【2018】上場企業時給ランキング発表!1位は驚きの7385円

国内最大級の社員口コミ情報を提供するリサーチサイト「Vorkers」が、残業時間を含んだ上場企業の時給ランキングを発表しました。

平均年収ではなく、平均時給を調べるって面白いランキングですよね。

ランキング1位に輝いた企業の時給は、なんと驚きの「7385円!」

企業公開情報だけでは知ることが難しい残業代も含まれているので、かなりリアルな数字となっていますよ。

転職活動の時って残業やお給料の話はとても大切なのですが、実際はなかなか細かいことを聞けないですよね。

高給なイメージばかりが先行する上場企業、しかしその実態は・・・?

上場企業時給ランキングと合わせて、大企業の残業時間も覗き見してみましょう。

Vorkersが発表した、上場企業時給ランキング【2018】が気になる!

リサーチサイト「Vorkers」が発表した【2018年度・上場企業時給ランキング】、上位10位までを紹介します。

転職時の参考にしてみてください。

企業名 時給 平均年収 標準労働時間(日) 平均残業時間(月)

1位:GCA株式会社

7385円  2140万円 8時間 81.4時間
2位:株式会社キーエンス 7083円 1862万円 7.75時間 64.0時間
3位:三菱商事株式会社 6752円 1386万円 7.25時間 39.8時間
4位:伊藤忠商事株式会社 6093円 1384万円 7.25時間 44.3時間
5位:三菱地所株式会社 5823円 1191万円 7.50時間 20.4時間
6位:住友商事株式会社 5689円 1255万円 7.25時間 38.9時間
7位:三井物産株式会社 5673円 1214万円 7.25時間 33.3時間
8位:丸紅株式会社 5413円 1221万円 7.25時間 43.0時間
9位:三井不動産株式会社 5293円 1142万円 7.50時間 29.7時間
10位:株式会社電通 5276円 1248万円 7.00時間 57.1時間

出典:Vorkers

TOPはGCA株式会社の7385円

リサーチサイト「Vorkers」が発表した、2018年度・上場企業時給ランキングのTOPに輝いたのは「GCA株式会社」

GCA株式会社は完全独立型のM&Aアドバイザリー企業で、残業代も含む時給は「7385円」でした。

月の平均残業時間は81.4時間と少し多め。

最低賃金から考えると「かなり高い時給だなぁ~」と思いますが、企業の合併や買収に関わる仕事ということもあり、仕事上の精神的プレッシャーや必要知識を考えると、この7385円という時給も納得しちゃいますね。

2位にキーエンス、3位以下も有名企業ばかり

大阪に本社を置く製造販売業、株式会社キーエンスが第2位の7083円。

社員の平均年収が日本一に輝いたこともある、経済紙ではよく見かける上場企業ですね。

関西では割と有名な会社ですが、関東方面だとどうなんでしょうか。

3位以下も有名な大企業が並んでいます。

就活人気企業ランキングでよく見かける、ソニーやトヨタなどの企業がランクインしないのが面白いですね。

注目したいのが「3位以下の残業時間」

1位のGCAは81.4時間、2位のキーエンスは64.0時間と残業時間が少し長め。

家族のいる人なら、子供たちと一緒に夕食を食べるのは少し難しい感じですね。

しかし3位の三菱商事からは平均年収とともに、月の残業平均時間がグッと減少。

そして3位の三菱商事以降、9位の三井不動産まで1月平均残業時間が50時間を超える企業はありません。

年収一千万世帯は、もろもろの税金を引くと手取り年収700万円ほどに。

平均年収が一千万円超えぐらいの企業に転職希望なら、残業時間が少ない企業を選ぶと良いかもしれませんね。

福利厚生や残業時間も細かく聞くのが転職成功のカギ

リサーチサイト「Vorkers」が発表した【2018年度・上場企業時給ランキング】を見ると、どうしても上場企業の高時給ばかりに目が行きがち!

正直お金はいくらあっても困りませんもんね、貰えるならたくさん欲しいです(笑)

しかし高時給に合わせて、月の平均残業時間や企業内容を調べてみると「やっぱりそうだよなぁ~」と思うようなプレッシャーのかかる仕事だったり、残業時間となっています。

転職を考える時はついつい毎月の手取りだけに目が行きますが、毎月の給料に関わってくる福利厚生や残業に置ける決まりごと、企業全体の平均残業時間等を前もってリサーチしておくことで、より理想に近い転職ができるのではないでしょうか。

上場企業の時給ランキング~まとめ~

  • 「Vorkers」が残業時間を含む上場企業時給ランキングを発表
  • 1位は驚きの時給7385円
  • 就活人気ランキング企業名は出てこず
  • 2位~10位も時給5000円以上
  • 上位2企業は残業多め
  • 転職時は様々な角度から企業を見るべし

こういった企業のお金に関するランキングを見ると「手にするお金が多い企業=自分にとって良い企業」と思いがち。

しかし多くお金を貰えるぶん、プレッシャーや労働時間が増加するのは、経営者の目線で見れば当然のことですね。

転職を考える時はお金のことに目が行きがちですが、残業時間や福利厚生などにも注目することで、より良い会社に転職することができるでしょう。