炭酸水洗顔で美肌に!?|気になる効果と炭酸水の作り方

炭酸水で洗顔

炭酸水で洗顔すると美肌になる?

少し前では考えられなかった事ですが、最近はスキンケア方法の一つとして認知度が上がってきていますね。

こちらのページでは、炭酸水洗顔の効果や、デメリットへの言及。

自宅で簡単に作れる炭酸水の作り方から炭酸水洗顔の方法についてもまとめていきます。

その他、炭酸水洗顔に関連するよくある疑問点についても答えていますのでご覧下さい。

こちらの記事を読む事で、

炭酸水洗顔が具体的にどのようなものなのか?

なぜ効果があるのか?』という疑問への答えと

正しい炭酸水洗顔の方法について知ることができるでしょう。

炭酸水洗顔とはいったいどういう事?

洗顔石けん

炭酸水洗顔とはその名前の通り、普段の洗顔時にお湯や水で洗っているのを炭酸水に置き換えた洗顔方法です。

後述しますが、細かく分けると3つの洗顔方法(手順)があります。

>>正しい3つの炭酸水洗顔の方法を先に見る

洗顔石鹸自体は今まで使っていた物で良くて、使用する炭酸水は、市販されている1本80円程度と安価に買える炭酸水を使う事や、自宅で更に安く炭酸水自体を作れる方法もあるので、非常にコスパの高いスキンケアの方法と言えます。

市販されている炭酸水でオススメな物と、炭酸水の作り方については後述していきます。

炭酸水洗顔の気になる効果を紹介!

炭酸水洗顔の気になる効果ですが、具体的に期待できる大きな効果を3つにまとめてみました。

順番にご覧下さい。

毛穴の汚れを取り除く

炭酸ガスが肌を刺激し毛穴を開きます。毛穴が開く事で毛穴につまった皮脂や汚れを取り除きやすくなるのです。

炭酸自体に皮脂や古い角質であるタンパク質を吸着する性質があるので更に汚れを取り除く効果が期待できます。

血行促進作用

炭酸水から出る炭酸ガスには二酸化炭素が含まれています。その二酸化炭素が肌に触れると皮膚の奥の毛細血管まで届きます。

そうすると肌の奥が軽い酸欠状態になるのですが、その際に酸素を取り込もうと毛細血管が拡張され血流を増やそうとするのです。

これが炭酸水による血行を促進させる作用です。

古い角質を落とし肌のターンオーバーを整える

肌のターンオーバーは元々28日間周期で入れ変わっていくのですが、古い角質が剥がれづらくなっていると、このターンオーバーが乱れがちに。

ターンオーバーが乱れると肌荒れや肌のキメが荒くなってしまいます。

炭酸水には肌の新陳代謝を促しターンオーバーを整える効果が期待できます。

古い皮脂や汚れを落とす事と血行の促進作用で、肌のターンオーバーを整えて美肌へと導くのが期待できます。

炭酸水洗顔のデメリットはないの?

炭酸水洗顔のデメリット

炭酸水洗顔には、特に大きなデメリットは存在しません。

ただし、若干ピリピリとした刺激があるので、乾燥肌の方や刺激に弱いアトピー等の敏感肌の方には向いていません

自分が敏感肌かどうかわからない方や、それでも炭酸水洗顔を一度試してみたい方は、

まずは、一般的な炭酸水を水で2倍程度に薄めた物で洗顔を試してみて下さい。

これで肌に合うかどうかの判断がつくでしょう。

特に問題無いようであれば、次の洗顔から水で薄める量を少なくして様子を見ます。

それでも更に問題が無ければ希釈しない炭酸水を使って洗顔をしてみましょう。

炭酸水での洗顔が向いている人

ここでは特に炭酸水での洗顔が向いている人について案内していきます。

具体的に向いている人は以下の3タイプ

  • 脂性肌の方
  • 毛穴の汚れが溜まっている方
  • 角質が厚くなっている方

ともに、皮脂が溜まりやすいタイプといえるでしょう。

このようなタイプの方は黒ニキビ等で悩んでいる方も多いと思います。

ニキビケアにも毛穴の汚れを適切に除去してあげるのは非常に重要な事です。

ニキビが出やすい人は、炭酸水洗顔を一度試してみると良いでしょう。

ただし、赤ニキビ等で現在炎症が起こっている方に関しては刺激が強いのでオススメできません。一度炎症が収まってから炭酸水での洗顔をおこなうようにしましょう。

安く作れる!炭酸水洗顔に使える炭酸水の作り方

重曹

炭酸水洗顔に使う炭酸水ですが市販の物を買う以外に実は、

自宅で簡単に安く!”作ることができます。

用意する物は以下の通り。ドラッグストア等で購入する事ができます。

  • 重曹5g
  • クエン酸5g
  • 水500ml
  • 洗面器等の容器

まず、用意した容器に水500mlを入れます。

次にクエン酸と重曹を指定のグラム数(5gずつ)入れます。比率は同じ量です。

特に入れる順番は関係ありません。

クエン酸と重曹を混ぜ合わせ濁りが無くなったら完成です。

仮に1Lの炭酸水を作りたい場合には上記の量の倍の重曹とクエン酸、水を用意します。

使う水は水道水でもかまいませんし、ミネラルウォーターでも大丈夫です。

簡単ですのでぜひ試してみて下さい。

市販の炭酸水でオススメ3選!

無糖炭酸水ペットボトル

洗顔で使う炭酸水ですが、絶対条件として『無糖炭酸水』を選んでいきましょう。

選ぶコツとしては、

  • 価格を重視
  • 500mlの物が適量でオススメ
  • 肌に合わせて弱炭酸か強炭酸かを選ぶ

これらの事に注目して選んでいきましょう。

洗顔目的で炭酸水の購入を考えている方は100mlあたりの価格が安いからといって1Lのペットボトルを買わない方が良いです。

一度に大量の炭酸水を使う場合はそれでも良いのですが、使い切らないと炭酸がすぐに抜けてしまうので、かえって不経済ですし効果も半減します。

また、顔に使う物なので、なるべく雑菌等の繁殖を抑えたいですね。

その点からも500mlのペットボトルが最適といえるでしょう。

通販でも買える炭酸水洗顔でオススメの炭酸水は下記の3つです。

アサヒ ウィルキンソン タンサン 強炭酸水 500ml

アサヒウィルキンソン炭酸水

パッケージのデザインからよく海外メーカーの物と間違えられるオシャレなパッケージの炭酸水です。

24本セットを通販で買うと1本あたり80円前後で購入できるお得な炭酸水です。

強炭酸で刺激強めです。

サンガリア 伊賀の天然水 炭酸水 500ml

伊賀の天然水

三重県伊賀の天然水で作った炭酸水です。

10~30mg/Lの軟水仕様。1本あたり60円前後と大変安く購入できます。

VOX ヴォックス 強炭酸水 プレーン 500ml

vox

主に九州地方の天然水を使用。

特許技術の『マイクロバブル圧縮充填方』により世界最高レベルの炭酸充填量を実現している強炭酸水です。

正しい炭酸水洗顔3つの方法

炭酸水洗顔の方法としては下記の3つの方法があります。

  1. 泡立てに炭酸水を使い、泡で顔を覆い数分放置
  2. 炭酸水で顔をすすぐ
  3. 炭酸水を洗面器に適量を入れ顔に何回かつける

3つとも行うのも良いですし、内2つ、または1つだけを行うのでも良いです。

ただし、刺激が”ある程度“あるので、最初に炭酸水洗顔を試そうと思った方はまず、1の泡立てに炭酸水を使う方法から始めて様子を見ましょう。

そこで問題が無ければ肌の様子を見ながら2つ目、3つ目と試してみると良いですね。

炭酸水洗顔の疑問点

炭酸水洗顔のよくある注意点や疑問点について答えていきます。

炭酸水洗顔は毎日しても良いの?頻度について紹介

炭酸水洗顔が気にいったという方は毎日でもしたくなると思います。

しかし、“炭酸水洗顔は毎日おこなってはいけません!!

ピーリングと似たような感触があるという感想が多いように、毎日やるには刺激が強すぎるからです。

肌にはバリア機能というのがあります。炭酸水洗顔を毎日おこなってしまうと、このバリア機能が低下し、肌のターンオーバーが逆に悪くなってしまうのです。

ですから、週に2~3回の上限を目安に炭酸水洗顔をしていきましょう。

敏感肌の方は、更に回数を少な目が安心です。

炭酸水は温めた方が良いの?冷やした方が良いの

まず、炭酸の性質として温めると炭酸ガスが抜けてしまう性質があります。

冷えている方が炭酸ガス自体は残りやすいのですが、今度は汚れが落ちにくくなってしまいますね。

そこでオススメの方法としては、温かいぬるま湯で顔を一回ゆすいで毛穴を開かせてから“常温”の炭酸水で泡立て、その後その常温のままの炭酸水でゆすいでいくという方法です。

常温であればそこまで毛穴が閉じたりもしませんし、洗浄力もキープできます。

洗顔後の最後の引き締めには、冷たい炭酸水を使用しても良いですね。

洗顔後に炭酸水パックも効果的

炭酸水洗顔の応用として、炭酸水パックも効果的です。

やり方は簡単です。化粧水のパック用の物を使用するかコットンを用意しましょう。

毛穴や血行不良のくすみが気になる箇所に炭酸水を染み込ませたパックシート、またはコットンをつけて数分放置します。

そうすることで、毛穴の汚れが浮かびあがったり、肌のくすみが明るくなったりするのが期待できます

まとめ

炭酸水洗顔の効果や方法について説明していきました。

手軽にコストもあまりかけないで試せる炭酸水洗顔ですから、1度試してみる価値はあると言えます。

肌が弱い人には注意が必要ですが、炭酸水自体は特に添加物等の使用もなく、ただの二酸化炭素から作られる炭酸ガスが入っているだけなので基本はアレルギー物質等も含んでいません

この事からアレルギーで心配の方にも気軽に試してもらう事ができます。

ただし、アレルギーを含む敏感肌の方の場合には、前述したように、なるべく弱炭酸水(または炭酸を薄めた水)から洗顔に使用していくと良いでしょう。