上場したメルカリの福利厚生が神!しかし超ホワイトな裏側は・・・

先日(2018/6/19)に東証マザーズ市場に上場したメルカリ。

株式会社メルカリ(Mercari, Inc.)は、東京都港区に本社を置く日本の企業で、CMなんかでよく見かけるフリマアプリ「メルカリ」のサービスを運営している企業です。

多くの企業が働き方改革で新しい取り組みに奮闘する中、新参者ともいえるメルカリの福利厚生が、かなり充実していることが話題となっていますよ。

自由な勤務体制やセミナー参加費全額負担、産前産後の給与を100%保証など、他社では考えられないような環境です。

メルカリの充実した福利厚生や、超ホワイトな仕事環境の裏側を考えてみます。

メルカリの素晴らしい福利厚生をチェック!

メルカリには驚くほど充実した福利厚生があります。

今まで働いてきた会社と比べると、信じられない充実度なんではないでしょうか?

産休・育休支援

結婚・出産で大きく環境が変化してしまう女性。

メルカリはそんな女性が「安心して出産や育児に専念できる環境」を整えてくれています。

  • 女性:産前10週+産後6ヶ月間100%給与保障
  • 男性:産後8週100%給与保障

女性だけでなく男性にも産後8週(2ヶ月)100%給与が保障されているので、男性も積極的に産前産後のサポートを行えます。

「夫がすぐにサポートできる環境がある」というだけで、妻は安心して出産に挑めますね。

育児や介護休暇なら最大10日間休暇の取得が可能

病気になった子供の看護や家族の介護のために取得する休暇は、1年で「最大10日」まで可能。

小さな子供が風邪をこじらせて入院すると、付き添い入院する保護者が必要になったりするので、とてもありがたい制度です。

なんと妊活をサポート!

不妊治療を行う場合は、治療開始から10年間は所得や年齢の制限なく会社が一部負担してくれます。

  • 保険適用内の治療:本人負担は実質0円
  • 保険適応外の治療:本人負担は実質3割(自治体の助成金+会社補助で7割負担)

不妊治療はとても費用がかかり、精神的だけでなく経済的なダメージも大きいです。

しかし手厚い会社のサポートのおかげで「お金の限界が妊活の限界」にならないなんて、少子化を食い止める素晴らしい制度ですね。

病児保育費・認可外保育費を援助

子供が急病になったときも、病児保育費やベビーシッター代を支援してくれます。

  • 時間制限なしで一時間1500円支給

私の近くの病児保育の利用料金は、市内・市外利用者や認可保育園児なのかどうかで少しばらつきがありますが、だいたい一日利用で2000円~5000円程度。

ベビーシッターとなればもっと保育料がかかります。

時間制限なしで一時間1500円の支給はとても助かりますね。

また認可保育園へ入れなかった場合は、差額の保育料を会社が負担してくれる制度もあります。

保活における不安が一気に楽になりますよ。

全社員の死亡保険加入や病気やケガの際のサポート

病気やケガで仕事ができない期間、経済面のサポートを支援。

またメルカリ社員全員を死亡保険に加入することで、万が一の時の家族のサポートも行っています。

その額は驚きの「数千万円~」だそう。

病気やケガ・万が一の不幸など考えたくないことですが、備えあれば憂いなし。

いざという時も頼りがいがありますね。

各種お祝い金・特別有給休暇なども充実

  • 結婚休暇&お祝い金(5日間と5万円)
  • 出産休暇&お祝い金(3日間と10万円)
  • 弔辞時の休暇&弔辞金(3~7日と5~10万円)

またプライベート活動の支援も行われており、恋愛・婚活マッチングサービスで有名な「pairs~ペアーズ~」の有料プランを、社員なら無料で利用することができます。

各種休暇やお祝い金だけでなく婚活サービスまで無料なんて、時代が変わったなぁ~と感じました。

画像出典:https://careers.mercari.com/

福利厚生だけでなく社内制度も凄い!

実はメルカリは充実した福利厚生のみならず、社内制度もかなり充実しています。

素晴らしい環境が整っていますよ。

自由な勤務体系に希望スペックのPC

画像出典:https://careers.mercari.com/

メルカリではよりクリエイティブな仕事ができるよう、仕事環境への支援も手厚いです。

  • 12時~16時をコアタイムとするフレックスタイムを導入
  • 希望のPCを希望スペックで用意してもらえる
  • 技術書購入全額負担
  • セミナー参加費は全額負担
  • 語学学習などの環境が整っている
  • プロダクト開発者には私用スマホと別環境のスマホを支給
  • 副業を推奨
  • 駅直結オフィス
  • ジュース無料

12時から16時のみがコアタイム(フレックスタイム制の中で全員勤務義務がある時間帯)で、あとはフレックスタイムなら、効率的な仕事をすることで時間の使い方の幅が広がりますね。

希望スペックのPCを準備してもらえたり、技術書の購入全額負担も嬉しい限り。

その他にも素晴らしい仕事環境が目白押しです。

ちょっと待って、こんなにホワイトなの逆に怖くない?

メルカリは福利厚生だけにとどまらず、社内制度も充実した超ホワイトな会社。

まるで夢のような職場と言っても過言ではありません。

しかしこんなに神がかったホワイトぶりを見せつけられると、ついつい疑ってしまうのが人の心理というもの(笑)

この恐ろしいほどのホワイト企業ぶりは、メルカリ代表取締役・小泉氏が手掛けた、最大限に生産性を高める戦略なのではないでしょうか?

  • 希望PCを支給:スペックの低さによる言い訳を阻止
  • 育児・介護への支援:パフォーマンスを落とさず両立させる
  • 副業を推奨:自己の表現の幅を広げる

環境が整っていなければ不平不満は絶対に出てしまいますよね。

しかしメルカリのように徹底して充実した環境があれば、不満を唱える人も激減するでしょう。

その反面、この整い過ぎとも言える仕事環境は裏を返せば

  • 言い訳無用、最高のパフォーマンスで仕事に取り組んでね
  • 成長のない人は必要ないよ

こんなメッセージとも受け取れます。

最高の環境が整えられているぶん、働く側の人間も最高のパフォーマンスで仕事に取り組まなければいけませんね。

メルカリの神がかった福利厚生~まとめ~

  • 東証マザーズ市場に上場したメルカリ
  • 今注目のメルカリは福利厚生が神
  • 産前産後給与100%支給
  • 希望スペックPC支給
  • 副業推奨など・・・
  • 整い過ぎた環境は代表からのメッセージ

メルカリの福利厚生や整い過ぎた仕事環境は、ブラック企業を始め、様々な企業も見習って欲しいですね。

労働者を単なる低賃金で働かせる奴隷のように扱わず、立派な一個人として扱うからこそ、労働者は最高のパフォーマンス、企業は最高の生産性を生み出すことができるのではないでしょうか。

働き方改革うんぬんと騒がれていますが、残業代を還元するアルプス電気PCを強制終了をする役所など、色々な企業を見ていると取り組みかたの違いが目に見えて異なります。

どれが正解か今は分かりませんが、超ホワイトな企業・メルカリ、これからの躍進が期待出来そうな企業ですね。