、アルバイトや就職によって何を学んだかなどを分析すると職務経歴書に生かすことができます。

職務経歴書のフォーマットは大きく分けると3種類

職務経歴書のフォーマットは主に、編年体式・逆編年体式・キャリア式の3種類があります。

自分の職歴や志望している企業によってフォーマットの向き不向きがあるため、3種類の中からどれを選ぶかということも非常に重要です。

1.編年体式の職務経歴書について

1つ目の『編年体式』は過去から現在という時系列を主軸にして、企業名・部門・業務内容を詳しく記載するフォーマットです。

履歴書の職歴と照らし合わせながら読むことができるため、採用担当者にとって非常に便利な書き方と言えるでしょう。1番最初に最も古い職歴を記載するので、どれくらい前から働いていたかアピールできます。

社会人経験が浅い人でも、アルバイト経験の豊富さをアピールできるメリットがあります。また、転職回数が多い人は分かりやすく書くことが大切なので、編年体式が最適です。最も一般的なフォーマットなので迷った場合は、編年体式で書いてください。

2.逆編年体式の職務経歴書について

2つ目の『逆編年体式』は編年体式と逆で、現在から過去の時系列で書いていきます。

多くの企業は過去よりも現在の職歴を知りたがるため、社会人経験が豊富な人に向いています。直近に志望先と同じ業種で働いていた経験があるなら、逆編年体式が最適です。

アピールしたい職歴が現在と過去のどちらにあるか自己分析してから、編年体式と逆編年体式を見極める必要があります。

3.キャリア式の職務経歴書について

3つ目の『キャリア式』は業務内容を見出しにして書く方法です。

「接客に関わる経歴」「営業に関わる経歴」というように見出しを記載するため、自分の能力を強くアピールできます。時系列は無視して良いので、志望先に合わせてアピールしたい経歴から順番に記載できることが魅力です。

最も自由度の高いフォーマットと言えるでしょう。編年体式や逆編年体式では自分の能力を十分にアピールできないと感じた時に活用できます。

職務経歴書作成で押さえておきたい3つのルール

どのようなフォーマットで書く場合も、押さえておきたい3つのポイントがあります。職務経歴書を書く上で基礎的な知識となるため、必ず事前に確認してください。

1.職務経歴書は手書きではなくPCで作成

履歴書は手書きで書くのが一般的ですが、職務経歴書はPCを使って作成するのが1つ目のポイントです。

分かりやすく自分の職歴を伝えることが目的なので、採用担当者が読みやすい書類を作る必要があります。サイズはA4で、2~3枚にまとめてください。社会人経験が浅くて余ってしまうなら、最初に職歴の要約を記載してアピールすれば一石二鳥です。

2.内容は必ず応募企業に応じてカスタマイズ

2つ目のポイントは内容を志望先に合わせてカスタマイズすることです。例えば同じ接客業の職歴を記載する時でも、「お客様から笑顔が良いと言われた」「お客様の行動をよく見て言われる前に行動した」というようにアピールポイントによって印象は大きく異なります。

前者は能力よりも人柄を重視する企業や受付職に向いています。臨機応変な対応が求められる企業なら後者が最適です。このように志望先によって少し言い方を変えることがテクニックとなります。

3.第一印象は最重要!明確でわかりやすさを重視

職務経歴書は第一印象が非常に重要なので、明確で分かりやすい書き方をすることが3つ目のポイントとして挙げられます。

記号・改行・余白を上手く使えば、読みやすい職務経歴書と成り得ます。難しい場合は枠を設けて表にする方法もアリです。特に冒頭から読み始めるケースが多いため、職務経歴書の1枚目にこだわる必要があります。

職務経歴書のサンプル・見本・例文が豊富なサイト3選

職務経歴書を書く際、サンプルが豊富なサイトを活用すると非常に便利です。サンプルを見ながら自分の言葉に書き換えれば良いので、初心者でも問題ありません。

サイトによってはテンプレートをダウンロードできるケースも多く見られます。ダウンロードすれば自分でフォーマットを作らずに済むため、短時間で職務経歴書を完成させることも可能です。参考になるおすすめサイトは3種類あります。

1.DODA

1つ目は転職活動をサポートしてくれる『DODA』です。DODAは職種や業種別に職務経歴書のサンプルが用意されているので、志望先に合わせてカスタマイズすることができます。

職種別に分かりやすくポイントを教えてくれるため、スムーズに書くことが可能です。Word形式でサンプルをダウンロードできるサービスも展開されています。

書き方が分からない、または必ず志望先に就職したいと考えている人に向いている優れたサイトです。

参考リンク:職務経歴書 職種別 ダウンロード | 職務経歴書 |転職ならDODA(デューダ)

2.パソナキャリア

2つ目のサンプルが豊富なサイトは『パソナキャリア』です。一般的な職務経歴書の書き方や種類を説明しているので、「まずは職務経歴書に関する知識を理解したい」と考えている人に向いています。

文章と表を組み合わせた書き方が推奨されているため、表を中心にした職務経歴書を書くことができます。勿論、職種別のサンプルをダウンロードすることも可能です。

また、採用されやすい職務経歴書の書き方を教えてくれる『無料転職サポート』を実施しています。必要事項を入力して申し込めばプロの目線から正しい書き方を教えて貰うことができます。

参考リンク:職務経歴書の書き方・サンプルダウンロード | パソナキャリアの転職マニュアル

3.リクルートエージェント

3つ目は就職や転職をサポートする企業として非常に有名な『リクルートエージェント』です。職種別にバリエーション豊富なサンプルが揃っているため、使い勝手が良いサイトと言えるでしょう。

例えばコンサルタントには経営コンサルタントとITコンサルタントの2種類があり、より自分の志望先に合わせやすくなっています。

さらに、『レジュメnavi』というサービスを実施していることが魅力です。氏名や職歴など画面の指示に従って入力するだけで、勝手に職務経歴書を作成してくれます。

例文が用意されているので、例文を見ながらカスタマイズできます。作成した職務経歴書はダウンロードできるため、自分で作成するよりも簡単です。

参考リンク:職務経歴書のサンプル|転職のリクルートエージェント「つぎの私は、プロとはじめる。」

最後に職務経歴書は転職エージェントに添削して貰おう

自分で職務経歴書を作成した後はパソナキャリアで実施されているサービスのように、転職エージェントに添削して貰うのが得策です。

客観的にあなたの職務経歴書を評価してくれるので、ブラッシュアップできます。さらにアピール力の強い職務経歴書を作成できるため、多くの人が利用しています。

職務経歴書の書き方でよくある質問集

質問①:職務経歴書における志望動機の書き方はどうすべき?

職務経歴書は、転職する際に自分が今までどのような仕事で活動してきたのかを知ってもらうためには欠かせない書類となります。

まず志望動機ですが、採用するかしないかを決定する上で重要な項目なので明確に記入しておきたいところです。採用担当者は、企業のニーズにマッチした優秀な人材を採りたいと考えているので、なぜその会社を選んだのかという疑問に答える必要があるのです。

通常、履歴書も一緒に送りますが、これは人事の保管として使用されていることもあり職務経歴書が採用の判断材料になっている可能性が高いと言えます。

また、転職コンサルタントを利用する場合では転職希望者一人ひとりに対してじっくりと時間をかけることが難しく、職務経歴書を参考にして推薦文を書くことが一般的です。

職務経験が豊富でも憧れや自身のキャリア向上などの理由だけではインパクトが弱く伝わりにくい可能性があります。

そのため、応募企業に特化した内容や人材にあわせて、独自性のある自分の強みや実現可能な将来ビジョンを踏まえてどれだけ貢献できるかをアピールすることも大切となります。

「職務経歴の強み」と「企業への思い」という2つの観点を盛り込むことが重要となるのです。

質問②:職務経歴書の特記事項には何を書くべき?

“特記事項は一般的に、用意されている欄では書き切れないことを記入します。例えば、アピールポイントや配属の希望、どうしても知っておいて欲しい事項など伝え切れていないものに関して補足するものです。

例えば、自己PR欄でボランティアについて書いた場合、どれだけの期間でどんなことを考えながら行ってきたかを記入することで熱意が伝わりやすくなります。

さらに、資格欄に書いたものや、資格取得に向けて勉強中であれば詳細にアピールすることで、努力家で将来設計がしっかりしているという印象が伝わるでしょう。

また、採用後の配属や勤務地について意思を伝える際にも利用されます。性格や強みを明確にしておくことで、担当者も採用後のイメージがつきやすくなります。

その他、企業への質問など自分にとって知っておきたい情報を書くことで、回答がもらえる場合があります。

限られたスペースの中でいかにアピールするかが重要となりますので、特に書くことがないからといって空欄にしておくことは避けておかなければなりません。興味を持ってもらえる内容であれば目にとまりやすく自分を知ってもらえるチャンスとなるでしょう。

質問③:職務経歴書の自己PRはどうかけばいい?

自己PRには「今まで何をやってきたのか」「これから何ができるか」「どう貢献できるか」を書いておくことが大切になってきます。これまでのキャリアを細かく具体的にピックアップして、自分がどのように貢献し成長できたかを整理しておくと記入しやすくなるでしょう。

その中から企業が求める人材との関係性を見つけ出し、これから企業にどのように貢献できるかということを書くことがポイントです。

また、長所や短所を書き出して自分の個性を改めて見つめ直すことも大切です。普段の人付き合いや旅行などで、いつもリーダー的役割をやっていたり幹事を任されていたりといったことがあればアピールポイントとなるかもしれません。

ただし、だらだらと長文で書いてしまうと読むのに疲れてしまう可能性があるため、改行したり文章を短くしたりするなど、読みやすく理解しやすい仕上がりにすることが重要です。

短すぎるよりも長い方がいいと思う方もいるかもしれませんが、簡潔に伝える能力がないと感じられてしまう場合や、さらっと流されてしまうことも考えられ印象に残りにくいのです。

企業からの指定がなければ、250~350文字程度が読みやすい文字数とされていますので、長くても400文字程度に抑えることが望ましいでしょう。

質問④:職務経歴書のテンプレ・フォーマットをダウンロード出来るサイトはある?

職務経歴書のテンプレート・フォーマットや見本をダウンロードできるサイトがいくつかあります。これらを活用することで、自分の強みを活かした職務経歴書を完成することが可能となります。

自分でこつこつ調べるのも良いですが、サイトを利用することで効率よく学ぶことができ、時間短縮にも繋がります。

ここでは、以下の3つのサイトについて紹介します。

  1. マイナビ転職
  2. E-CURE(イーキュア)
  3. マイナビジョブ20’s

作成した職務経歴書を専門家に添削してもらえるサービスを提供しているところもあり、作成のコツやアドバイスをもらえる機会として活用してみても良いでしょう。

1.マイナビ転職

“マイナビ転職サイトでは、職務経歴書と履歴書の違いといった基本的なことから、書き方や職種別の例文、テンプレート見本などを見ながら勉強することが可能です。

細かく丁寧に説明されているので理解しやすく、理想の職務経歴書を作成することができるでしょう。

時系列に沿って業務内容をまとめていく「編年体形式」「逆編年体形式」という方法と、職務経験を業務内容やプロジェクト単位でまとめる「キャリア方式」という方法での書き方についても説明してあります。

10数種類の職種別によるフォーマットをダウンロード(Word形式)でき、会員であれば無料で添削してくれるサービスを使ってアドバイスをもらうこともできる便利なサイトです。”

参考リンク:職務経歴書 職種別ダウンロード 【マイナビ転職】職務経歴書の書き方マニュアル完全版

2.E-CURE(イーキュア)

E-CURE(イーキュア)は長野県を中心に転職支援コンサルタントを行っている会社で、希望者と密接に関わりながら転職成功に導くプロフェッショナル集団です。

豊富な求人情報や表に出ていない情報の網羅、書類や面接に関するデータをもとにした不採用対策、自分とマッチする企業の提案などを一貫して行っています。

プロのコンサルタントによる的確な職務経歴書の添削や書き方の指導なども行っているので、支援サービスを使うことで、転職実現に近づくことができるでしょう。

参考リンク:履歴書・職務経歴書の書き方【Word形式を無料ダウンロード】

3.マイナビジョブ20’s

“マイナビジョブ20’sは、第二新卒者や20代のための転職支援サービスです。

20代の転職では30代以降の社会人とは異なり、企業はスキルや経験はもちろんのこと、人柄・やる気といったことも重要視しています。そのため、職務経歴書の書き方もただ良く見せればいいということではありません。

職務経歴書フォーマット・テンプレートはWord形式とPDF形式でダウンロードでき、営業用・非営業用とで種類が分かれ自分に合った内容を選択できる作りになっています。

また、適正診断やセミナー案内など、関連するサービスも充実しているので利用することでより理解が深まることでしょう。

参考リンク:職務経歴書・履歴書ダウンロード|20代・第二新卒向け転職支援サイト|マイナビジョブ20´s

編集部厳選!転職カテゴリーピックアップ記事

【2018年版】転職エージェントおすすめ人気ランキング!評判を比較

転職エージェントの特徴と利用するメリット・デメリット

ハローワークの求人で転職がダメなのはなぜ?求人の質が良くないのは本当か

医師転職サイトおすすめ人気ランキング!評判の良い求人サイトを比較

看護師転職サイトおすすめ人気ランキング!評判の良い求人サイトを比較

2018年版!転職エージェント総合おすすめランキング

当サイトの転職エージェントの総合ランキングです。参考までにどうぞ。

1位:マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職に強い転職エージェントです。

第二新卒向けの大手企業や専門業界への求人が豊富であり、20代でのキャリアップ・キャリアチェンジをしたい貴方は登録すべきサービスです。

  • 20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント!
  • 全国の大手企業や優良企業とのパイプも豊富
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍
  • 特に関東圏の求人が豊富なのが魅力!

2位:DODA(デューダ)

 

DODA(デューダ)は転職者の満足度No.1の転職エージェントです。

最大の特徴はキャリアコンサルタントが親身になって対応してくれるところでしょう。実際の利用者の口コミはかなり好評です。

  • 転職者満足度No.1の転職エージェント!
  • 8万件以上の非公開求人とDODA限定求人も豊富
  • キャリアコンサルタント評判は業界でもピカイチ
  • 迷ったらまずは真っ先に登録しておくべきエージェント

3位:リクルートエージェント

リクルートエージェントは非公開求人数No.1の転職エージェントです。

最大の魅力は非公開求人数が10万件以上と非常に多いこと。大手ならではサポート力でしょう。選択肢を広げるという観点からおすすめです。

  • 転職成功実績No.1の転職エージェント!
  • 年収、条件、入社日程をコンサルタントが交渉代行
  • 土日祝日・平日20時以降も無料で相談可能
  • リクナビNEXTの情報で簡単登録可能

転職記事のまとめ

転職活動の準備 キャリアデザインのやり方 - 自己分析の方法 - 志望動機の考え方 - 企業研究のやり方
転職成功ノウハウ 履歴書の書き方 - 職務経歴書の書き方 - 転職面接のマナー
転職活動の進め方 効率よく転職する方法 - 退職理由の伝え方 - 転職に有利なタイミング - 転職の平均期間
職場の探し方 自分に合う仕事の探し方 - 転職先の探し方 - ブラック企業の見分け方
転職サイトの活用術 ハローワークはダメなのか? - 転職サイトの特徴 - 転職エージェントの特徴 - 転職エージェントの活用術
転職サイトを比較 転職エージェントランキング - 20代向け転職エージェント - 30代向け転職エージェント - 管理職向け転職エージェント - フリーター向け転職サイト - 派遣求人サイトランキング - アルバイト求人ランキング
専門職の転職サイト 看護師転職サイトランキング - 薬剤師転職サイトランキング - 医師転職サイトランキング - IT転職サイトランキング
転職サイトの評判 リクルートエージェント - DODA - マイナビエージェント - パソナキャリア - リクナビNEXT
ケース別転職ノウハウ 23歳の未経験転職 - 26歳の未経験転職 - 31歳の未経験転職 - 33歳の未経験転職 - 36歳の未経験転職 - 給料が安すぎで仕事を辞めたい - 生活保護より給料が少ない