コーヒー牛乳ガイド|カフェオレとの違いや作り方、オススメ品を紹介

コーヒー牛乳

ただ、漠然と『コーヒー牛乳』といっても甘いコーヒー味のする物?

と認識している方も多いのでないでしょうか。

昔からあなたの身近にあるコーヒー牛乳!

実際にどのような成分なのか?

または作り方等気になる部分も多いかと思います。

こちらのページではコーヒー牛乳についての情報を発信していきます。

カフェオレとの違いや市販でオススメのコーヒー牛乳についても紹介していきますのでご覧下さい。

コーヒー牛乳とは?|まずは定義をおさらい

コーヒーと牛乳

簡単に説明すると牛乳にコーヒーを加えた物が『コーヒー牛乳』です。

多くのコーヒー牛乳は砂糖等で味付けをしていますので、一般的に子供でも飲めるくらいに甘い仕上がりになっていますね。

コーヒー牛乳とは具体的に、コーヒーと牛乳でどのような割合を指すのか?

実はコーヒー牛乳と呼ばれるのに明確な定義はありませんでした。

しかし2000年に起きた雪印の食中毒事件以後の公正競争規約により、”牛乳”という表記が『生乳100%』のものしか出来なくなってしまいました。

この為、現在ではコーヒー牛乳という名称は使えなくなり、正確には『コーヒー入り乳飲料』となりました。

現在でもコーヒー牛乳と呼ばれているのは昔の名残ですので、将来的にはそのような呼ばれ方が消滅するかもしれません。

こちらのページでは、親しまれている呼び方の”コーヒー牛乳”で説明を続けていきます。

コーヒー牛乳とカフェオレ、カフェラテの違い

カフェラテ

牛乳にコーヒーを加えた物がコーヒー牛乳で、

コーヒーに牛乳を加えた物がカフェオレになります。

前述したようにコーヒー牛乳には定義はありませんが、

カフェオレに関しては、コーヒーと牛乳の割合を一般的に1:1にした物が一般的

ただし、こちらもカフェオレの製品によって様々なので確実な物ではありません。

基本的には、両者共に主役が違うだけなので似たような物と捉えても間違ってはいません。

コーヒー牛乳の作り方レシピ|黄金比はある?

コーヒー牛乳の場合は特にレシピのように決まった物はないです。

ミルクを多めにしたりコーヒーを多めにしたり、砂糖をお好みで入れたりと自由度が高いです。

コーヒー牛乳の美味しさは基本的に”甘さ”にあります。

好みにもよりますが、コーヒーの質よりも甘さが重要です。

砂糖の代わりに水飴やハチミツを使い、少し違った風味にするのも美味しく出来上がります。ぜひ試してみて下さい。

牛乳が苦手な方は、豆乳とコーヒーを混ぜて飲む方もいらっしゃいますね。

コーヒー牛乳の成分

コーヒー牛乳の成分を見ていきます。

まずコーヒー牛乳で代表的なのがこちらです。

>>雪印コーヒー

雪印コーヒー

200ml(約コップ1杯)の栄養成分

エネルギー

93kcal

たんぱく質

2.3g

脂質

1.7g

炭水化物

17.1g

ナトリウム

94mg

カルシウム

94mg

<参考:雪印メグミルク調べ

美味しいオススメのコーヒー牛乳

市販されているオススメコーヒー牛乳

メグミルク 雪印コーヒー

雪印コーヒー

前述しましたが、コーヒー牛乳と言えばコレを思いつく方が多いのでないでしょうか。

最もスタンダードでなつかしい味。しばらく飲んでいない方も今でも美味しく飲めるでしょう。

コカ・コーラ ジョージア マックスコーヒー

マックスコーヒー

本格的なコーヒーベースではありますが、ミルクに練乳が入っており、かなり甘い仕上がりになっています。

コーヒー牛乳として甘さ重視、甘いのが好きという方に向いています。

ちょっとすっきりミルクコーヒー

ちょっとすっきりミルクコーヒー

コーヒー牛乳のイメージの中では、甘過ぎず飲みやすいタイプの物です。

宅配してくれる美味しいコーヒー牛乳

雪印コーヒー

宅配雪印コーヒー牛乳

昔ながらの宅配コーヒー牛乳です。瓶タイプの物で定期宅配が可能。

また、契約前に試飲サンプルを頼む事も可能です。

明治コーヒー

宅配明治コーヒー牛乳

こちらも昔ながらの瓶仕様です。

スーパーやコンビニでは手に入らない宅配専用のコーヒー牛乳になっています。

宅配時はチルドでの配達なので品質にも安心。

砂糖無しのコーヒー牛乳をピックアップ

砂糖無しのコーヒー牛乳は非常に珍しくて市販されている物としては、ほぼ無いと言っても良いでしょう。

コーヒー成分が多めのカフェオレまで広げていくといくつか出てきます。

ここでは、カフェオレにしてはミルク成分多めの物に注目していくつかピックアップしてみました。

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド カフェオレ砂糖不使用

エメラルドマウンテンブレンドカフェオレ

コカ・コーラ社から出しているジョージアの砂糖不使用のカフェオレです。

ブレンディスティック カフェオレ 甘さなし

ブレンディカフェオレ

スティックタイプの砂糖が入っていないタイプのカフェオレです。

価格も安く1箱に30本分のスティックが入っていて経済的です。

コーヒー牛乳でお腹を壊した!原因は何?

コーヒーでお腹を壊す、主に腹痛や下痢になってしまう人が多いですが、コーヒー牛乳ではどうなのか?

また、原因は何なのか?

これらの疑問について答えていきます。

注目のポイントとしては、コーヒー牛乳に含まれる”コーヒー”が身体に合わないのか?

または、”牛乳”の方が身体に合わないのか?

おおむねどちらかが原因と考えられます。これら2つの原因をそれぞれ順番に説明していきます。

コーヒーが身体に合わない

コーヒーが身体に合わないというのは、いくつか原因が考えられます。

大まかに分けると

  • アレルギー体質である
  • 飲み過ぎによる副作用

これらの症状としては、湿疹、じんま疹、動悸や胃痛、極端に眠れなくなる等です。

コーヒー自体が身体に合わない場合には、コーヒー牛乳でも当然、身体に合わないので、量を控えるか他の飲料で代用しましょう。

まずは、原因を確かめるのが大事です。

牛乳が身体に合わない

牛乳

牛乳が身体に合わない人は日本人に多いです。

子供の頃は大丈夫だったけど大人になってから牛乳を飲むとお腹をこわす・・・

このような方が多いのでないでしょうか?

実は、牛乳に含まれる『乳糖』を分解する酵素(ラクターゼという)大人の小腸では少なくなっているのです。

体内で乳糖を分解できない状態を『乳糖不耐症』と言いますが、日本人の大人で多くの方がこの乳糖不耐症であると言われています。

乳糖を充分に分解できない事によって、下痢を起こしてしまうというわけです。

また、別の観点から見ていくと、牛乳は3大アレルゲン物質(鶏卵、牛乳、小麦)に含まれているほどアレルギー症状が出る割合の多い食品です。

全食品の内、鶏卵に次いで2番目にアレルギーを発症しやすいのです。

ただし、アレルギー反応が出やすいのは0歳~6歳くらいまでの乳幼児です。

大人になると牛乳への耐性の獲得者が増加し、アレルギー反応が起こる食品の上位にはランクインしなくなるのが一般的です。

とは言え、大人でも牛乳がアレルギーの方もいらっしゃいます。

上記の乳糖不耐症の方やアレルギーを起こす方も含め、コーヒー牛乳は向いてないと言えるでしょう。

どうしてもコーヒー牛乳が飲みたいという方は、

牛乳の部分を豆乳に置き換えて自分で”コーヒー豆乳”を作ってみると良いですね。

豆乳であれば、乳糖も関係ありませんし、牛乳アレルギーも影響しません。

ただし、こちらも大豆アレルギーの方は絶対にNGですので控えて下さいね。

豆乳コーヒー”は市販もされています。

例えばこちらの商品です。

>>キッコーマン カロリー45%オフ豆乳飲料麦芽コーヒー

豆乳麦芽コーヒー

カフェインもカットし飲みやすい仕上がりになっています。

カロリーも100mlあたり29kcalとダイエット中の方にも最適な物に。

コーヒー牛乳のよくある質問|Q&A

ここでは、よくあるコーヒー牛乳についての疑問に答えていきます。

コーヒー牛乳は空腹時に飲んでも大丈夫?

空腹時にコーヒー牛乳を飲むのも大丈夫な方もいますが、胃腸が弱いと自覚のある方は控えた方が良いです。

コーヒー自体は空腹で飲むと胃酸過多になりがちで、お腹をこわしやすくなります。

コーヒー牛乳の場合は、コーヒーの濃度が牛乳で薄まっているので比較的大丈夫ですが、胃酸過多の症状が起こる人もいるのです。

コーヒー牛乳に含まれる牛乳に関しても、乳糖不耐症の方が飲むと特に空腹時にお腹を壊しやすくなります。

これらの事から、体質によるというのが前提ではありますが、なるべく空腹時に飲むのは避けた方が良いでしょう

インスタントコーヒーでもコーヒー牛乳はできる?

インスタントコーヒー

もちろん何の問題もありません。

インスタントコーヒー自体が身体に悪いという都市伝説が過去にありましたが、実際はそんな事はありません。

添加物に関しても多くのインスタントコーヒーは使用していないですし、成分的には一般のコーヒーと何ら変わりがありません。

コーヒー牛乳は運動前後に飲むとしたらどっちがオススメ?

運動

結論から言うとどちらでも大丈夫です。ただし、それぞれメリットに違いが生じます。

まず、運動前にコーヒー牛乳を飲むメリットとしては、コーヒーに含まれるカフェインに脂肪燃焼作用があることです。

ですから、運動の30分前にカフェインを含むコーヒー牛乳を飲む事でダイエット効果を見込めます。

そして、運動後に関してはコーヒー牛乳の中の牛乳には良質なタンパク質が含まれていますので、運動で疲れた身体、筋肉への疲労回復効果があります。

よって、運動前後どちらもオススメ出来ると言えるでしょう。

あえて、コーヒー牛乳に限らず別な視点で見ていくと、運動前は通常のコーヒーを摂取。

運動後はコーヒー牛乳を飲んで疲労回復にあてる!

このようにすることで全体の摂取カロリーを抑えることができると共に、運動前に牛乳成分を含む物の摂取によるお腹をこわすリスクを減らす事もできますね。

まとめ

コーヒー牛乳について説明していきました。

お風呂上がりに飲むコーヒー牛乳は子供の頃からの楽しみ!という方も多いですね。

コーヒーが苦手という方でもコーヒー牛乳なら飲めるという方も多いのでないでしょうか。

ただし、飲み過ぎると糖分やカロリーが多くなりがちな飲料なので充分に注意して摂取するようにしましょう。

お近くのスーパーやコンビニにも置いていますし、宅配でも注文でき、どこにでもすぐに手に入るコーヒー牛乳。

電子レンジのチンでホットなコーヒー牛乳というのも楽しみ方の1つです。

お子様から大人まで幅広い世代に愛されるコーヒー牛乳。

ぜひコーヒー牛乳ライフを楽しんで下さい。